XPERIA 1 (ONE) スペック 予約 デザイン 価格 発売日 まとめ ドコモ

XPERIA 1のスペックに関して紹介したいと思います。もともとXPERIA XZ4として販売される見込みとなっておりましたが、XPERIA 1という名称になりました。

MWC2019では残念ながらCompactモデルおよびPremiumモデルの販売は見送られました

XPERIA 1のスペック

モデル名 XPERIA 1
寸法 167 x 72 x 8.2 mm
重さ 180g
OS Android 9.0
画面サイズ 6.5インチ
画面占有率 未定
解像度 3840×1644 縦横比率21:9
ディスプレイ シネマワイドディスプレイ
プロセッサ Snapdragon 855
RAM 6GB
内蔵ストレージ 128GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1200万画素(超広角)+1200万画素(広角)+1200万画素(望遠)
WiFi 802.11ac
Bluetooth 不明
Payment NFC, MST
カラーバリエーション ホワイト、ブラック、パープル
バッテリー容量 3300mAh
認証センサー 指紋認証(サイド)
その他 IP68防水防塵

XPERIA 1というのは2019年の前半にも発売されるスマホとなっており、ソニーのフラッグシップモデルとなっております。

XPERIAシリーズというのは、日本でのAndroidスマホを牽引してきたスマホとして非常に人気の高いスマホとなっております。

2019年に入りXPERIAシリーズの最新モデルの登場が噂されておりますので、そちらのほうを紹介していきたいと思います。

XPERIA XZ4スペック等のまとめを動画で解説

こちらXPERIA XZ4を動画で解説しているページとなっております。

こちらも同時にご確認いただければと思います。

それではXPERIA XZ4はどのようなスペックになるのか詳細を見ていきましょう。

CPUは?

まずはCPUからです。CPUというのはスマホの頭脳に当たるもので、このCPUが高性能であればあるほど、そのスマホの能力というのは非常に高いと言われております。

今回発表されるXPERIA XZ4の能力というのはどの程度のものなのでしょうか?

今回搭載されるCPUというのはSnapDragon855と呼ばれるCPUが採用される予定になっております。

こちらのCPUというのは、どのようなCPUなのかということですが、このCPUはSnapDragon845の後継モデルとなっており、SnapDragon845というCPUというのは、2018年に発売されたスマホには搭載されているCPUとなっております。

今回こちらのCPUの後継モデルが採用されているということで、非常に期待されております。

7nmという非常に細かいプロセス・ルールで製造されており、iPhoneに搭載されているA12ではすでに7nmというプロセス・ルールですが、それと同じプロセスルールで製造されているのです。

SnapDragon855 スナドラ855 最新のCPU Qualcomm 現行の2世代後モデル Hana v1.0

2019年3月5日

こちらSnapDragon855に関する記事を掲載しているページとなっており、こちらも合わせてご確認ください。

今回SnapDragon855はAI機能がかなり強化されており、非常に期待できると言われております。AIというのはカメラ性能に発揮すると言われております。

このCPUというのはかなり期待できるものになるのではないでしょうか。

またX30というモデムを別途装着することができれば、5Gにも対応するということです。

噂レベルでXPERIA XZ4 Premiumでは5Gに対応するという噂もあり、それはそれで期待できるのではないでしょうか。

5Gに対応するモデルというのは2019年ではまだ非常に少ないと思われます。2019年の9月からドコモではテスト運用を開始する予定ですが、商用運用は2020年となっております。

ドコモ5Gは2020年に 商用開始 テスト運用は2019年9月から開始の予定

2019年6月17日

こちら5Gのテストのことに関して触れてある記事となっております。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

RAM

RAMというのはメインメモリと呼ばれる部分で、容量が大きいとそれだけ複数のアプリの立ち上げが容易だったりします。

今回発売される予定のXPERIA XZ4で搭載されるRAMの容量は6GB、8GBのモデルが発売される予定になっているようです。

2つのモデルのRAMの容量が発売されるといってもグローバルモデルとして発売される見込みとなっており、日本では6GBのものが採用される可能性が非常に高いと思われます。

RAMの容量は大きいに越したことはありませんが、日本では6GBが採用される可能性が非常に高いと思われます。

最新の情報では8GBではなく6GBのモデルのみの発売になると言われており、8GBモデルの販売は見送られる可能性が高いということです。

ROM

ROMはグローバルモデルとして128GBの3つのモデルが登場すると言われております。

グローバルモデルで3つのROMですが、日本では128GBのROMのものが採用される可能性が高いようですね。

よってRAMの容量は6GBでROMは128GBのモデルというものが日本では採用される可能性が非常に高いと思われます。

この容量としてはスタンダードなものになるのではないかと思います。

カメラ性能

カメラは3つ搭載したものを搭載する可能性が非常に高いです。

いわゆるトリプルカメラと呼ばれるものです。トリプルカメラが搭載されるとなるとソニー初となります。

今までソニーはカメラ性能に関しては、シングルしか採用しないということもあり、他社との差別化ができていないなどいろいろ言われておりましたが、今回ついにトリプルカメラを搭載するということで、他社とも差別化ができるのではないでしょうか。

1200万画素のカメラが3つどうさいされる見込みです。

それぞれ超広角、広角、望遠の3つのカメラとなる見込みです。またその中でも望遠レンズに関しては光学ズームが搭載される見込みになっており、さらにありがたいことに手ぶれ補正機能がついているということで、かなり期待している人も多いのではないかと思います。

またトリプルカメラでもToFカメラいわゆるトフカメラが採用される予定となっており、非常に期待できるでしょう。

このToFカメラというのは30万画素しかありませんが、その30万画素のカメラで奥行きを捉えることも可能となっております。奥行きを捉えることができ、暗い場所でもきれいに撮影できるということで、かなり期待されているカメラです。

またメインカメラに関しては5000万画素前後のカメラが搭載される可能性もあります。

まだ噂レベルですが、4800万画素、5200万画素、5800万画素のこの3つのどれかのカメラが搭載される可能性があります。

カメラ性能に関してはかなり期待してもいいのではないでしょうか。

こちらXPERIA XZ2 Premiumですが、カメラ性能が非常にわかりやすい動画が掲載されております。

実質前モデルとなるわけですが、こちらを確認いただければ、どのようなカメラが搭載されるのか予想はできるでしょう。

暗い場所での撮影に関してはかなりいいと思います。iPhoneよりも手ブレが少なく個人的にはかなりいいカメラを搭載するのでは?と思います。

画面は?

まずは画面に関してですが、画面は21:9になると言われております。結構縦長の画面であると思われます。

縦長の画面というのは、現行はそこまで多くはありませんが、最近のスマホはそれなりに縦長にはなってきていると思います。いわゆるナビゲーションバーやホームボタンなどを物理的に配置するのではなく、画面上に配置することにより、画面サイズが大きくなっているわけです。

画面サイズは6.4インチ〜6.5インチ程度になると予想されております。

画面解像度はFHD+という解像度です。

以前まではXPERIAシリーズはずっとフルHDを採用しておりましたが、ここにきて画面の解像度を上げてきました。

解像度が上がることにより、画面のみやすさが飛躍的に向上することは間違いないと思います。

また今回は有機ELを採用する見込みになっております。前回のXPERIA XZ3の時もそうでしたが、液晶はやめて有機ELを継続的に採用する見込みになっております。

有機ELというのは最近各社がかなり力を入れており、おそらく2019年に発売されるスマホでもフラッグシップモデルと言われるものには有機ELが採用される見込みです。

有機ELが採用されるとなると気になるのは画面の焼付きですが、画面の焼付きが起きるほど同じ画面を見ているのであれば、おきることも予想されますが、そこまで同じ画面を継続的に見るということはないと思われますので、そこまでは気にすることはないかもしれませんね。

発売日は?

MWC2019にて発表されると言われており、MWC2019というのは2月の後半となっており、一旦は2月後半に発表されることは間違いないと思います。

しかしながらそれはあくまでグローバルモデルとなっており、グローバルモデルの発売はおそらく3月から4月にかけてでしょう。

基本的にグローバルモデルというものはSIMフリーモデルとして発売される予定になっておりますので、日本で実際に発売されるのは、日本のキャリア、ドコモ、au、ソフトバンクの発表会が開催された後となります。

そのため2019年5月中旬から下旬の発売になる見込みです。

ドコモ、au、ソフトバンク各社からほぼ同じタイミングでの発売になる見込みです。

各キャリアから発売予定で予約購入は事前に行うことが吉




こちらが各社のオンラインショップとなっております。各社オンラインショップから購入することがかなりオススメできるかと思います。

その中でもドコモはXPERIAシリーズの販売はかなり力を入れております。

ドコモでXPERIAを購入することが吉といえるかと思います。

ドコモ オンラインショップ メリット デメリット オススメ 機種変更がお得

2019年6月2日