iPhone13 アイフォーン13 /Pro /mini 予約 方法 在庫 購入 費用 維持費 分割方法は?

iPhone13が発売されると、気になるのは予約方法などが非常に気になると思います。

iPhone13はiPhone11以前のモデルを持っている人からの買い替えがかなりあるものと思われます。

iPhone13の予約に関してお伝えしたいと思いますが、iPhone13の予約は例年どおり行われるのであれば、発売日の前の週に行われる予定です。

 

予約開始日を予想する

iPhone 発表日 発売日 予約開始日 まとめ
過去に発売されたiPhoneの発表日、発売日、予約開始日のまとめとなります。 こちらの情報を元に、今後iPhoneが発売される日付の予想があらかたつくのではないかと思います。 iPhone 発表日 予約開始日...
iPhone 発表日 予約開始日 発売日
iPhone11 2019年9月12日(木) 2019年9月13日21時 2019年9月20日(金)
iPhone11Pro 2019年9月12日(木) 2019年9月13日21時 2019年9月20日(金)
iPhone11ProMAX 2019年9月12日(木) 2019年9月13日21時 2019年9月20日(金)
iPhone12 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年10月16日(金)21時 2020年10月23日(金)
iPhone12mini 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年11月6日(金)22時 2020年11月13日(金)
iPhone12Pro 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年10月16日(金)21時 2020年10月23日(金)
iPhone12ProMAX 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年11月6日(金)22時 2020年11月13日(金)

こちらで予約開始日を予想してもらいたいのですが、iPhone13の予約開始日はいつ頃になるのでしょうか?

まずは予約開始時間ですが、ここ最近21時もしくは22時となっています。

予約開始時間は昔は、16時1分などという中途半端な時間帯でしたが、ここ最近は夜の時間帯となっているので、日中仕事をしている人であったとしても比較的購入しやすい価格帯となっています。

✔予約開始時間は夜間の時間帯に変更
✔21時もしくは22時頃であれば、予約しやすい

ただこの時間帯ということであれば、サーバーがかなり重くなっており、アクセスが集中しているため、かなりの人が購入したくても購入できない可能性があります。

それが1番注意が必要となります。きっちりの時間帯にアクセスしようとしても、アクセスしづらい状況が続くのです。

また気になる部分としては、iPhone12は、発売日が機種により異なります。

iPhone12 /12mini /12 Pro /12ProMAX アイフォン12 割引 キャンペーン スペック ドコモ au ソフトバンク 学割
iPhone12ではなく、2021年も9月に入り、iPhone13?の購入を検討している人も多いのではないかと思います。 一番の狙い目はiPhone13が発売されたことにより、iPhone12が安くならないかなぁ〜と思っている人なので...

iPhone12は4つのモデルが販売されましたが、iPhone12は

このタイミングでは、日本のキャリアすべてがキャンペーンを行うと思われます。

予約をするのであれば、各社オンラインショップがオススメです。

ドコモオンラインショップから予約をする

こちらがドコモオンラインショップとなります。

ドコモオンラインショップからの購入は事務手数料が無料となっていますので、それだけでもメリットがあるかと思います。

✔事務手数料無料で購入可能
ドコモ オンライン ショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNPで利用可能
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? 公式のオンラインショップはこちらです...

auオンラインショップから予約する

2021 au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

au Online Shopから購入する人も結構多いと思います。

au Online Shopは頭金がありません。

送料無料ということもあり、au Online Shopを利用する人はかなり多いです。

ソフトバンクオンラインショップから予約する

ソフトバンクオンラインショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショッ...

ソフトバンクオンラインショップからの予約に関してもかなりメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップの事務手数料が無料となっているので、かなりの人が今購入しています。

事務手数料無料ということだけでもかなりのメリットかと思いますね。

楽天モバイルから予約する

楽天モバイル メリット デメリット お得 契約したほうがいいのか? オススメ ポイントは?
楽天モバイルを聞いたことある人も多いでしょう。CMなどかなりいっぱいやっていますからね。楽天モバイルを利用する上でメリットとデメリットがあります。 それを踏まえて契約したほうが間違いなくメリットがあると思っています。 それで...

こちらに楽天モバイルのメリットに関して触れております。

楽天モバイルもドコモやソフトバンクのオンラインショップと同様に、事務手数料は無料となります。

またiPhone12の時点では各社と比較して、最安値という位置づけとなっているので、かなり安く利用することが可能となります。

MNPがお得 iPhone13の最新情報も



MNPがかなりお得であることを知っていますか?

MNPというのは、電話番号そのままで、他社に乗り換えるということです。

【2021年 9月 10月】 MNP 一括 0円 キャッシュバック 22000円以上安くなる? キャンペーン 人気 機種 安く買えるスマホは?
2021年9月のMNPのキャンペーンで最もお得なものを紹介したいと思います。 2021年9月に入ってもお得な情報が色々あります。 MNPいわゆる番号そのまま乗り換えでお得に契約できれば、本当にいいと思います。スマホの購入はMNP...
こちらに案件が掲載されておりますので、こちらを一度見てもらえればと思います。

また2021年はiPhone13の発売が控えております。

iPhone13 /13mini /13Pro /13ProMAX 予約 2021年 スペック 発売日などはどうなるの?
iPhone13の発表が行われました。 iPhone13は買いなのでしょうか? iPhoneの購入はオンラインショップで行う iPhoneの予約はオンラインショップで行うことが可能です。 ✔予約購入は必須 ...
iPhone13がほしいという人もかなり多いはずです。

iPhoneの購入を検討している人ならオンラインショップで予約受付を行う予定となっています。

【ソフトバンク公式サイト】
【オンライン限定】web割 | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
オンラインでご購入なら、ソフトバンクの対象機種に他社からのりかえで最大21,600円(税込)割引いたします。
21600円割引でiPhoneが買える



こちらは、ドコモオンラインショップとなります。ドコモオンラインショップは事務手数料無料で24時間営業を行っています。

iPhoneも予約をすると、発売日に自宅まで届けてくれますので、ドコモオンラインショップを利用する人は非常に多いことが特徴的です。

価格はどうなる?

iPhone12シリーズ価格
iPhone12シリーズの価格を紹介したいと思います。 各社から販売されているiPhone12ですが、iPhone12の価格というのは、正直なところAndroidのハイスペックモデルと比較するとそこまで高額というわけではないように感じ...

こちらに価格の情報を掲載しておきますが、価格はSIMフリーモデルが1番安価です。

SIMフリーモデルは1番安価ですが、各社から購入するほうが、キャリア側の施策を受けることができることができるので、それだけでメリットがあります。

✔価格はSIMフリーモデルが1番安価
✔キャリアモデルはキャリア独自の施策を受けることが可能

キャリア側の恩恵を受けることができるので、キャリアモデルのほうがメリットは大きいです。

2021年モデルのiPhoneを買うならソフトバンクがおすすめ


最新のiPhoneを買うならソフトバンクをおすすめします。

その中でもソフトバンクオンラインショップから買うと、自宅受け取りで、事務手数料が無料になるというキャンペーンを実施しています。

ソフトバンクオンラインショップは自宅受け取りで事務手数料が無料
ソフトバンクオンラインショップは送料無料で自宅に届く
ソフトバンクオンラインショップは発売日に自宅に届く(発売日に発送されない)
ソフトバンクオンラインショップなら予約も簡単

2021年に発売されるiPhoneの予約開始日は9月17日の予定です。9月14日(日本時間は9月15日午前2時〜)となり、そろそろ準備しておきたいところです。

最新機能が盛りだくさんのため、購入する人も相当多いはずです。ソフトバンクオンラインショップから予約をしてぜひGETしてみてください。
トクするサポート+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
最新スマートフォンの機種代金が、超おトクになるプログラムです。

こちらのトクするサポート+を利用すれば半額で利用可能です。

iPhone13に搭載されるCPU


iPhone13に搭載されるCPUというのはA15と呼ばれるCPUになるでしょう。A15はiPhone11から見ると1.7倍程度の能力アップになる見込みです。
iPhone12からX55モデムと呼ばれる5Gモデムが搭載されるようになります。Snapdragonと呼ばれるAndroid系に搭載されているCPUでは5Gがモジュール化されております。そのためコンパクト化などがされているかと思います。
iPhone13で採用されるA15CPUくらいになると、やはりモジュール化されるのでしょうか。そしてコンパクト化され、さらに薄型になる可能性もあります。
iPhoneのCPUは年々向上しているということを知っている人は多いと思いますが、A13と比較すると1.6倍くらい性能がよくなると思われます。

✔iPhone11:A13
✔iPhone12:A14
✔iPhone13(iPhone12s):A15
CPUの速度は1年で1.2倍〜1.3倍向上

かなり期待できるCPUになると思いますね。最近のCPUというのは、毎年1.25倍ずつ良くなっています。
すでにiPhone11でも十分くらいのCPUの能力ですが、年々上昇していくというのは、ある意味当たり前のことなのかもしれません。
実際に量産される前の試作段階では、もっと上のレベルのCPUなども開発しているかと思いますが、試作から量産になると、大量生産となりますので、品質をある程度安定させた状態での製造となります。
CPUの能力が高いほうがiPhoneを動かすスピードが格段に早くなります。アプリの起動や読み込み速度なども飛躍的にあがるため、使い勝手はかなりよくなると思われます。
基本的にCPUの能力というのは、年々上昇していますが、今後上昇のスピードは緩やかになるとも言われております。
iPhoneは他のAndroidスマホと比較しても、基本的に処理能力は高いです。それはベンチマークなどの結果からも言えることで、特にこのAシリーズのCPUの完成度がかなり高いということになります。

A15では、プロセスルールが改善される可能性もあり、さらに省エネになる可能性も出てきています。昨今スマホは年々省エネになってきており、基本的にはA15と呼ばれるCPUというのは、省エネ設計になることは間違いありません。

CPUにM1などの搭載はなし

iPadなどからM1のCPUを搭載しているモデルが発売されておりますが、iPhoneではM1などのMシリーズと呼ばれるCPUは搭載されないことがわかっています。

iPhone M1 M2 M3などのMac用のCPUの搭載はない Aシリーズが継続的に搭載
iPhoneにM1などのMac用のCPUが搭載されるということはないと報じられております。 MacにM1が搭載され、かなり高速に動作することができるということで、かなり期待している人も多かったのではないかと思います。 しかしなが...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、M1やM2などのMシリーズが挟まれないことに関して記載しているページとなっています。

継続してAシリーズが採用される見込みとなっています。

✔MシリーズはiPadやMacBookのみに採用
✔Mシリーズは今後別のハードで進化

継続してAシリーズの採用となるiPhoneとなりますが、TSMCというメーカーで製造されており、AシリーズもMシリーズも同じメーカーなのです。

同じメーカーで製造されているということで、当然ながら安心感はかなりあろうかと思います。

異なるメーカーで製造されているとどうしてもAシリーズとMシリーズの違いなんかもさらに気になる部分かと思いますが、そういうことがありません。

それはかなりのメリットであることは間違いないでしょうね。

オンラインショップを利用する人が増えた

最近はオンラインショップを利用する人が非常に増えてきました。

その理由としてはなんといっても事務手数料が無料のところがあるからです。

✔オンラインショップならiPhoneも発売日に自宅に届く ✔オンラインショップは24時間営業でいつでも買える
スマホの発売日に発送されるわけではなく、発売日に自宅に届くのです。

それならオンラインショップを利用してみようと思う人も多いのではないかと思います。

【ドコモとソフトバンク、ワイモバイル、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する
ワイモバイルで購入する
ドコモ オンライン ショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNPで利用可能
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? 公式のオンラインショップはこちらです...
2021 au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...
ソフトバンクオンラインショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショッ...
こちらがオンラインショップのメリットとなります。一度メリットをご確認いただければと思います。

リフレッシュレートが120Hzに

※写真はAppleより拝借

iPhone13で使用される120Hzのリフレッシュレート ディスプレイは サムスン LG製になる
サムスンディスプレイ及びLGディスプレイは、iPhone用のOLEDパネルの生産を開始したと報じています。 ※写真はAppleより拝借 韓国製のディスプレイをiPhoneに搭載するということは、iPhone12のときでも同様...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、サムスンディスプレイ及びLGディスプレイが120HzのディスプレイをAppleに供給するために生産を開始していると報じられております。

iPhone12のときもこの2社が製造を行っておりますが、iPhone13に関しても同様にサムスンディスプレイとLGディスプレイが供給するようですね。

✔リフレッシュレートが120Hzに
✔iPhone12は60Hzなので、2倍のリフレッシュレートに

リフレッシュレートが高いと、ゲームや動画を見るときに、かなりきれいに見ることが可能となっていますので、メリットはかなりあると思います。

リフレッシュレートが高いスマホはどんどん増えています。

リフレッシュレートが高いスマホというのは、シャープのAQUOS Zeroシリーズのリフレッシュレートが非常に高いです。

今後も同様に高いモデルのスマホはどんどん増えてくる見込みです。

RAMの容量などはどうなる?


RAMの容量などは、飛躍的に向上すると思われますが、iPhone12の時点で、すでに6GBのRAMが搭載されます。AppleはRAMの容量を飛躍的に向上させるということは、あまりしないかもしれませんが、5G通信がさらに高速化されるということを考えると、iPhone12よりも大容量のRAMになる可能性があるのです。それこそ8GBくらいのRAMの容量は期待したいところですね。8GBというとiPhoneでいうとかなりの大容量です。Android機種ならすでに12GBを搭載するモデルが、2019年の間に発売されたりと、かなりの大容量のRAMを搭載しているモデルの販売も行われております。

逆にいえば、AndroidではRAMの容量はそれなりにないと動作しないということになるのでしょうか。AppleはRAMの容量がそこまで多くはなくても、きっちり動作させるということができるわけです。やはりハードとソフトの両方を開発している会社であるからこそできる技なのかもしれません。
そのことからAppleでは、Androidスマホと比較してもRAMの容量は少なめになっているのです。それでも5Gで一気に通信を行った場合それを一時的に蓄える器としてのRAMの容量というのは、どうしてもいるのではないかと思っています。

そういう意味では5Gはかなりの高速通信となるため、RAMの容量に関しては、どうしてもそれなりに必要になるのではないかと思っています。

こちらが過去に販売されていたモデルのRAMの容量となります。このRAMの容量であれば、iPhone13であれば、飛躍的にRAMの容量も向上するのではないかと思っています。RAMの容量が向上するだけで、ゲームなどがかなり快適に動かすことができるようになります。
RAMの容量が飛躍的に伸びていくことを考えるとiPhone13では期待してもいいのかもしれません。

RAMの容量が増えれば増えるほど、間違いなくメリットがあるのです。

✔iPhone12:4GB
✔iPhone12mini:4GB
✔iPhone12Pro:6GB
✔iPhone12ProMAX:6GB

iPhone12ではこのようなRAMの容量だったことから、確実にこれより上回る可能性が高いと思います。

RAMの容量が増えると、確実にメリットとしては、色々なアプリを同時に立ち上げることが可能ということになります。

miniや通常モデルでRAMの容量が高くなると本当にありがたいのですね。

OSもiOS15からスタートに

OSに関してもiOS15からのスタートになるでしょう。現状ではiOS13がiPhone11の始まりでした。そのためiOS14がiPhone12となり、その次ということになりますので、iOS15というのは、iPhone13になると思われます。
基本的にOSというのは、その時に販売されたモデルで最も最適なように作られていると思われますが、過去から販売されているiPhoneにも同じOSが適用されるため、新しいOSが販売されると、テストだけでかなりのテスト項目になるかと思います。
基本的にはOSというのは、iPhoneの使い勝手を左右するため、非常に重要な要素を持っています。
OSへの新機能というのは、まだ不明確な部分はありますが、それでもやはり最新のOSに関しては期待したいところです。最新のiPhoneって期待値だけがどんどん高まっている印象ですね。
OSは年々新しくなりiOSも15からのスタートとなるのです。
OSの進化といえば、iOS13からのダークモードが個人的によかったのですが、それを上回るような進化をしてもらいたいですね。

iOS15はどこまで進化するのでしょうか?それもまた気になる部分だと思います。
MACで新しいOSが出てきましたが、かなりユーザーインターフェイスが変更となりました、iOS14でユーザーインターフェイスの変更がかなり行われたので、おそらくそこまで大きな改造というものはないかと思います。

OSが最新のOSからスタートされるということで、かなり期待できるのではないかと思っています。

OSのバージョンは毎年上がり続けており、ずっとバージョンアップを繰り返しています。

iOS15 iPadOS15 新機能 9月21日リリース 使えなくなる iPhoneやiPadはどんなモデルになるの?
iOS15がついに発表されました。 iPhoneやiPadに搭載されるiOSですが、どのようなOSになるのでしょうか。 iOS15を利用するならiPhone12でも問題なし こちらが各社のオンライン...

iOS15ではiPhone6sシリーズが利用できないと言われております。

iOS20くらいまではiPhone13なら上がるのではないかと思います。

望遠レンズ

iPhone13に搭載されるラインナップは7Pの望遠レンズになる予定です。
ペリスコープカメラが搭載される予定となっています。
ペリスコープカメラというのは、潜望鏡のようなレンズの仕組みとなっています。
この仕組により、かなりの倍率の写真撮影を行えるようになるということです。
このペリスコープカメラはGeniusというメーカーにより製造される予定になっています。

GSEO

メーカーのURLはこちらです。こちらのメーカーは知っている人もそこまで多くはないかもしれません。台湾のメーカーとなっており、このようなレンズを製造しているメーカーなのです。
望遠カメラは50倍から100倍程度のズームになるのではないかと言われております。

望遠レンズのレベルアップを望む声はかなり大きいのではないかと思います。
望遠レンズがあれば、遠くの場所を近くで撮影することができますので、特に小さなお子さんのいる家庭であれば、学校の行事などのときに望遠カメラがあれば便利でしょう。
それでも昨今学校行事も自粛している傾向にありますので、果たして今のタイミングで望遠カメラが必要なのかと言われると微妙な感じもしますが・・・
ないよりあったほうが絶対いい機能の一つとなっていますので、当然ながらあるに越したことはありませんね。

望遠レンズの性能がかなりアップしているため、iPhone13シリーズではかなり期待したいですが、iPhoneはズーム性能をiPhone12シリーズの時でもあまり上げてきませんでした。そういうことを考えると、どこまで対応してくるのかが気になる部分です。

✔2021年に入ってからの情報では、20倍ズームが搭載されると予想

Galaxyシリーズでは50倍ものカメラが搭載されていますので、それに追随してもらいたいですね。カメラが望遠で撮影できるようになると、かなり遠くの場所もきれいに撮影することが出来ます。かなりメリットも出てくるのではないかと予想されます。

Galaxy S21 /S21+ /S21 ULTRA ギャラクシーS21 /+ /ウルトラ ahamo レビュー スペック 発売日 カメラ 価格 ドコモ au
Galaxy S21シリーズがドコモ、auで販売されております。 Galaxyシリーズを持っている人が多いのは、ドコモでしょう。こちらドコモオンラインショップからの情報は逐次チェックしておくことをオススメしたいですね。 ...

こちらはGalaxy S21 ULTRAを紹介しているページとなっていますが、Galaxy S21 ULTRAではすでに100倍ズームまで対応可能となっています。

かなりの倍率のズームをすでに対応可能としていますので、iPhoneでもこれはかなり期待したいところです。

すべての機種でLiDARが搭載される可能性が高い

iPhone13ではLiDARがすべてのモデルで搭載される可能性があります。LiDARが搭載されると、奥行きを計測するカメラが搭載されることにより、ボカシがかなりきれいに撮影できるでしょう。
iPhone8くらいから買い替えた人なら本当にその良さがわかるのではないかと思っています。

✔すべてのモデルでLiDARが搭載の予定

iPhone12ではProモデルのみにLiDARが搭載されましたが、スタンダードモデルでもLiDARが搭載されると、スタンダードモデルでもかなり売れるでしょうね。
スタンダードモデルは比較的安価なことから、確実に販売台数を伸ばすことが可能となっています。
販売台数を伸ばすことができれば、iPhoneもまた売上上位に食い込むかも知れません。

発売日は?

発売日もある程度見えてきているようですね。
2021年の9月に発売されることはほぼ間違いないかと思います。

✔2021年9月8日(水)発表
✔2021年9月17日(金)発売

一応このような形での発売になる見込みです。
おそらく4つのモデルでの発売が継続されると思いますので、2020年のように1回目の発売と2回目の発売に分かれる可能性もあります。
2020年はコロナの影響により、発売日がずれ込んだと言われておりますが、2021年はコロナの影響はあるものの、おそらくスケジュールどおりの発売になると予想されます。

最新の情報でも2021年9月発売になる可能性が高いと報じられております。

9月発売になれば、またもとの販売スケジュールに戻るということになります。

タイトルとURLをコピーしました