スペック 仕様が高いスマホと低いスマホの差 違いって何? 比較 異なる部分は?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

ここ最近スペックが高いスマホとか低いスマホと言われておりますが、スペックが高いスマホってスペックが低いスマホとくらべて何が違うのでしょうか。

そのあたりってよくわからないという人も多いと思います。それでは実際に開設してみたいと思います。

 


スペックが低いスマホ

スペックが低いスマホというのは一般的にはどういうことでしょうか。まずはスペックが低いということは当然ながら処理能力が遅いということがあげられます。

タップ操作やスワイプ操作などで遅れが生じる可能性があります。

ネットを見るための通信速度に関しても理論値では高かったとしてもスペックが低いスマホというのは通信速度も遅くなる傾向です。

それは通信を受けてから画面に描画する能力が低いからそのようなことが起きるわけです。

スペックが低いスマホというのは、処理速度が遅いというだけで、実際に高性能のスマホに比べて出来ることが少ないのか?というとそんなことはありません。

基本的に出来ることはほぼ同じなのです。逆に高いスマホには例えば地デジが付いているが安いスマホには地デジの機能がないなど、一部の機能がついていたりついていなかったりはしますが、基本的には安いからといってネットが出来ないとかそういうことはありません。

スペックが高いスマホ

それでは逆にスペックが高いスマホというのはどう違うのか?ということですが、スペックが高いスマホというのは、当然ながら高速に動作させることが可能です。

いわゆる人間が操作していてストレスに感じる部分が非常に少ないわけです。

その代わり価格も高いということになります。実はスペックが高いスマホと低いスマホの差というのは、ソフト的にはほとんど差がありません。

スペックが高いということは、処理能力が早いので、ストレスが少ないということです。

基本的にスペックが高いスマホが価格も高いことが多いので、遅いと思うストレス部分をお金で解決しているのです。

通信速度に関してもスペックの高いスマホのほうがいい場合があります。

通信モジュールも最新のものが入っている可能性もあり、スペックの高いモデルのほうが通信速度もいいですね。

他にはWi-Fiを利用する場合の通信速度に関しても、スペックが高いもののほうがいいケースが多いです。

YouTubeくらいならどう?

現行発売されているスマホで安いものいわゆるスペックの低いものですが、YouTubeくらいなら問題なく見れるでしょう。

動画が遅れてくるということもないと思います。コマ落ちに関してもないと思います。

そう考えるとスペックが低いものでも十分に楽しめる可能性が高いのです。

スペックが低くてもやれることはほぼおなじなので、あまり気にすることはないと思います。

YouTubeに関しては動画というグラフィック性能を活用すると思う人も多いと思いますが、YouTubeを見るくらいなら、普通のスマホいわゆるエントリーモデルで十分です。

エントリーモデルのスマホというのは、5万円前後で販売されているモデルです。

エントリーモデルでもYouTubeの閲覧なら問題ありません。

今後はゲームなどをあまりしないという人も多いと思いますので、そういう人はエントリーモデルの購入を積極的にする可能性があります。

ゲームだけは注意が必要

ゲームは注意が必要です。ゲームに関してはやはりスペックが高いものではないと動作しないものもあります。

簡単なゲームなら問題ありませんが、難易度の高いゲームなどは結構難しいかもしれませんね。

画像が非常に綺麗なゲームなどです。そういうゲームをしまくりたいと考えている人は注意が必要ですね。

ゲームはある程度グラフィックなども考慮されることが多いです。

きれいな画面や動きなど、普段ウェブなどを閲覧している時とは、異なる動きなどをするわけです。

ゲームに関しては、画面のタッチも頻繁に行い、かなり動作速度に関しては気にする人も多いと思います。

ゲームというのは、基本的にGPU能力が高いということもいいとされています。

SnapDragon855 /Plus スナドラ855 最新のCPU Qualcomm 現行の2世代後モデル Hana v1.0
SnapDragon855を正式にクアルコムは発表しました。 855の発表前までは8150という名称になるとか言われておりましたが、名称は855となりました。 SnapDragon855というのは結果的に845の後継モデルとなっ...

こちら2019年に発売されているフラッグシップモデルに搭載されているCPUとなっていますが、こちらのモデルでもPlusと呼ばれるモデルが発売されました。

それはGPU性能が非常に高いモデルとなっています。GPUというのはグラフィックの性能となります。グラフィック性能の高いモデルを選択することで、ゲームをスムーズに動作させることが可能になるかと思います。

リフレッシュレートも確認しておく

リフレッシュレートというものも最近は確認する人も増えてきました。

AQUOS R6 アクオスR6 スペック カメラ レビュー 評価 評判 発売日 2021 価格 ドコモ ソフトバンクから発売
AQUOS R6がドコモ及びソフトバンクから発売されます。 AQUOS RシリーズというRの意味って知っていますか? ✔リアリティ ✔レスポンス ✔リリアビリティ ✔ロボティクス この4つの意味がRシリーズの由来とな...

こちらAQUOS R6ですが、こちらのモデルではリフレッシュレートが240Hzと非常に高いのです。

実はこのリフレッシュレートの高いスマホというのは、ゲームなどをする時に非常に役立つのです。

高いリフレッシュレートというのは、1秒間にどれだけ画面を変化させるのか?ということです。

✔iPhone12は1秒間に60回変化
✔AQUOS R6は240回変化

単純にAQUOS R6のディスプレイのほうがこれだけで優れているということがわかります。

このリフレッシュレートが高いスマホを購入するということは、本当にメリットがあるということです。

リフレッシュレートの高さがスマホのスペックというわけではありませんが、高いスマホを購入するに越したことはありません。

アクションゲームは特に注意

アクションゲームは特に要注意です。アクションゲームというのは、指の動きがウェブ閲覧の時と比較してもかなり異なるでしょう。

高速に動作させたり、画面に関してもアクションゲームだけあり、素早い動きをするゲームが多いのです。

そういうゲームをする場合というのは、やはり気になるのは動作速度です。

グラフィック性能もそうですが、CPUの性能も高いほうがいいです。

アクションゲームをやりたい人は一番のハイスペックのモデルの購入を検討することをオススメしたいですね。

一番スペックの高いスマホというのは、ドコモ、au、ソフトバンクから発売されている上位モデルです。

金額も一番高いモデルの機種となります。

ハイスペックモデルを買うならキャリアモデルがオススメ

ハイスペックモデルを求めるならこのような各社のモデルがオススメです。

ハイスペックモデルをドコモ、au、ソフトバンクからは発売しております。ゲームなどを頻繁に行う人にとっては間違いなくこのようなハイスペックモデルがオススメです。

各キャリアから発売されている10万円前後の機種の購入をオススメしたいですね。それくらいの高額なモデルを購入するとストレスフリーでスマホを楽しむことが可能となります。

基本的にゲームをしている時にカクついたりすることは嫌ですからね。

ハイスペックモデルを購入しておけば、基本的に大きな問題も起きることはありません。

それにしてもハイスペックモデルの価格は高いですね。10万円を超えるモデルもあり、簡単に購入することができなくなりました。

ハイスペックモデルの取り扱いというのは、キャリアモデルでは非常にメリットがあります。

【ドコモとソフトバンク、ワイモバイル、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する
ワイモバイルで購入する

5Gに対応しているかしていないかはかなりの差

今後5Gが世の中に出てきますが、5Gに対応しているかしていないかというのは、かなりの差になるのではないかと思います。

基本的に5Gに対応しているスマホはハイスペックモデルと言われることは間違いないでしょう。

5Gという次世代通信規格に対応しているというだけで、かなり価格も高くなることは間違いないかと思います。

今後ハイスペックと呼ばれるスマホで注意したいのは5G対応に関してかと思います。2020年あたりからハイスペックモデルと言われるモデルでは5Gに対応したスマホがたくさん販売されると思われます。

2020年の夏モデル以降は特に注意が必要となります。その注意が必要となるというのは、ハイスペックモデルと廉価版モデルとの差がこの5Gに対応しているかしていないかでかなりの差となるからです。5Gのエリアに関しては2024年までに97%程度まで利用エリアを増やすようですが、まだ基地局を敷設していっている最中です。2021年〜2022年くらいまで様子を見たほうがいいのか、少しでも早く高速通信を楽しんでいきたいのか・・・そのあたりも悩ましいところです。

2023年〜2024年にかけては廉価版モデルでも5Gに対応したモデルが販売されていくことは間違いないかと思います。

✔実際には2021年モデルで5Gのスマホがかなり販売されました。

5Gのスマホは2021年移行は大半のスマホで搭載されると思われます。

安いスマホでもいいものはいっぱいある

2022年 最強コスパがいいスマホ 安い 高い 違い オススメ 比較 何が異なる? 安いと駄目なのか?
世の中には、iPhoneはいらないという人も結構多いのです。iPhoneがいらないという人は、Androidスマホがコスパのいいモデルということになります。 Androidスマホのいいところは、やはり色々なモデルを選択することが出来る...

安いスマホでもいいものはたくさんあります。

スマホの価格が安価だからといっても、スマホはいいものもいっぱい存在するのです。

✔安くてもいいスマホはたくさんある
✔やすかろう悪かろうという時代ではない
✔高い割に使えないというスマホもある

スマホも価格だけでは計れない時代になってきたということです。基本的にスマホの価格というのは、かなり高額なモデルも多数ありますが、高いからといって、使い勝手がよいか?と言われると別物です。

安くても使えるスマホというのは多数存在するのです。

海外製のスマホなどでは、それなりにスマホの使い勝手を理解している人にとっては非常に使いやすいスマホだったりするのです。

SIMフリーを買うという手もある

SIMフリーの安いスマホを購入して SIM単体契約でキャッシュバックをもらう
SIMフリーの安いスマホを購入してSIM単体契約でお得に契約をする人が非常に増えています。 SIMフリースマホというのは、ここ最近当たり前になってきておりますが、SIMフリーの安いスマホというのは、何を選択していいのかわからないという...

SIMフリーモデルを購入するという手もあります。

SIMフリーモデルを購入してSIM単体契約を行うという手です。

これであれば、まさに自分の欲しいスマホを購入することが可能となっていますので、かなりのメリットがあることは間違いありません。

✔自分の欲しいスマホを選択できる
✔SIMフリーモデルは本当に色々なモデルが多数存在

SIMフリーモデルというのは、本当に世の中にかなりの数出ているので、それだけでもメリットがあると思っています。

世の中にかなりの数のスマホがある中である程度価格やスペックだけを見て購入することが可能となっていますので、今かなりの人がSIMフリーモデルの購入を検討しています。

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック