高額キャッシュバック案件がない スマホをMNPで購入するメリットが少ない 大丈夫なの?

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

総務省が高額キャッシュバックを防ぐ為の窓口を設置しました。

これでは本当に端末は売れませんよね。

2021年時点で、窓口があるかどうか不明ですが、総務省のこの行いがいいのか悪いのか?と言われると微妙な形になってきていますが、高額キャッシュバックがなくなったことにより、スマホは本当に売れなくなってきています。

スマホが売れない理由の一つに、高額なスマホが増えてきたということも挙げられます。

 

適正価格とは?

適正価格を守る為のタレコミ窓口を設置しました。

今回の総務省は本気のようですね。かなり本気で適正価格の調査に望んでいるようです。

適正価格というのは具体的に明示しておりませんが、世間的な適正価格でしょう。

せいぜいMNP時の解約違約金を負担しますくらいなら問題ないと思われます。

しかしながら1台あたり5万円ほどのキャッシュバックがあるような案件ではもうNGでしょうね。

覆面調査も実施

この中には覆面調査も実施とあるようです。

併売店に出向いて覆面調査も実施ということですから、ヤミで激安販売をしていたり会員にのみ告知していたりということも非常にバレやすくなるわけです。

今まで代理店としてやっていたところもこの窓口設置により、かなり営業しにくくなるわけですね。

覆面調査をしてまで利用実態を把握したいということは相当な力の入れようです。

ただし覆面調査をしている人かそうでない人かというのは販売員にとってはすぐにわかるようです。

余計な質問をいろいろしてくる人も覆面調査の人の中にはいるようで、実際には契約して帰ることはないようですね。そのため怪しい人・・・という見方のようです。

✔2021年時点では覆面調査までは聞かなくなった
✔端末の最大割引価格は22000円(税込み)がほとんど
✔スマホを安く買う手立てが減った

基本的にスマホを購入するにあたり、安価に購入する術がなくなったといえるかと思います。

覆面調査まで行っていたということは、知らない人も多いのではないかと思います。

完全な営業妨害

ここまでくると完全な営業妨害ですよね。

総務省が民間のやることに口を挟んでいるわけです。かなり問題ではないでしょうか?

このキャッシュバックなどにより売れていた端末が売れなくなるわけです。

これでは本当に端末が売れなくなりますよね・・適正価格ってなんですか?

販売する側が適正価格を決めるのですか?市場が価格を決めるというのが適正価格だと思うのですが・・・

キャッシュバックをつけたところであまり売れないのです。それが市場のニーズなのです。

機種変更を行う人とMNPする人との価格差がすごいということはわかっているわけですから機種変更をする人がMNPをしないのには理由があるはずです。

MNPがお得ということを知らない、MNPすることが面倒など色々な理由でMNPをこばんでいるのです。

その人達を救うというのはちょっと行き過ぎの施策ではないでしょうか。

そもそもこのような高額キャッシュバック縛りが出来た背景を知る

そもそも高額キャッシュバックがなくなったという背景に関して知らない人も多いのではないかと思います。

なぜそもそも高額キャッシュバックがなくなったのでしょうか?

✔高額キャッシュバックの原資は、既契約の支払いが充当
✔情報を知っている人だけが得をする仕組みを変えたい
✔そもそも契約しているだけで、高額キャッシュバックの仕組みがおかしい

これ以外にもあろうかと思いますが、高額キャッシュバックに関して、おかしいという声もかなりあったことから、総務省が動いたものと思われます。

基本的には、高額キャッシュバックというのは、あってもいいと思っていますが、国が駄目というならそれに従う必要があるわけです。

総務省の連絡先

20160204063905

こちらが連絡先です。どの程度なら垂れ込んでいいのかわかりませんが、高額キャッシュバックを行っている店舗があれば垂れ込むようにということです。

ここまで本気なのは見たことがありません。

安倍さんやりすぎですよ・・・

引用元:総務省

総務省指導のもと分離プランが登場

総務省指導のもと分離プランというものが登場しました。

2019年に入りドコモも分離プランを導入してきたのです。

分離プランと呼ばれるプランというのは、スマホ本体と通信費を分離して表示する販売方法です。

毎月の支払額はほぼ同じになるわけですが、端末代金を通信費から値引きをするという非常にわかりにくい値引きというものがなくなるという狙いがあるわけです。

総務省がそういうことを指導することにより、各社は同様のプランを出してきたのです。

ドコモ、au、ソフトバンクともに同じプランようなプランを出してきました。

それがいいのか悪いのかということは除いて、今の通信業界に風穴を開けるようなプランでないということです。

それこそ消費者が本当にすごいというようなプランが出てきたのかというと実際にはそういうわけでもあります。

ある一部のある特定の利用の仕方をする人に関しては値引きの対象になるのですが、トータル的に見ると値引きにはならないということになるわけです。

総務省のやり方が本当にいいのかと言われると正直なところいいとは思いません。

2021年は分離プランが当たり前に

2021年時点では分離プランが当たり前になってきました。

分離プランというプランはどのようなプランなのでしょうか?

✔本体代金と料金プランが別れている
✔実質価格という表現がなくなった

実質価格と呼ばれる表現が過去にはあったかと思いますが、実質価格と呼ばれる表現がなくなりました。

それに伴い、本体代金はリアルの代金の支払いが必要となったのです。

そのため10万円を超えるスマホが当たり前になってきたりと、正直なところ利用者としては、あまりメリットがないように感じます。

元のように高額キャッシュバックを復活させてもらいたいと思っていますが、基本的には難しいのではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました