ドコモ シェアパック5 発表 家族向け 料金改定で安くスマホが持てる

ドコモがシェアパック5というものを発表しました。

シェアパックというのは家族向けの回線となり、実は非常に安価に所持することが可能になっております。

どのようなプラン?

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

5GBの高速通信分を家族で分け合えることが可能です。今までは10GBの分け合いはありましたが、5GBの分け合いはかなり安価に維持することが可能となります。

価格は毎月6500円となり、それを家族で分け合うことが可能となっております。

20160130000955

これはかなり安いのではないでしょうか。

家族一人あたりが4000円代でスマホを維持することが可能となっております。

しかもありがたいことにカケホーダイライトを選択することが可能なのです。

完全に5000円以下で維持することが可能です。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

人数が増えればさらにお得

とりあえずメールができればOKという家族にはさらにお得です。当然ながら人数が増えれば増えるほどお得となるプランです。

通常のカケホーダイライトなら以下の通りの維持費になります。

1700円+300円+500円+2円=2502円

これがシェアプランの子回線の料金です。

毎月最低なら2500円で維持することが可能なのです。

そうなれば、5人以上で利用すればさらにお得なことは間違いありません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ドコモの表を見てみると?

20160130001603

こちらがドコモの表になります。

こちらを確認していただければわかるわけですが、この表でカケホーダイライトが選択出来ることがわかります。

ライトプランの選択が可能ということは本当にありがたいことですよね。

 

docomo ドコモ au

長期利用者にも優遇

長期利用者にもちゃんとした優遇があります。

20160130102826

こちらが優遇措置です。優遇がきっちりあるというのは本当にありがたいですよね。

優遇があるというのは本当に長期利用してきてよかった・・・と思う人もいると思います。

これがないと結構厳しいのかもしれません。

 

docomo ドコモ au

他社も追随する可能性大

当然ながら他社もこれに追随する可能性大です。

さすがにこのプランは非常に安価だと思います。しかしながら5GBの高速通信というとかなり少ないことも事実です。

普通に使うのであれば、やはり一人あたり3GBくらいの容量は欲しいところです。

結局このプランを選択したところでこのプランで足りるという家族は少ないかもしれません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

家族分け合えるという罠

実は家族分け合えるということが最も大きな罠なのです。

自分はあまり使っていないという認識がありつつも仮に息子や娘が知らずに動画を見ていたなんてことがあっても親は認識することは難しいのです。

回線の速度が遅くなってからようやく気づくのです。

その時は既に遅しだったりするので、結局追加料金を払うなんてことも普通に考えられるわけですね。

これでは本当に本末店頭です。しかしながらそういうユーザーも今後増えてくると思います。

そもそも1GBあたりの単価を下げて欲しいのですが、そこはやはり厳しいのでしょうか・・・・

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

実質0円廃止の影響も

実質0円が2月より廃止されるようです。実質0円が廃止されるということは月々サポートが減額になるということのようです。

ドコモが2月から実質0円販売をやめるようです。実質0円というのは通信費に本体価格が入っており、2年間維持した場合本体代金は実質0円で購入する...

こちらがその記事になりますが、この影響によりかなりの量販店が影響を受けることは間違いありません。

今までMNPなどをする人には端末をばらまいておりましたが、実際にこの契約になりばらまくことが基本的に出来ません。

一括0円と実質0円は異なるので、実際は実質0円がなくても一括0円は残るのかもしれません。

総務省の要望によりこのような施策が出てきたわけですが、これで本当に大丈夫なのでしょうか。

実質0円が廃止になってあまり使わないユーザーがこのプランを選択するということでバランスはとれるわけですが、今まで通り大容量を利用するユーザーにとってはこの施策は本当に辛いですよね。

結局今までよりも支払額が増える可能性があるのです。どこかで調整して欲しいですよね。

初回投稿日:2016年1月30日