当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

Android アンドロイドのメモリリーク 最適化 無駄にRAMの容量を食う現象

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

Androidを使っていて動作速度が悪くなったなどいつもより動作がイマイチと感じる人結構いるのではないでしょうか。

実はそれはメモリリークが起きている可能性が考えられます。メモリというのはRAMとも呼ばれます。プログラムを実行させる時に、一時的に保存される領域のこととなります。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

メモリリークとは?

プログラムを実行させる為にはメモリというところに実行プログラムを移動させて動作させるわけですが、通常であれば利用しなくなったものはメモリの中から開放して、他のプログラムの実行領域としてメモリを空けるということをコンピュータ内部では行っているのですが、このメモリリークが起きてしまうと開放出来ずにゴミとしてメモリの中に蓄積されてしまうのです。

蓄積されたメモリの中で、新しいプログラムを動作させようとしてもうまく動作はしません。

仮にメモリを300MB使う動作プログラムがあったとしましょう。空き容量が100MBしかなかったら本来使える容量がありませんので、動作不良を起こしてしまう可能性があるのです。

動作に関しても遅くなるわけです。

メモリと呼ばれるRAMの中にある実行領域を最適化してあげる必要があるのです。最適化といってもなかなか自分で行うことは難しいですよね。

メモリ管理アプリを利用する

プレイストアにはメモリ管理アプリと呼ばれるアプリというものがあります。

Auto Optimizer [Trial] - Booster , Battery Saver - Apps on Google Play
This is a free version that allows you to check the app's operations and functions. It will expire 48 hours after installation. Ver8.0.0 update added a deep ...

こちらアプリのリンク先となっています。こちらを一度見てもらいたいと思います。メモリを開放するツールとなっており、メモリは一度溜まると開放してあげる必要があるのです。メモリリークというというのは、メモリの中にいわゆるゴミが溜まった状態となるのです。
ゴミが溜まった状態のままでは、Androidの動作速度は当然ながら遅くなってしまいます。
動作速度が遅くなったAndroidは使い勝手も非常に悪く、何???と思うこともしばしばです。
そのため定期的にメモリのリフレッシュというものを行う必要があるのです。

メモリリークの解消には再起動が一番

このメモリリークになってしまうと再起動するのが一番です。

再起動することにより、メモリが開放されるわけです。メモリが開放され動作が快適に戻るのです。

再起動というのは定期的に行っておくほうがいいと思います。

Androidもいわゆるパソコンと同じです。考え方がパソコンと同じなのであれば、定期的に再起動してリフレッシュすることが必要となります。

いわゆる再起動という行為が最適化ということになるわけです。

最適化を行うには再起動が非常に有効的です。ガラケーの時は最適化することはほぼありませんでした。

ガラケーも小型パソコンですが、パソコンといっても機能が単純だったため、今のAndroidのように複雑ではありませんでした。

そのため再起動を行う必要がないというわけではありませんが、本当に滅多なことで再起動を行うということはする必要がなかったわけです。

再起動は面倒

再起動するのって面倒ですよね?再起動中に電話がなったらどうなるの?と思う人もいるでしょう。しかしながらAndroidというのはある意味パソコンと同じような能力を持っているわけです。

Windowsパソコンを持っている人ならわかると思いますが、定期的に再起動しないと使い勝手が悪くなると思っている人も多いと思います。

まさにそれなのです。一度新しい状態に戻してあげるということがAndroidでも必要なのです。

基本的に携帯電話としてガラケーの時から持っている人はめったに再起動をかけるということはありません。

しかしながら再起動を行うということは、コンピュータにとっては重要なことなのです。

特にスマートフォンというのはいろいろなアプリがあり、どんなアプリがどのようにAndroid上で動作させているのかということは、すべて検知することは難しいのです。また立ち上げたアプリの組み合わせによっても、正しく動くのかということが完全に保証されているわけではありません。

アプリ同士の組み合わせでメモリリークが起きる場合もあるわけです。そういう時は一番手っ取り早いのは再起動になるわけです。

再起動は定期的に行うということはある意味必須なのです。

面倒でも定期的に行い、リフレッシュすることが必要かと思います。

iPhoneはそこまでない?

iPhoneを利用している人はそこまでないと思います。

iPhoneはハードとソフトを同じメーカーが出しており、そういう問題はゼロではないと思いますが、基本的にそのハードに合うソフト開発を行っているので、大丈夫ということが多いわけです。

しかしながらiPhoneといえどたまには再起動する必要があります。

iPhoneは基本的に、ソフトとハードの設計をアップル社1社が行っており、メモリ管理などに関してもAndroidと比較して優れているといわれています。

Androidというのは、どうしても汎用的なOSとなっているため、各社から色々なハードが発売されており、それに合わせ込む必要があるのです。

すべてのハードにAndroidが対応するというのは、非常に難しくiPhoneと比較してもメモリリークの起きる確率というのは、高いといえるかと思います。

とはいうものの、iPhoneもAndroidと同様にハードに対してメモリ管理をソフト側で行っているため、定期的な再起動をし、最適化を図る必要があるのです。

発熱が起きたら再起動も有効

スマホを触っていて発熱が起きてくるということもよくあると思いませんか?

その時にも再起動は有効になります。

再起動することにより、熱暴走することを防ぐと共に、余計なCPU不可を一時的に解消するという狙いもあるのです。

基本的に動作不良が起きたら再起動するというのは身につけておきたいところですね。

熱を持つということは、ある特定のアプリが、バックグランドで動いている可能性もあるのです。

そのためバックグランドで動作しているアプリを止める必要があるのです。そのための再起動となります。

再起動というのは、基本的になにか起きた時に非常に有効な手段となります。

ガラケーの時はなかった

これよく言われるのですが、ガラケーの時はそんなこと滅多になかったということです。

確かにガラケー時代は再起動するということはあまりありませんでした。

逆にいうとガラケーはそれだけ機能が少なかったということです。

機能が少ない分不具合もスマホに比べたら少なかったということなのかもしれません。

ガラケーも小型コンピュータなので、定期的に再起動してやるというのは実は基本なのです。

その頻度が少ないだけで、基本的には同じと考えてあげるのが普通です。

なぜガラケー時代はそれほど再起動をすることがなかったのかということですが、ガラケーでできることというのは少なかったということにつきるでしょうl.

AndroidやiPhoneに関してはプログラムも巨大化しているわけです。いろいろなアプリを動作させる為の機能がついていたりといろいろな機能がついているのです。

その機能が多ければ多いほどメモリをいろいろ消費するわけですが、ガラケーはそこまで多くの機能を持っていなかったということで、動きがそこまで複雑ではなかったのかもしれません。

そういうことからそこまで再起動をするということがなかったのでしょうね。

・ガラケーはOSがそこまで重たくなかった
・ガラケーでやれる処理はそこまで多くない
・ガラケーのアプリ自体の動作も軽い

ガラケーでも実際にはメモリリークが起こることはあったわけですが、Androidほどではないかと思います。
そこまで日々アプリを利用して何かをするということがなかったからではないかと思います。

メモリリーク問題はある程度諦めるしかない

メモリリーク問題というのは、ある程度諦めるしかありません。

再起動することで復活ということも書きましたが、長時間利用しているとメモリにゴミがたまるということは仕方ないことなのです。

コンピュータというのは定期的なリフレッシュというものが必要となるのです。

AndroidでもiPhoneでも利用すると定期的にリフレッシュするということが非常に重要となります。

メモリリークをするとカクカクした動きになったりするため、イライラすることも多いと思いますが、定期的にリフレッシュするということを覚えておけば、全く問題ありません。

メモリリークというのは、基本的におきるものだと思っておきましょう。

それでもWindowsパソコンと比較するとかなりマシだと思いますが・・・

Windowsならもっとメモリリークを起こしますよね・・・とにかく2日立ち上げっぱなしの場合ならたいていおそすぎて動きません。

完全にメモリリークを起こしているわけですが、Androidならそこまで遅くなることはないでしょう。そう考えるとAndroidはまだましなほうですね。

RAMの容量が大きいほうがメリットがある?

スマホのRAM メモリが多いとメリットはどうなの? 少ない デメリットは?
スマホを持っていてスペック表がきになるという人も多いと思いますが、RAMという表記がありますが、結局あれって何なんでしょうか? 気になっている人も多いと思います。そもそもスペック表を読むということで、この中でもRAMと記載されている箇...

こちらRAMの容量が大きいほうがメリットがあるのか?ということを記載しているページとなっております。

RAMの容量が大きいほうが間違いなくメリットはあるかと思います。

RAMというのは非常に高速に動作します。そのためRAMの容量が大きいほうがそこに蓄えられる情報量が多いということになります。

情報量が蓄えられる量が大きいということかつ、それが高速ということで、RAMの容量が大きいほうがメリットがあります。

それでもRAMは部材としては内蔵メモリと比較すると高額なため、なるべく抑えたいところではあります。

そのため、OS側でそこまでのRAMの容量を食わないように制御したり、使わなくなったRAM空間にあるものを格納したりといろいろな制御を行っているのです。

またRAMというのは基本的に電源が入っている間は情報が入りますが、電源が切られると情報は空になります。

そういうこともあり、使い勝手としては普段電源の入っている時に格納されているものとなります。

RAMが大きいほうがメリットがあるというのは、メモリリークを起こすまでの時間があるというだけです。実際には、大容量メモリを積んだAndroidでもメモリリークを起こす可能性というのはかなりあります。

タイトルとURLをコピーしました