iPhone9 アイフォーン9 6.1 スペック 発売日 予約 予想 在庫 ドコモ au ソフトバンク

iPhone9はiPhoneSE2として発売される可能性があると報じられております。

iPhoneSEが発売されてからかなり経過していますが、iPhoneSEの後継モデルの話が出ていることは知っている人も多いと思います。

2020年の前半にも発売されると予想されているiPhoneSE2ですが、実質的なiPhone8の後継モデルとして発売される可能性があるということのようです。そしてCPU周り含めて最新のものに置き換わるということで、iPhone8の後継となり、iPhone8は併売されるかそのまま終息するのかはまだわかっていません。iPhone8の後継モデルにあたるiPhone9に関しての情報をお伝えしたいと思います。

 

iPhone9の予約は?

iPhone9の予約は以下のところで可能かと思います。これを書いている時点ではまだ購入はできませんが、他のiPhoneを含めて購入することは可能です。

<ドコモ>

 

ドコモのオンラインショップです。非常におすすめできるショップとなっております。XiからXiへの事務手数料は無料となっており、それだけでもかなりお得です。非常に便利かつお得なショップとなっております。

ドコモオンラインショップの事務手数料無料施策というのは、かなりメリットがあるかと思います。事務手数料が無料になるということで、かなりの人がドコモオンラインショップから購入しています。

以下の価格はすべて税抜きです。

機種変更時ドコモオンラインショップ店頭
XiからXi無料2,000円
FOMAからXi無料3,000円
FOMAからFOMA無料2,000円
新規契約時無料3,000円
MNP無料3,000円

こちらが元々発生する事務手数料でした。それが無料となるのです。

<au>

 

自宅まで送料無料で送付してくれます。iPhone9の購入に関してもauを所持している人ならオンラインショップ購入を検討してもらいたいですね。

<ソフトバンク>

 

こちらのページから予約をすることは可能かと思います。

ここ最近オンラインショップでの購入を行う人もかなり増えており、実際のところ右肩上がりです。

自宅にいながら購入できるということと、コンテンツへの加入が不要ということでかなり売上を伸ばしております。

今後もオンラインショップは拡充されていくと思われます。また人気の秘密としては、発売日に購入できるということもかなりおすすめできるところかと思います。

発売日でもiPhoneはなかなか購入することができません。今の時代やはり発売日にほしいと思うことは普通かと思います。

そう考えると発売日に購入できるということはかなりのアドバンテージですよね。

ドコモに関してはドコモオンラインショップで購入すると機種変更時の事務手数料が無料となっております。そういう意味でもドコモオンラインショップからの購入というのはありではないでしょうか。

iPhoneは非常に人気のある機種になることは間違いありません。そういう意味でも予約して購入したいものですね。

iPhone9の頃はもうオリンピックの頃です。iPhone9はそれに合わせて日本でもかなりの販売台数になることは予想されております。日本での人気は本当にすごいですからね。iPhoneを本当にこよなく愛する国民というのは日本人なのではないでしょうか。

iPhone9のCPU


iPhone9はiPhoneSE2になる可能性があると報じられていることから、iPhone8の後継モデルとして販売される可能性があります。
CPUはA13と呼ばれる2019年モデルのiPhoneに搭載されているCPUと同じものが搭載されると思われます。そのためCPUに関してはかなり期待できるのではないかと思います。
現行の中では最高のCPUが搭載されるからです。
CPUというのは、基本的にそのiPhoneの能力を顕著に表します。
最高のCPUが搭載されるということで、かなり期待できるのではないかと思っています。
iPhoneは少しくらい前のモデルであったとしてもきっちり動作させることは可能です。どうしても最新のCPUとなると価格が高額になる可能性もあるなど懸念事項はありますが、今回のiPhoneは価格はかなり抑えられているようです。
399ドルという非常に安価な価格設定となる見込みとなっています。

iPhone9のカメラはどうなる?

iPhone9のカメラは1200万画素のカメラが搭載されると思われます。またシングルカメラになる見込みです。iPhone8、iPhoneXRとシングルカメラのモデルというものは、継続して販売しております。基本的にシングルカメラのモデルであったとしても特に大きな問題はありません。

https://keitaijoho.com/archives/28750
こちらにカメラの情報が掲載されておりますので、お伝えしておきます。カメラはかなりよくなると思われます。カメラは過去から利用している人ならわかるかと思いますが、基本的には年々レベルアップしています。iPhone9でも当然ながらレベルアップすることは間違いないでしょう。iPhone9のカメラ性能というのは、シングルカメラですが、基本的にシングルカメラだったとしても、大きな問題はありません。シングルカメラでも十分に綺麗に撮影できるからです。
iPhone9のカメラはかなり期待できるかと思いますね。

容量は?

容量は64、128、256GBの3つのモデルの容量が発売されると言われております。
やはりこの3つの容量が発売されると1番売れるモデルは128GBになるのでしょうね。
とはいうものの64GBもあれば十分という人も結構多いでしょう。
iPhoneをそこまで使いこなさない人もいるのです。基本的にLINEとウェブとユーチューブくらいあればそれで十分という人なら64GB程度の容量でも十分耐えられるのではないかと思っています。
ただしどうしても不安だという人が大容量を選択していくのです。
最近は写真などもGoogleフォトなどに収めることができるので、基本的にクラウドサービスを利用することで、容量を抑えることができるのではないかと思っています。

今のところiPhone9はiPhoneSE iPhone8の後継として2020年に発売の予定

iPhoneSEの後継としてiPhone9という名称になる可能性がありました。iPhone9というのは、どういう意味があるのかというと、iPhone8の後継という意味あいが非常に強いと思います。
iPhone8は2017年に発売が開始されましたが、2019年時点でも最新のiPhone11と併売されております。そのためiPhone8の人気はかなりあることを知っている人も多いのではないかと思います。
iPhone8は最新のiPhoneと併売して販売されているくらい人気のモデルということになります。
iPhone8の後継ということであれば、画面サイズなども4.7インチとそのまま継承する可能性もあります。
iPhoneSEは4.0インチということですが、今後は4インチのiPhoneが市場から消えてしまうということになります。
コンパクトモデルのiPhoneが欲しい人にとっては少し残念な限りですが、4.7インチでも画面サイズはかなりコンパクトなレベルかと思います。
4.7インチのiPhoneが今後最も小さい画面ということで、販売を継続していくことになるでしょう。

iPhone8の後継ともいえるかと思いますが、基本的には小型画面になるということで、今までコンパクトサイズの発売を行っていたメーカーに対しては、かなり期待しているのではないかと思っています。

今後全面ディスプレイ搭載は当たり前に

今後全面ディスプレイになるということは当たり前になってくるかもしれません。全面ディスプレイはGALAXY S8シリーズがほぼ全面ディスプレイということで新機種を発売しました。

日本でも発売されるということで、かなり先進的な見た目になっておりほしいと思っている人は本当に多いと思います。

人気に関してもかなり出てくるものと思われます。GALAXYシリーズに関して言えば、Androidを代表するスマホです。

Androidを代表するスマホで今現状では世界ではiOSもしくはAndroidのこの2つのOSがモバイルの間では2分しております。

シェアだけでいうとAndroidのほうがシェアは高いわけですが、iPhoneはAppleしか提供しておりません。

そういうことを考えると1社提供のOSが世界的に見るとすごい勢いで伸びているということです。

そんなiPhoneですが、iPhone9の頃にはAndroidを含めて全面ディスプレイの機種というものは当たり前になっているのではないでしょうか。

それくらい全面ディスプレイというものは当たり前になりつつあります。LGの機種にしても全面ディスプレイを採用している機種というのは多くなってきております。

いわゆるベゼルレスという機種が流行ってくることは間違いないでしょうね。全面ディスプレイというとGALAXY S8で採用された感じになります。全面ディスプレイとなるとどういうことになるのか?ということですが、やはり全面ディスプレイの内部に指紋認証を持ってきてもらいたいですね。iPhone8では全面ディスプレイではなく背面に持ってくる可能性があるといわれております。背面に指紋認証機能が持ってくるということになるとまさにGALAXY S8と同様になってしまいますね。iPhone9あたりでは全面ディスプレイに感圧センサー及び指紋認証機能がついていてほしいと考えることが普通ではないでしょうか。

全面ディスプレイというのは待ち望んでいる人も結構いるでしょう。全面ディスプレイになるとそれだけ画面の見れる幅が増えるのです。せっかくの大きなサイズのスマホを買うということはそれだけ大画面で画面を見たいと思うニーズもかなりあると思われます。そういうことを考えるのであれば、間違いなく画面上にすべての今ある機能を持ってきてもらいたいですよね。

iPhoneXで前面ディスプレイが採用されたように全面ディスプレイになる可能性は非常に高いことがわかります。やはり全面ディスプレイになるとかなりかっこよくなりますよね。GALAXYS8もこの全面ディスプレイによりかなり売れたと言われております。非常に楽しみです。

MicroLEDが採用でさらに高解像度に

2017年5月15日追記

404 NOT FOUND | 携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone12 XPERIA 5 GALAXY S11の情報の掲載中 お得にスマホを契約する方法 海外SIMフリースマホの最新情報掲載中

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone9ではMicroLEDというものが採用される可能性が非常に高いです。

MicroLEDというのはまたあまり聞き慣れない言葉ですが、今のLEDディスプレイと比較してもさらに解像度が高いディスプレイのことです。

ディスプレイの解像度が高いということは、非常にメリットが高いのですが、これに伴いバッテリー消費も懸念されます。しかしながらそのあたりは今ある技術で工夫していくものと思われます。

この情報は台湾の情報誌が伝えたものといわてておりますが、MicroLEDが搭載されることにより、現状のiPhoneよりもさらなる高解像度の画面が楽しめるということになります。しかし気になるところがあくまでLEDのようなのです。

OLEDではありません。OLEDというのは有機ELです。有機ELというのはiPhone8で採用される可能性が非常に高いと言われておりますが、それではありません。

LEDディスプレイなのです。そのあたりがどうなのか?という懸念材料はあるものの、実際にはどうなっていくのでしょうか?少なくとも今よりは高解像度のディスプレイになることはほぼ間違いないと思いますね。iPhoneをたのしみにしている人は多いので、スペックアップは大歓迎でしょう。

iPhone9では画面サイズが5.28と6.46インチになる可能性が高い

iPhone9で 有機EL採用5.28インチ及び 6.46インチの大画面になる可能性が高い
こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone9ではさらに大画面化される可能性が高いということがわかりました。
iPhone9となると2019年頃に発売されると思われます。まだ先の話ですが、画面は有機ELになるとも言われており、今後有機ELというのはかなり増えてくると思われます。Android端末でもGALAXY Sシリーズを筆頭に画面が有機ELになるなんてこともこれから先はかなり増えてくると思われます。
有機ELのメリットというのは有機EL自身が発光するために非常に薄型でも大丈夫というメリットがあります。薄型になるということはスマホにとっては非常にありがたいことですよね。毎日ポケットに入れるスマホが薄型になるということは非常に持ちやすくなるということです。
しかしながら気になるところもあります。薄型になればなるほど割れやすい可能性があります。
iPhone9になると大画面化されるということで、強度のほうが個人的には気になりますが、大丈夫なのでしょうか?それが若干気になりますね。

有機ELモデルが今後メインに FaceIDが全機種に搭載予定

2018年モデルのiPhoneにFaceIDが全部付く予定 廉価版のiPhoneにも?

こちらの記事を見てもらいたいのですが、すべてのiPhoneにFaceIDが付くかもしれません。

そうなることで、有機EL需要はかなり増えてくると思われます。

KGI証券のKUO氏による発言があったようですが、信憑性が高いことで有名です。FaceIDという今回iPhoneXに新しく搭載される機能ですが、すべてのiPhoneに搭載されるとなるならホームボタンが削除される可能性が非常に高いということも示唆されております。

ホームボタンがなくなるということで、今後iPhoneがどのように変化されるのか非常に楽しみですね。

FaceIDが今後メインの認証方法になることは間違いないと思います。

2018年モデルはiPhone9という名称ではない可能性が高い

2018年に発売されるモデルというのはiPhone9ではない可能性が非常に高いです。

iPhone11 イレブン /Pro MAX iPhoneX2 スペック 予約 価格 容量 2019年モデル ドコモ au ソフトバンク
iPhone 2019年モデル iPhone11のスペックや予約情報は気になるところではないかと思います。 2019年モデルではどのような名称になるのでしょうか?名称に関してはまだそれほど噂も出ておりません。 iPhon...
iPhoneXs MAX アイフォンテンマックス /XS MAX スペック 予約 発売日 価格 予想 まとめ 大画面モデル
iPhoneXSMAXというモデルの販売が行われました。iPhoneXSMAXのスペックを以下に掲載しておきます。 こちらにiPhoneXSMAXのスペックを掲載しておきますので、こちらをあわせてご確認ください。 iPh...

こちらiPhoneXをベースに製造される機種になる可能性は十分にありえます。

iPhone9という名称ではなく、別名称で発売される可能性がありますが、実際には後継モデルという位置付けとなります。

iPhoneは非常に人気のあるガジェットのため、名称がどのようになるのかというのは非常に注目を浴びているところです。

今のところ名称が確定しておりませんので、なんともいえませんが、iPhone9という名称ではないような気がしますね。

iPhone9とiPhoneXs及びiPhoneXsPlusもしくはMAXという名称で発売される可能性が非常に高いと思います。2020年モデルとしてiPhone9という名称になる可能性がかなり高いですね。

タイトルとURLをコピーしました