iPhone9 /Plus アイフォーン9 6.1 スペック 発売日 予約 予想 在庫 ドコモ au ソフトバンク

iPhone9が発売される頃の話をしたいと思います。iPhone9というのは今のところ2018年に発売されるのではないかといわれております。

iPhoneはsをいう名称を排除しメジャーバージョンアップを今後していくのでは?という情報もあります。そのためiPhone9の発売されるタイミングは2018年になるのでは?という憶測があります。

iPhone9に関しての情報を少しずつ掲載していくので、一度確認いただきたく思います。

iPhone9というのはiPhone8の後継モデルとして発売されるのでしょうか。非常に気になるところではあるかと思います。

iPhone9の予約は?

iPhone9の予約は以下のところで可能かと思います。これを書いている時点ではまだ購入はできませんが、他のiPhoneを含めて購入することは可能です。

<ドコモ>


ドコモのオンラインショップです。非常におすすめできるショップとなっております。XiからXiへの事務手数料は無料となっており、それだけでもかなりお得です。また頭金もありません。非常に便利かつお得なショップとなっております。

<au>


<ソフトバンク>

こちらのページから予約をすることは可能かと思います。

ここ最近オンラインショップでの購入を行う人もかなり増えており、実際のところ右肩上がりです。

自宅にいながら購入できるということと、コンテンツへの加入が不要ということでかなり売上を伸ばしております。

今後もオンラインショップは拡充されていくと思われます。また人気の秘密としては、発売日に購入できるということもかなりおすすめできるところかと思います。

発売日でもiPhoneはなかなか購入することができません。今の時代やはり発売日にほしいと思うことは普通かと思います。

そう考えると発売日に購入できるということはかなりのアドバンテージですよね。

ドコモ予約解説ページ

au 予約解説ページ

ソフトバンク 予約解説ページ

iPhone7の時の記事になりますが、予約するにはこちらを見てもらいたいと思います。予約を入れて購入したいところですね。

ドコモに関してはドコモオンラインショップで購入すると機種変更時の事務手数料が無料となっております。そういう意味でもドコモオンラインショップからの購入というのはありではないでしょうか。またドコモオンラインショップでは頭金がありません。頭金がなく事務手数料もないということで、トータル8000円ほどオトクに購入することが可能です。

iPhoneは非常に人気のある機種になることは間違いありません。そういう意味でも予約して購入したいものですね。

iPhone9の頃はもうオリンピックの頃です。iPhone9はそれに合わせて日本でもかなりの販売台数になることは予想されております。日本での人気は本当にすごいですからね。iPhoneを本当にこよなく愛する国民というのは日本人なのではないでしょうか。

iPhone9も当然ながら非常に人気が出ることは間違いありません。

iPhone9に関してもクーポンを出せる可能性というものは十分にあります。iPhone9が発売される頃には日本でのiPhone率もまた上昇していると思われます。

iPhone 新規 MNPで利用可能なクーポン紹介ページ

こちらはドコモオンラインショップ限定となっておりますが、MNPや新規で利用しようと考えている人にとっては間違いなくオトクなクーポンです。ぜひ検討してほしいですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone9の予想スペック

iPhone9が発売されるのが4年後ということなので、4年前の機種は何か?ということですが、iPhone7が発売されてからの話なら4年前というとiPhone5の頃です。(この記事を初めて書いたのは2016年1月です。)

そのあたりでインチアップが図られました。

現在の画面サイズは4.7インチと5.5インチです。

この画面サイズである程度落ち着いていると思いますので、iPhone9が発売されるあたりから考えても恐らく画面サイズの変更はないと思いますので、恐らくこの2モデルはほぼ間違いなく継続して販売し続けると思います。

CPUはA10がiPhone7に採用されるといわれており、A14と考えるのが普通でしょう。中身はオクタコアくらいに進化していると思います。

RAMは恐らく4GBでしょう。現在のiPhone6sで2GBです。4年後には2倍になっていてもおかしくはありません。

そしてディスプレイに関してですが、iPhone9の頃には有機ELに切り替わっている可能性が非常に高いです。有機ELというのは、現在iPhoneでは採用されておりませんが、今後採用される可能性が非常に高いのです。

2017年の時点ではSamsung製の有機ELを使ったものが発売される見込みになっております。そして2018年からはLG製の有機ELを使ったものが発売される見込みになってきております。そして徐々に有機ELに切り替わっていく可能性が非常に高いのです。有機ELにすることによるメリットというのは画面を変形させることが可能ということです。いわゆるEDGEスタイルになる可能性が非常に高いということです。EDGEスタイルにすることにより、ある意味色々な形になりますからね。

iPhone9の予想スペックとして最新の情報としては画面は有機ELが採用される見込みになるということです。

有機ELが採用されるスマホが2019年にはかなり増えている可能性が非常に高いのです。iPhone9も当然ながら例外ではありません。

iPhone9になるとほぼ間違いなく顔面認証というものが一般的になっているものと思われます。はじめはiPhone8に顔面認証というものが採用されると思われますが、iPhone9の頃になるとやはり気になるのが、その精度です。顔面認証の場合ビデオや写真から認証されてしまうということが非常に残念です。

そういうことを考えるとやはりiPhone9の頃になるとその精度がかなり求められることは間違いありません。このあたりはスペック表には掲載されない部分かと思いますが、精度が高いということは非常にいいことですよね。

iPhone9ではすべての機種で有機ELが採用される可能性が高いと言われております。

有機ELにすることにより、かなりの薄型になる可能性が高いと思いますね。

このように色々な形に変化出来るようなものになる可能性も十分に考えられます。色々な形に変化出来るような機種というのはコンセプトとしてはかなり面白いのではないでしょうか。

今のところ全機種に有機ELが採用され、画面サイズは飛躍的に向上すると言われております。

画面サイズに関しては非常に楽しみですよね。画面サイズが大きくなると操作性がかなりよくなりますからね。

iPhone9の気になるのはカメラ

カメラの画素数はiPhone5の時点ですでに800万画素でした。iPhone6sで1200万画素となっており、実はそれほどカメラの画素数はあがっておりません。

そういうことを考えると1600万画素もしくは2000万画素レベルにとどまるのではないでしょうか。ちなみにAndroidでは2000万画素前後のカメラを搭載したモデルが非常に多くなっており、4年後なら恐らく3000万画素を超える機種も多くなってくると思われます。そのあたりのスペックは若干おとしていると思います。

iPhone7Plusではデュアルカメラを搭載するなんて情報もあり、iPhone9のあたりではデュアルカメラというのは普通に採用されるようになっているかもしれません。

今後発売されるカメラはデュアルカメラのものが非常に増えてくると予想されます。それはiPhoneに限った話ではありません。他の機種でもデュアルカメラのものが非常に増えてくるでしょうね。

デュアルカメラが一般化されつつあり、iPhone9ではiPhone9はデュアルカメラにならないのかもしれませんが、iPhone9Plusなど他のガジェットに関してデュアルカメラになると思われます。

デュアルカメラの浸透度合いというのは、最近すごい勢いで増えております。iPhoneにかぎらず他のガジェットでもデュアルカメラを搭載しているスマホというものはかなり増えていることは間違いありません。

デュアルカメラはカメラ機能として今後必須となってくるかもしれません。デュアルカメラを搭載していない機種の購入はかなり危ぶまれる可能性も非常に高いですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

容量は?

さすがに16GBはなくなっているような気がします。最低が32GB〜となっていると思いますね。

最高は256GBになっているなんてことも普通に考えられると思います。

32GB、128GB、256GBなんていうラインナップになっているかもしれません。

iPhoneに256GBも本当にいるの?と思う人も多いかもしれませんが、ハイレゾの音楽をかなり入れている人や4K動画などを入れている人もいるでしょうからその頃になるとさらなる容量アップが求められる可能性はありますよね。

iPhone8で搭載される容量に関していえば64GBと256GBでした。2モデルということになり、今後も2モデルになるのかもしれません。

iPhone9が2018年モデルならベンチマークの結果が出てきた

2018年 iPhoneの性能アップは10%程度? クロック数も若干アップレベル

こちらの記事を見てもらいたいのですが、2018年モデルおそらくiPhone9になるかと思いますが、ベンチマークアプリの結果が出てきました。

これはかなり興味深い結果であることは間違いありません。

iPhone9という名称になるかどうかはおいておいて2018年に発売されるiPhoneのクロック数なども明確になりました。

またRAMの容量は4GBになる可能性が高いとも報じられており、非常に期待が持てる結果となっていることは間違いありません。

RAMの容量が4GBというのは非常に高いRAMの容量であることは間違いありません。

RAM容量は以前から早く4GBにならないかということは言われておりましたが、ついに4GBがiPhoneに登場するということでかなり期待している人も多いと思います。しかしながらiPhone9という名称が継続的に利用されるのであれば、iPhone9は残念ながら4GBは搭載されないでしょう。一番ハイエンドモデルの機種で4GBになるのではないでしょうか。iPhone9という名称を残す機種は残念ながらRAMの容量は3GBとなる可能性も十分にありえます。

逆にそれが差別化というところにつながるのではないでしょうか。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

今のところiPhone9は2019年の発売?

上記の記事でも書いてあるようにiPhone8が2017年と考えると前倒しになる可能性は十分考えられます。

ということでiPhone7sの発売はないということになります。

それはそれでかなり残念な話ですが、ある意味仕方ないことかもしれません。

iPhone7sといっても実質的にはiPhone8となっております。

そして3年間のモデルチェンジがないという事を考えると、iPhone9sは発売されないかもしれません。

iPhone9sが発売されなくて次に発売されるのはiPhone10ということになるのでしょうか。

よって以下の通りになるのではないでしょうか。

iPhone7

iPhone8(iPhone7s)

iPhone8s←iPhone8sは本当に発売されるのでしょうか?

iPhone9

このようになる可能性がありますよね。

iPhone7もiPhone6seという名称になるかも?という感じでしたが、ひょっとするとiPhone8SEなんて名前になるのかもしれません。

新機種は早く出てきてほしいのですが、iPhoneは1年間売り続けるということもあり、まだまだ先の話ですね・・・

上記のようになれば、iPhone7sが間に入ると発売は1年間ずれるかもしれません。

最新の情報ではiPhone8sという名称として発売されない可能性もあるので、iPhone8sという名称の機種は発売されないのかもしれません。

結果的に後継モデルということなので、そのあたりは問題ないと思います。

2018年に入りましたが、このiPhone8sになるかどうかという名称の問題とうのはまだ出てきておりません。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

今後全面ディスプレイ搭載は当たり前に

今後全面ディスプレイになるということは当たり前になってくるかもしれません。全面ディスプレイはGALAXY S8シリーズがほぼ全面ディスプレイということで新機種を発売しました。

日本でも発売されるということで、かなり先進的な見た目になっておりほしいと思っている人は本当に多いと思います。

人気に関してもかなり出てくるものと思われます。GALAXYシリーズに関して言えば、Androidを代表するスマホです。

Androidを代表するスマホで今現状では世界ではiOSもしくはAndroidのこの2つのOSがモバイルの間では2分しております。

シェアだけでいうとAndroidのほうがシェアは高いわけですが、iPhoneはAppleしか提供しておりません。

そういうことを考えると1社提供のOSが世界的に見るとすごい勢いで伸びているということです。

そんなiPhoneですが、iPhone9の頃にはAndroidを含めて全面ディスプレイの機種というものは当たり前になっているのではないでしょうか。

それくらい全面ディスプレイというものは当たり前になりつつあります。LGの機種にしても全面ディスプレイを採用している機種というのは多くなってきております。

いわゆるベゼルレスという機種が流行ってくることは間違いないでしょうね。全面ディスプレイというとGALAXY S8で採用された感じになります。全面ディスプレイとなるとどういうことになるのか?ということですが、やはり全面ディスプレイの内部に指紋認証を持ってきてもらいたいですね。iPhone8では全面ディスプレイではなく背面に持ってくる可能性があるといわれております。背面に指紋認証機能が持ってくるということになるとまさにGALAXY S8と同様になってしまいますね。iPhone9あたりでは全面ディスプレイに感圧センサー及び指紋認証機能がついていてほしいと考えることが普通ではないでしょうか。

全面ディスプレイというのは待ち望んでいる人も結構いるでしょう。全面ディスプレイになるとそれだけ画面の見れる幅が増えるのです。せっかくの大きなサイズのスマホを買うということはそれだけ大画面で画面を見たいと思うニーズもかなりあると思われます。そういうことを考えるのであれば、間違いなく画面上にすべての今ある機能を持ってきてもらいたいですよね。

iPhoneXで前面ディスプレイが採用されたように全面ディスプレイになる可能性は非常に高いことがわかります。やはり全面ディスプレイになるとかなりかっこよくなりますよね。GALAXYS8もこの全面ディスプレイによりかなり売れたと言われております。非常に楽しみです。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MicroLEDが採用でさらに高解像度に

2017年5月15日追記

iPhone9 2018年度発売モデルでは マイクロLEDになる見込み 高解像度になることは当たり前

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone9ではMicroLEDというものが採用される可能性が非常に高いです。

MicroLEDというのはまたあまり聞き慣れない言葉ですが、今のLEDディスプレイと比較してもさらに解像度が高いディスプレイのことです。

ディスプレイの解像度が高いということは、非常にメリットが高いのですが、これに伴いバッテリー消費も懸念されます。しかしながらそのあたりは今ある技術で工夫していくものと思われます。

この情報は台湾の情報誌が伝えたものといわてておりますが、MicroLEDが搭載されることにより、現状のiPhoneよりもさらなる高解像度の画面が楽しめるということになります。しかし気になるところがあくまでLEDのようなのです。

OLEDではありません。OLEDというのは有機ELです。有機ELというのはiPhone8で採用される可能性が非常に高いと言われておりますが、それではありません。

LEDディスプレイなのです。そのあたりがどうなのか?という懸念材料はあるものの、実際にはどうなっていくのでしょうか?少なくとも今よりは高解像度のディスプレイになることはほぼ間違いないと思いますね。iPhoneをたのしみにしている人は多いので、スペックアップは大歓迎でしょう。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone9では画面サイズが5.28と6.46インチになる可能性が高い

iPhone9で 有機EL採用5.28インチ及び 6.46インチの大画面になる可能性が高い
こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone9ではさらに大画面化される可能性が高いということがわかりました。
iPhone9となると2019年頃に発売されると思われます。まだ先の話ですが、画面は有機ELになるとも言われており、今後有機ELというのはかなり増えてくると思われます。Android端末でもGALAXY Sシリーズを筆頭に画面が有機ELになるなんてこともこれから先はかなり増えてくると思われます。
有機ELのメリットというのは有機EL自身が発光するために非常に薄型でも大丈夫というメリットがあります。薄型になるということはスマホにとっては非常にありがたいことですよね。毎日ポケットに入れるスマホが薄型になるということは非常に持ちやすくなるということです。
しかしながら気になるところもあります。薄型になればなるほど割れやすい可能性があります。
iPhone9になると大画面化されるということで、強度のほうが個人的には気になりますが、大丈夫なのでしょうか?それが若干気になりますね。

iPhone9にワイヤレス給電がくることは間違いなし

iPhone9にワイヤレス給電がくることは間違いないと思います。

iPhone9 アイフォーン9でもワイヤレス給電 機種変更時も利用可能 充電器

こちらの記事を見てもらいたいのですが、ワイヤレス給電が来ることは間違いないと思います。iPhone8及びiPhoneXに搭載されるということで、当然ながら後継モデルであるiPhone9には搭載されると思われます。

ワイヤレス給電というのは、すでに世の中には認知された技術ということで、正直なところiPhoneで初めて搭載というわけではありません。それでもiPhoneに搭載されると不思議とそれが最先端の技術と錯覚してしまうということは本当に不思議ですよね。

iPhoneはいつも先進的なイメージが強いものの、結構昔からあるかれた技術も投入しているという印象です。

今回ワイヤレス給電が採用されるということで、Androidでもまだ同様にワイヤレス給電技術が採用されるいわゆる再加熱する可能性は十分にあるかと思います。

GALAXYシリーズなどでは同様にワイヤレス給電技術が採用される可能性が非常に高いですね。

有機ELモデルが今後メインに FaceIDが全機種に搭載予定

2018年モデルのiPhoneにFaceIDが全部付く予定 廉価版のiPhoneにも?

こちらの記事を見てもらいたいのですが、すべてのiPhoneにFaceIDが付くかもしれません。

そうなることで、有機EL需要はかなり増えてくると思われます。

KGI証券のKUO氏による発言があったようですが、信憑性が高いことで有名です。FaceIDという今回iPhoneXに新しく搭載される機能ですが、すべてのiPhoneに搭載されるとなるならホームボタンが削除される可能性が非常に高いということも示唆されております。

ホームボタンがなくなるということで、今後iPhoneがどのように変化されるのか非常に楽しみですね。

iPhone8 iPhoneX 機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone9の名称はもう使われないかもしれない

iPhone9という名称はもう使われないかもしれません。iPhone9という名称はもうすでに廃れてしまった名称になっていくのでしょうか?

iPhone9はもう発売されないかもしれない iPhoneXで命名規則が変更に?

こちらの記事となっておりますが、iPhone9という名称はもう使われないかもしれません。iPhone9という名称にならずに別の名称になるのかもしれませんね。

少なくともiPhone8sという名称が使われるということはない可能性が非常に高いです。iPhone8sというのは実質的にiPhone8の後継モデルとなるわけです。iPhone7sも採用されなかったので、iPhone8sが採用されなかったとしても不思議ではありませんからね。とはいうものの、実際のところ後継モデルになることは間違いないのです。

今のところまだどのような名称になるのかまだ具体的なことはわかっておりません。今後のことはわからないといってしまえばわかりません。

ただしiPhoneの名称というのは、誰もが気になるところです。iPhone9でいいとおもいますが・・・どうなんでしょうか?となるとそのうちiPhoneXとも名称がかぶってきますからね・・・非常に悩ましいところです。

iPhoneX2という名称になる可能性もあります。iPhone9からiPhoneX2という名称に変更されたところで、実際には何も変わらないかと思います。

iPhoneX2 /Plus iPhoneⅪ XI スペック 予約 価格 容量 2018年モデル ドコモ au ソフトバンク

iPhoneX2として発売されると有機ELが搭載されることになります。

最新の情報では廉価版のiPhoneも発売される可能性があるということで、実際にはどうなるのでしょうか。

2018年モデルはiPhone9という名称ではない可能性が高い

2018年1月12日追記

2018年に発売されるモデルというのはiPhone9ではない可能性が非常に高いです。

iPhoneX2 /Plus iPhoneⅪ XI スペック 予約 価格 容量 2018年モデル ドコモ au ソフトバンク

iPhoneXPlus XP アイフォンテンプラス スペック 発売日 価格 予想 まとめ 大画面モデル

こちらiPhoneXをベースに製造される機種になる可能性は十分にありえます。

iPhone9という名称ではなく、別名称で発売される可能性がありますが、実際には後継モデルという位置付けとなります。

iPhoneは非常に人気のあるガジェットのため、名称がどのようになるのかというのは非常に注目を浴びているところです。

今のところ名称が確定しておりませんので、なんともいえませんが、iPhone9という名称ではないような気がしますね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。