ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

au ソフトバンク ワイモバイルもキャッシュバックを廃止 禁止にするのか?

ドコモがキャッシュバックを廃止する件を発表しましたが、それに伴い各社の動向が非常に気になるところです。

キャッシュバックを廃止するということは、代理店にとっては死活問題でしょう。

インセンティブを減らすこともそれには盛り込まれているというのですから、ドコモだけが儲かるようなシステムを構築しようとしているのです。

キャッシュバック特典はある?

このようなサイト知っていますか?ネットだけで完結するオンラインショップです。

ソフトバンク系への乗り換え施策を実施しているオンラインショップとなります。

スマホ乗り換え.comこちらのリンク先から現在の乗り換え状況を確認することも可能となっております。

スマホ乗り換え.comへの問い合わせは無料で行われますので、ぜひ検討いただければと思います。

せっかくならキャッシュバックなどがほしいですからね。

携帯電話はインフラ

携帯電話はインフラです。インフラなので、ないと困る人のほうが確実に多いわけです。

ないと困るというより、なくてはならないという存在になっているのではないでしょうか。

モバイル市場はここ数年でかなり伸びましたが、実際のところ日本の人口が現象に転じている時点でもう伸びしろは少なくなってきているわけです。

伸びしろが少なくなってきているということは、日本市場ではこれ以上契約は伸びないということです。

契約が伸びないなら他社から奪うしかないということでMNPが流行ってきていたわけですが、実際にMNPをする人は各社を渡り歩く人が多く、実際に利用しているキャリアに対してはそれほど執着のない人が多いのです。

2019年にはいってもキャッシュバックは実施中

MNPによるキャッシュバックというのは、2019年にはいっても実施されております。

そこまで大体的には実施していないように感じますが、MNP時にキャッシュバックを配布しないと、やはり契約が取れないという現状があるようです。

本来総務省などはキャッシュバックを禁止しておりましたが、キャッシュバックを禁止するということは、それだけ端末が売れなくなるということにもなるのです。

公平な観点からすると普通に機種変更ばかりしている人は、恩恵を受けることが厳しいですが、MNPをしながら少しでもスマホをお得に持ちたいという人も結構いるのです。その人からするとキャッシュバックがなくなるということは死活問題です。

毎月の維持費も重要ですが、スマホを購入するタイミングでキャッシュバックを貰えるということも非常に重要なことになります。

それでも以前と比較するとかなり縮小傾向になることは間違いないでしょう。

今後キャッシュバックは縮小傾向になっていくことはほぼ間違いないと思われます。

ドコモも新しい料金プランを出してきました。ギガホとギガライトと呼ばれる新しいプランとなっており、2つの選択肢から選ぶようになります。

新しいプランが出てきたことに伴いまたキャッシュバックなどもなくなっていくものと予想されます。

auやソフトバンクにはチャンス

実はドコモがキャッシュバックを行わないと明言している以上この2社は非常にチャンスなのです。

この2社がキャッシュバックをそれなりに継続することができれば、今のドコモユーザーをかなり奪えるチャンスなのです。

そのチャンスを逃さない手はありません。やはりドコモはユーザー数も一番多いので、この2社は奪えるチャンス到来といったところではないでしょうか。

是非この2社+ワイモバイルはキャッシュバックを継続して欲しいところですね。

総務省が新しい指針

格安料金プランは5000円以下 総務省が携帯電話の料金を指示

こちらが新しい指針になっております。

非常に残念な指針だと思いませんか?5000円以下程度を格安とするということですが、MVNOはすでに5000円以下のプランがかなり出てきております。

そんな中での5000円以下が格安という定義付けをしたのです。

キャリアは回線以外にも色々なサービスを展開しているので、仕方ないと思いますが、それにしてもこれはないと思いませんか?

個人的にはもっと安価なプランが欲しいところですが、やはり難しいのでしょう。

ちょっと悲しい現実ですが、維持費がそれなりに高いわりには、残念ながらMNP時のキャッシュバックも減ってしまいます。

これでは本当に携帯が売れない世の中になるでしょうね・・・非常に残念です。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

2017年に入ってどうなったか?

2017年に入って店舗によってはキャッシュバックなどを実施している店舗もあるようです。

しかしながら基本的にはキャッシュバックというものはなくなってきました。

今は機種変更を行う人のほうが多いという現実があるようですね。

しかも機種変更を行う場合は楽にまたオトクに機種変更を検討している人がかなり増えてきました。

その為最近はオンラインショップを利用する人がかなり増えております。

オンラインショップは頭金が不要となっているので、頭金がないというだけでオトクに購入することが可能です。

<ドコモ>

<au>

<ソフトバンク>

<ワイモバイル>

こちらがオンラインショップとなっているので、ぜひ検討してほしいですね。

2018年にはいってもキャッシュバックはある

2018年にはいってもまだキャッシュバックというものはあります。

キャッシュバックを利用してスマホを購入する人というのはかなり減ってきておりますが、それでもキャッシュバックを利用して購入する人は一定数います。

数年前にキャッシュバックにて購入することで、それなりに美味しいおもいをした人にとってはキャッシュバックでスマホを購入するということは、当たり前になっているのです。1年に1度のペースでスマホを購入し続けるという人もかなり多いと思います。

基本的にスマホを購入する人というのは、キャッシュバックがつくMNPのほうがお得ということを知っているのです。

とはいうものの以前と比較するとかなりキャッシュバックなどが減ってきたと思います。

キャッシュバックを払うことに対して総務省がかなり牽制をしているからです。キャッシュバックをするということで、一部の人だけが恩恵を受けるということをかなり嫌っているわけです。

そして機種変更の人に対しても恩恵を与えるような施策というものを出すようにという指導が総務省から定期的に入っているようですね。

2018年もこのようなことは継続して続くと思われます。ただしキャッシュバック廃止となると本当にスマホが売れなくなるということにもなり、メーカーとしてはかなり辛い状況にもなるでしょうね。

現金のキャッシュバックはなくなってきた

現金のキャッシュバックというのは基本的にありません。

ウォレットバックなどをメインに考えていると思います。

ウォレットバックいわゆるAUウォレットへの還元を行うことで現金化されるようになるということです。。

現金でのキャッシュバックというのは、そこまで少なくなったのかということですが、利益供与にあたるからでしょうね。

ベースは現金還元ではなく、なにか商品券のようなもので実施する必要があります。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。