iPhone7 /Plus 音楽が聞ける ヘッドフォン端子が廃止? 薄型へ向けて

iPhone7 /Plusではさらに薄型に進化する可能性があります。

iPhone7というのは、今からすでに人気のあるガジェットですが、なんとヘッドフォン端子がなくなる可能性があるというのです。

そこまで薄型にこだわる

Appleはそこまでして薄型にこだわっているようです。

確かに薄型にするというメリットはかなりあると思いますが、有線のプラグを使えないということはかなりの人に対してストレスになるでしょう。

過去の有線ヘッドフォンが使えない(線だけ変えたら使えるが・・・)なんてことも可能性としてはあるわけです。

薄型にこだわるということは非常にいいと思いますが、設計上どうしてもヘッドフォン端子が邪魔になったのでしょう。

確かに邪魔だとは思いますが、ユーザーの利便性を損なう恐れがかなりあります。

それなら3.5φよりも小さな穴を開発して欲しいですね。それはApple専用でもかまいません。

もっと小さい穴にすればそれなりに解消はするのではないでしょうか。

有線廃止ならBluetoothのみに

有線が廃止されるということはBluetooth接続になるわけです。

それはそれでいいとは思いますが、先ほどお伝えしたように買い直しするものや買いましするものが増えるわけです。

それはユーザーにとってはありがたくないことでしょう。

ひょっとするとiPhone7では付属品にBluetoothがついてくるのかもしれませんが・・

まだそこまでの具体的なことはわかりません。

それでもこの情報は少し微妙な感じがしますよね。当然ながら悪いとは思いませんが・・・

初回投稿日:2015年11月30日