スマホに防水はメリットかデメリットか iPhoneやAndroidに必要?


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

スマホに防水が欲しいと思っている人は非常に多いと思います。

果たして防水機能というのは必要なのでしょうか?

個人的な見解

あればいい、なくてもOKというくらいです。

なぜその程度でいいのか?ということですが、防水機能を過信しないことが重要になります。

そもそもスマホというのは精密機器です。

精密機器に水は大敵です。

なぜ精密機器に水は大敵なのか?ということですが、水は電流を流しやすい性質を持っております。

濡れたところに電流を流すと当然ながら誤作動を起こすわけです。

誤作動を起こすということは、故障の原因になるわけですね。

完全に乾けばOK?

基本的に乾けばOKということになります。ただしあの複雑な形状を乾かすことは不可能です。

それなら防水機能があればいいのでは?と思うかもしれませんが、個人的にはトイレに携帯を落とした時くらいしか想定できません。

それ以外はあえて水場にスマホを持っていかないことをオススメします。

お風呂でテレビが見れるって?

確かに見ることは可能です。ただしあれだけ湿気のあるお風呂です。

防水がきいていたところで、毎日お風呂に持って入れば、やはりよくありません。

むしろ不具合の元になります。

だから防水スマホであっても風呂に持って入るのはNGだと思います。

その為防水があるから大丈夫という過信は禁物なのです。

それなら防水がないほうが、いいと思いませんか?

防水がないと気をつけることが増えると思いませんか?

トイレには注意

トイレに落としたけど防水があったから助かったなんてことあると思いますが、個人的にはトイレに落としたものなど使いたくないです。

というのが本音ですね。

とくに用を足した後に落としたやつ使えますか?

使える人なら防水にしておいたほうがいいでしょう。

私は無理です。無理なので、防水があろうがなかろうがどちらでもいいのです。

基本的にトイレには落とさないように細心の注意は払いますが、一番こわいのはお酒によった時の胸ポケットです。

これさえ気をつければ大丈夫だと思います。

防水機能があるから過信するのであってなければ気をつけます。

そのあたりは注意する必要がありますね。

防水スマホは非常に増えた

日本で発売されるスマホの大半は防水スマホになってきました。iPhoneも防水に対応したモデルが発売され、Androidでも防水に対応したモデルがほとんどです。

実は防水に対応しているモデルというのは非常に人気があったわけです。ただし防水に対応しているモデルが永久に防水に対応するかといわれるとそういうわけではありません。

防水性能というのは実は劣化するのです。

劣化するので、残念ながら永久に防水性能が保たれるというわけではないのです。

実はそのことを知らない人も結構多いわけです。

こちら2018年に発売されたAndroidですが、実はこちらも防水には対応しているものの、永久ではないわけです。防水性能というのはざっくりですが、2年間といわれております。

2年間しか防水性能というものは持たないケースがほとんどです。このあたりは覚えておくほうがよさそうですね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。