【TikTokインストール(無料)】
インストール&5日間連続10分動画視聴で
4000円プレゼントキャンペーン中

1.インストール後初期登録
2.ライブ動画の垂れ流し
PayPayやdポイントプレゼント
招待コード:AB338619061

以下リンク先より、インストールください。
4,000円分!お友達と一緒にギフトをもらえるチャンス♪

4000円の受け取りにはPayPayがおすすめ!

悲報 ドコモ 改悪で 乗り換え MNPを副業にすることは困難に

 

ドコモがどんどんプランの改悪を行っております。

MNPを繰り返すことによりそれを副業にしている人も多かったと思いますが、どんどん改悪されていっております。

20150825074029

 
事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。ワイモバイル公式オンラインショップ上記クリックで、ワイモバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

最も大きな改悪は?

やはりこちらの端末購入サポートでしょう。

ドコモ 端末購入サポート 解除料負担 実質14ヶ月契約必要 メリット 対象機種
ドコモから端末購入サポートという施策が出ています。 端末購入サポートというのはどのような施策なのでしょうか。 どのような施策なのか知りたい人も多いと思います。端末購入サポートに関しての情報をお伝えしたいと思います。 端末購...

この端末購入サポートというものですが、残念なことに14ヶ月維持する必要があるプランになっております。

14ヶ月くらいなら普通の人は維持しながら使うんでは?と思うかもしれませんが、携帯電話をMNPすることにより副業化している人は毎月のランニングコストというものがかなり厳しいものと思われます。

その為毎月のランニングコストを減らすことが出来ないこのプランというものは確実に改悪なのです。

MNPした場合14ヶ月間その機種を継続して維持する必要があること自体が次のMNPへ行くことを阻害しているわけですね。

ブラックリスト

ドコモはざっくり180日以内の解約をした場合にブラックリスト入りするといわれております。

ドコモ ブラックリスト BL 条件 審査 ローン 短期解約 再契約できない 分割審査がおりない
ドコモで契約しようとした時に断れることがあることを知っていますか?普通に契約しようとして断られるなんてありえない?と思っている人も多いでしょう。 こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。 実はドコモの契約は...

よって180日を超えたものに関してはMNPしたいと思う人も非常に多いわけです。

それがMNPすると端末購入サポートにより違約金が発生するわけですね。

それが原因で、MNPすることが困難になります。

余計なランニングコストが発生するわけですね。

ランニングコストが発生するということは携帯を安く維持しようとしている人にはとてもつらいです。

携帯をMNPすることにより儲ける為の式

携帯売却益+キャッシュバック>MNPに関わる手数料+ランニングコスト

この式が成り立つと儲かるわけですね。

それがこの式が最近成り立ちにくくなってきております。

副業としてMNPを繰り返すということは薄利になってきたことは間違いありません。

ランニングコストも今後は抑えることは難しい

携帯情報.コム
ドコモ au ソフトバンク 最新スマホの情報を掲載 iPhone15 Galaxy S23 Xperia 1 V

こちらの記事をみてもらえればわかると思います。

カケホーダイはスマホの場合2700円のランニングコストが発生するので、他のプランに変更したいと考える人がいると思いますが、封じられてるようになるのです。

最も困るのは?

MNPをする人が少なくなるということで最も困る人は代理店の人とメーカーです。

メーカーは端末が売れてナンボです。

代理店も契約が出来てナンボです。

そのためこれらの会社に所属している人はあまりにもキャリア側が改悪すると本当につらいです。

MNPの施策やMNPを副業にしている人が減るとこれらの人も困るわけです。

MNPだろうがなんだろうが、契約をしてくれる人が減るということが一番つらいと思いますね。

各社情弱ユーザーに安く見せる為に必死

よくわかっている人はMNPを繰り返すことをやめていく人も多くなってくると思われます。

ただし問題は情弱ユーザーなのです。

情弱ユーザーは安いと飛びつくわけです。

別にそれはそれでも問題はありませんが、今からMNPを副業として始めようとしている人にとってはこれは本当に死活問題です。

情弱ユーザーがひょっとしてこれから飛びつくかもしれませんが、基本的に飛びつくと非常に勿体無いです。

MNPはほんの一部のよくわかっている人達だけが儲かるのです。それ以外の人は儲けるどころかきっとマイナスになる人のほうが多いでしょう。

ただし普通に携帯を維持することを考えると儲けられなくても安く維持出来たりとそういうメリットはあるので、いいのかもしれませんね。

まずは一括0円の案件をたくさん見つけ出すことです。

それと優良店舗を見つけていくことです。その為にはやはり日々努力が必要になってくるわけですね。

それが出来ないと結構厳しいかもしれません。

出来ることなら信頼の出来る店から購入したいですよね。その為には定期的に店に足を運ぶということも必要かと思います。

そういう努力も必要になってくるわけです。

2017年も同様にMNPをする人は減少

2017年も同様にMNPをする人は減少の一途です。

MNPをする人というのは、美味しい条件というものを狙うわけですが、やはり美味しい条件というものはあまりないように思います。

美味しい条件というのはauへのMNPはそれなりにお得なのかもしれませんが、それ以外はそんなに美味しい条件でMNPを出来る条件というものはできません。

基本的にMNPというのは昔はかなり美味しかったですが、2017年に入ってそんなことはほぼありません。

むしろ美味しくはないのです。そういうことを考えるとやはりMNPをせずに機種変更を行うほうがお得なのかもしれませんね。

結果的にMNPというのは面倒なので、機種変更を狙う人のほうが多いでしょうね。

ドコモだけの問題ではない

MNP改悪というのは、ドコモだけの問題ではありません。
auもソフトバンクも含めてMNPに対する施策というのは、ほぼなくなってしまったといえるのではないかと思います。
昔はMNPがそれなりによかったのですが、それを知っている人からすると今MNPはもう行わないという人がメインですからね。
基本的にMNPというのは、他社から契約を奪うということで、他社−1で自社+1ということで、効果はかなりのものでした。
それがMNPをする人も少なくなり、MNPで儲けるということはもう過去のことになってしまったのです。
それに伴い携帯業界というのは、残念ながらドル箱ではなくなりました。
数年前まではドル箱だったわけですが、今から新しい携帯ショップを立ち上げようと思う人はいなくなったのです。

タイトルとURLをコピーしました
ドコモ公式