ドコモ ブラックリスト BL 条件は? 短期解約 再契約できない場合

ドコモで契約しようとした時に断れることがあることを知っていますか?普通に契約しようとして断られるなんてありえない?と思っている人も多いでしょう。

実はドコモの契約は断れることも普通にあるのです。

他社であっても未納はいけません。未納を解決しないとドコモには契約出来ない可能性が非常に高いです。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

ドコモオンラインショップでトライしてみる

せっかくならドコモオンラインショップで契約してみることをオススメしたいです。

ドコモオンラインショップを利用して契約しても、もしブラックリストなら断られます。

そのためドコモオンラインショップを利用して一度契約してみるということをオススメしたいと思います。

こちらが、ドコモオンラインショップのホームページとなります。

事務手数料が無料となり、非常にメリットがあります。

ドコモと契約ができないまとめ

主な原因として以下のことが考えられます。

✔ドコモで支払いの遅延や支払いできなかったことがある。
✔他社でも同様の支払いの遅延や支払いができなかったことがある。
✔短期解約を何度か繰り返したことがある。

実は過去実績をベースに契約できるかできないかの判断をされるケースが大半です。
そのため実際には、初めて契約する人はよほどのことがないと断られることはありません。
いわゆるブラックリストになるまだリスト化されていない状態なのです。
リスト化されていない状態なので、ブラックリストにも入り用がないわけです。

他社での未納情報は、共有されているということは、忘れないでください。

契約期間が気になる

過去にドコモを短期解約していませんか?

短期解約は90日以内の解約です。

90日以内に解約すれば、ドコモはブラックリストとして候補に挙げます。

ただし長期契約のものがある場合などをのぞいては1度ではブラックリストに入る可能性は低いと思います。

数回実施している人がブラックリストに入るわけです。

また2in1の契約からMNPの転出を行っている人も要注意です。

2in1でMNPの転出している場合も90日以内であれば短期解約扱いされるので注意が必要です。

一時期MNPのネタに2in1を繰り返している人が散見されました。

実はこれが結構問題視されたので、ドコモもMNPしにくくするように対策を講じたのです。

ドコモで契約したら90日以内での解約はNGということは覚えておきましょう。

マイドコモに契約年月が出るので、契約が4ヶ月目以降のMNPの転出なら問題ないと思います。

✔過去に短期解約をしていないかどうか確認する
✔短期解約を繰り返すと契約できないケースがある

2021年に入り短期解約を繰り返すという人は本当に少なくなってきたと思います。

携帯の維持費が最近非常に高くて結構つらいんだけど

ドコモの番号保管サービスを使って 毎月の維持費を400円に抑える
ドコモは非常に維持費があがってしまいました。 Xi契約の場合最低維持費がカケホーダイプランしか選択出来なくなり、2700円というかなり高額な料金の支払いを求められます。 ここで出てくるのが番号保管サービスというものです。 ドコモは自分...

ドコモには番号保管サービスというものがあります。

番号保管サービスというのは、自分が利用している番号を寝かすことができるサービスとなっています。

一応こちらを確認して欲しいと思います。

これでかなり維持費を抑えるところですね。

それにしても最低維持費が高くなりましたよね・・・

結構つらくないですか?

これを使いましょう!この番号保管サービスを利用することができればかなりお得に契約を続けることが可能となっており、非常にメリットが出ます。

番号保管サービスを利用する人というのは基本的には海外への転勤や長期出張時に料金の支払いがもったいないという理由で申し込む人が多いわけですが、いわゆる寝かせるということをメインに考えている人もこのプランを検討するわけです。

番号保管サービスの利用は使わないスマホの料金を払わないようにするためにも利用する人がいるということです。

高くなってきたということで、ahamoという新しい料金プランも出てきました。

ahamo アハモ メリット デメリット テザリングは? プラン変更はお得なのか?
ahamoというドコモの料金プランが出てきたことはニュースにもなっており、知っている人も多いのではないかと思いますが、自分がahamoにするほうが得なのか損なのか?ということは知っておいたほうがいいのではないかと思います。2021年3月26...

こちらahamoと呼ばれる料金プランです。こちらのプランを契約する人も今後間違いなく増えてくると思われます。

一旦ブラックになったら

とりあえず他社へ逃げるしか方法はありません。

逆に言い換えれば絶対ドコモで契約する必要はないと思います。

昔はドコモでないとダメなどと言われておりましたが、最近は他社でも十分電波の入るところが多くあります。

よって他社へ逃げるという手もありですね。

そしてなんといってもMVNOに逃げるという手もありますね。

通常ドコモ回線を使っておりますが、審査はドコモの審査を通ることはないと思います。

よってMVNOで契約をして安価に毎月の維持費を抑えるというのも手ですね。

ただしMVNOでも与信審査というものもありますので、同様にブラックになる可能性も十分にありえるかと思います。

MVNOだから大丈夫ということはないかと思います。

✔MVNOだから大丈夫というわけではない
✔MVNOでも入会審査は存在する

結局のところ審査はMVNOであったとしてもあるわけです。

そのうちブラックの喪があける

一旦ブラックになっても他社の未納がない限り、半年ほどで喪が開けると言われております。

どういうことかというと、そのうち契約出来るようになるということになります。

しかしながら、こればかりは契約を通さないとわからないので、その度に契約をしに店まで行く必要があるわけですね。

非常に面倒なことですが、ブラックになったのは自分自身のせいでもあるわけですから仕方ありませんよね・・・

半年後がダメなら1年後という感じになると思います。

特価ブラックという考え方が出てきた

2015年9月からさらに条件が厳しくなりました。

ドコモ 特価BL (ブラックリスト) 契約は出来るが割引が出来ない 事態が発生中
ドコモの特価BLというものを知っていますでしょうか? 特価や割引が出来ないというブラックリストです。特価の特典を受けることは出来ませんが、普通に購入することは可能なのです。 店が実施している施策の割引を受けることが出来な...

特価ブラックリストというものが出てきております。9月頃話題になった月々サポートが付かないけど契約出来るというやつです。

要するに契約は出来るけど、特価対応は出来ないといういわゆる乞食対策です。

携帯乞食対策が各社かなり強化されるので、非常に厳しくなると思われます。

個人的にこの施策によってかなりの契約が減ると思われます。メーカーや代理店は本当に辛いですよね・・・

この特価ブラックというものはなかなか喪が開けません。

そのため一度特価ブラックになると端末購入サポートなどを利用して購入することが非常に難しくなるのです。

いわゆる一括値引き処理などの施策を受けることができなくなるのです。ドコモはこれに関してはかなり厳しい施策の措置をとっており、本体代金は基本的に定価で購入する必要があるのです。

定価で購入するということは、それだけ高額な機種をかわされる可能性があります。

ただしこの特価ブラックでも私の場合は機種変更時の月々サポートは付きました。MNPなどをする時には残念ながら端末購入サポートが付きませんでしたので、そこは注意いただく必要はあります。

特価BLの回避策

ドコモのMNPに対する 施策の割引適用回数は 2年で10回?
ドコモのMNPに対する施策がかなり厳しくなっていることは、ここでも書きました。 一応その基準はドコモ的には明示しておりませんが、今のところ言われているのは、2年で10回程度の割引を受けた名義人に対して、特価販売をしないという縛りのよう...

こちらがその条件?かもしれません。

この条件というのは2年間で10回ほどの割引を適用させていると次回から割引を受けることが出来なくなります。

2年間で10回ということは、過去に受けた割引が2年以上前であれば、問題ないということになりますので、期間をあけて契約すれば問題ないということになります。

ただしこれは本当に2年間で10回なのかどうかというのは具体的にはわかりません。ただしだいたい信ぴょう性があるのではないでしょうか。

ドコモはこのあたりの期間に関しては明示しておりません。

明示していないので、具体的にはわからないのです。目安としてそれくらいと覚えておくといいでしょう。

月々サポートなどの恩恵を受けることが出来なくなれば、本当に悲しいですしね・・・

今後も引き続き

このドコモの特価BLなどは引き続き継続するでしょう。となれば、ソフトバンクは喜んでこの施策に飛びついてくると思います。

ある程度儲けさせてあげた顧客に対しては制裁を加えていくのです。ソフトバンクの場合はiPhoneを結構安価に販売する傾向があるので、iPhoneの場合はさらなる制裁を加えていくのではないでしょうか。

このことはあまりニュースにはなりませんが、本当に契約出来ないという事態がかなり頻繁に発生するものと思われます。

非常に辛い世の中であることは間違いありません。auさえこのような事態にならなければいいのですが・・・

今はauは一番ゆるいですよね・・・ドコモ、ソフトバンクは本当に契約しづらくなりました。

普通に維持するほうがお得

今後は普通に契約をするほうが間違いなくお得だと思います。普通に契約するといってもキャリアモデルでは勿体無いです。

今後はSIMフリー+MVNOの組み合わせが一番いいと思うのです。

今後MNPで儲けることはかなり難しくなります。それでも儲からないわけではありませんが、儲けようと思ったところで、それほど儲からないのです。

そう考えると普通の契約を行うほうがお得だと思いませんか?

案件を探して美味しいところで契約を行うことが毎回できればいいですが、そういうわけにもいきません。

普通のSIMフリーを購入してMVNOで使うのです。出来ることならキャリアモデルのものは手元には残さないほうがいいでしょう。

手元に残すということは、それだけ費用が発生するのです。

最低維持費が通信量まで含まれるということになれば、維持費はかなり高額になることは間違いありません。

そう考えるとはっきりいって今の契約はこのままMNPせずに違約金のかからない範囲でドコモなら番号保管サービスなどを使うといいと思います。

そうすることで、安価に維持することが可能で2年後に解約することがいいと思いますね。

是非検討して欲しいと思います。

自分がブラックリストに乗っている場合は家族も注意

自分自身がブラックリストに乗っている場合というのは、その家族も注意したほうがよさそうです。

ドコモ 特価 ブラック BL 家族 も巻き添え 支払者に注意
ドコモの特価ブラックという制度を知っていますでしょうか? 特価ブラックというものはどういうものか?ということですが、ドコモの機種を購入しようとしても過去に何度も特価措置を受けている人に関しては特価で購入出来ないというものです。 ...

家族も巻き添えを食らうことがあるのです。家族が巻き添えを食らうというよりも支払いする人がすでに特価BLの可能性があったら支払者も変更するほうが良さそうですね。

特価BLの条件というのは色々あると思いますが、審議に入ると基本的にはNGになるようです。

過去の支払い実績なども考慮されるようで、同時にかなりの台数を契約しようとするとひっかかりやすくなります。

本当に厄介なので、気をつけるべきですよね。

同一家族での特価BLというのは気をつけたいところです。ブラックリスト入する人というのは家族も巻き添えにするケースがありますので、その場合家族も気をつける必要があります。

✔特価ブラックになると家族もブラックになる可能性が高い
✔複数同時に過去にMNPで契約して高額キャッシュバックを受けた人は注意

本当にこれは注意が必要です。結構知らない人も多いと思います。

ドコモでのブラックはオンラインショップでもなる

ドコモオンラインショップでもブラックにはなるようですね。

実際に契約出来ないケースがありました。

ドコモオンラインショップで契約出来ないのは痛い ネットショップはその場での判断がないので

こちらをみてもらいたいのですが、実際に契約出来なかったケースです。

ドコモオンラインショップで契約出来ないというのは本当に痛いですね。

とはいうものの、直近の数ヶ月前にドコモを大量に解約しております。恐らくそういうことも影響していると思いますね。

ちなみに大量に解約といっても半年以上契約し続けていた契約です。ここ最近MNPがおいしくないという理由から解約をしておりました。

恐らくそれが原因だと思います。ブラックになる条件というのがどんどん複雑化していき、結局のところ一般的な判断だけではブラックの判断というのはつきにくくなっております。

やはり解約してから1年以内くらいは契約もしにくいのかもしれませんね。特にMNPなどでの転入や新規契約に関しては結構厳しい制裁を受けることが多いようです。それでもここ最近は美味しい契約が本当になくなりましたので、ドコモに契約する人も結構減ってきているように感じます。

ちなみに落とされたのはデータ契約でしたが、音声契約ならまた契約が出来たのかもしれません。なかなかそのあたりの条件も難しくなってきていますね・・・

申し込んで見ることも重要

こちらドコモオンラインショップですが、一度申し込んで見ることも可能です。

申し込みだけなら出来ると思います。その時にブラック状態の場合は、残念ながら契約が出来ませんと封書がやってきます。

ただしその時点でブラックではなかったらそのまま契約出来るのです。自分がブラックかどうか気になる時は実際に申し込んで見ることが非常に大事です。

しかもドコモオンラインショップなら自宅から申し込むことが可能となっておりますので、自宅から申し込むことで、かなり楽ですよね。

自宅にいながら入力することも可能となっておりますので、わざわざ店舗に確認する必要はありません。

自宅からの購入をしたいという人は本当にむいているのです。当然ですが自宅以外でもスマホから購入することも可能です。通勤時間などにスマホを購入することが出来るのです。

それがまさにドコモオンラインショップなのです。

ドコモの特価ブラックが解除に? 契約して確かめることが重要

上記の記事でブラックの件を解除されているかどうか一度契約してみることも大事だということを記載していますが、5月に入って特価BLがどんどんなくなっているという記事を色々見るようになりました。
実際に特価ブラックになった人もこの記事を見ている人の中にはいるかと思いますが、特価ブラックになった人にとってはこれほど痛いものはないと思います。それこそMNPをした時に安価に機種を購入することが出来ないので、それは本当に辛いですからね。そういう人にとっては間違いなく特価ブラックが解除されているかどうか確認して見る必要があると思います。
やはりいちばんいいのは実際に契約してみることです。実際に契約してみることで、ブラックになっているかどうかすぐにわかるわけです。
ドコモオンラインショップで契約した人は実際にブラックになっているかどうかというものをはがきで郵送して教えてくれます。
実際にはそんなに具体的には書かれておりませんが、実際にはそれでわかるので、一度登録してみるということも非常に需要なことかと思いますね。
最近は携帯をバンバン契約する人もかなり少なくなってきましたので、実際に契約する人自体がかなり少なくなってきており、このような施策の解除を行ったものと思われますが・・・それにしても一度にかなりの数のスマホを解約したりするとやはり危険なことは間違いありません。そのあたりも注意が必要かもしれませんね。

総務省の影響からMNPを繰り返す人も少なくなりブラックの人も少なくなった

総務省の影響により、MNPを繰り返す人が非常に少なくなりました。そのため通常の支払いを行っているにも関わらずブラックになっている人は非常に少なくなりました。

一時期大量に契約をして大量に解約を繰り返すという人はブラック扱いになるケースが非常に多かったのですが、今ではそういうことはなさそうです。

ブラック扱いになるケースは以前と比較して非常に少なくなりました。

総務省の影響に伴い、MNPにて美味しい契約を排除する動きに乗り出していたのです。その施策から約2年が経過し、大量に解約をした人もほぼ2年前の話です。

2年ほど経過した場合はいわゆる喪があけると呼ばれブラックが解除されている人もかなり多いことは間違いないでしょう。

それでも2018年に入ってもやはりブラックになる人というのはいます。

冒頭にも記載がある通り、未納です。未納は間違いなくブラック扱いになるので、本当に気をつけたいところです。

未納が続けばそれこそローンにも影響があるので、オートローンを組むことが出来ない、最悪の場合住宅ローンを組むことも出来ないなんてことが多くあります。

たかが携帯とおもっては本当ダメです。本当に気をつけないと大変な目にあうことになりますので、気をつけたほうがいいかと思いますね。

ドコモの36回払い 審査は厳しくなるの?

ドコモがスマホおかえしプログラムを発表しました。

このプランというのは36回払いのプランとなっています。

スマホおかえしプログラム ドコモ 本体代金 割引施策を開始 実質的な下取りを開始
ドコモがスマホおかえしプログラムと呼ばれる施策を開始します。 非常にメリットのある施策なので、オススメできる施策となっております。 それではどのような施策なのでしょうか。 スマホおかえしプログラム適用条件 ス...

こちらのプランを選択すると審査は厳しくなるのか?ということですが、おそらく審査は厳しくはなりません。

今までと同じかと思います。

36回払いのプランであったとしても審査は同じ基準で審査されると思われます。

ドコモは新料金プランを出してきたことにより、2019年6月1日からは新料金プランのみとなります。

それがドコモとして吉と出るか凶とでるかどうなるのでしょうかね。

預託金の支払いで契約出来るケースも

判定はブラック判定であるものの、預託金の支払いを行うことで、契約出来るケースもあります。

ドコモ 預託金 支払わないと契約が出来ない 条件はどんな場合? 利用できないことがある?
預託金という言葉を聞いたことありませんか? そもそも預託金というものはなんなんでしょうか? 預託金とは、民法上の寄託として、一定の期間、預ける金銭のことをいいます。 ゴルフ場の会員権を購入する際に預ける金銭などがこれにあたり、...

こちらに具体的に掲載しております。預託金の支払いで契約出来るということは、ブラック契約の一歩手前です。

預託金を払うことで契約が出来るということは、一旦はお金を預けることで、契約は認められているわけです。

しかしながら預託金を払うということは、一般的にはありえません。普通に契約をしていると預託金の支払いを求められることもないため、このような状況になるということは、結構な状況であることは間違いありません。

そもそも預託金の話があった場合は、次は恐らくブラックです。その予兆と思っておけばいいかと思います。

結果的にブラックになる可能性があるということなので、注意が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました