【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


iPhone OPPO Xperia カメラ比較 違いは?きれいに撮影されているのはどれ?




 

この記事にはPR文言を含んでおります。

カメラでスマホを選択したいという人も増えているかと思いますが、どの機種がおすすめなのか?というところを今回紹介したいと思います。

今回は人気の高いスマートフォンでカメラ比較を実施していますので、どれがいいのか?というところは比較的簡単にわかるのではないかと思います。

色々な場所で撮影しようと思ったのですが、時間の都合上夜の撮影となってしまいました。

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

カメラ比較

こちらカメラ比較となっていますが、実際にカメラはどうでしょうか?

明るく撮影できているかどうかで比較すれば、iPhone14ProMAXが圧倒的に明るく撮影できていることがわかるかと思います。

明るさだけで見るなら、Xperia 5 IVのカメラが一番暗いので、暗室で撮影する場合だとどうしてもいまいちという形になるのではないかと思います。

✅暗い場所ではXperia 5 IVのカメラがいまいち
✅iPhoneはかなり明るくておすすめ

最近はスマホで撮影した写真をそのままSNSにアップする人も非常に増えていることから、カメラの性能にこだわる人も結構多いと思います。

価格的に非常に安価に販売されているOPPO Reno10 Proのカメラがかなりおすすめ出来るのではないでしょうか。

OPPO Reno10 Proは最大20倍まで撮影可能

OPPO Reno10 Proは最大20倍までの撮影が可能となっていますので、遠くを撮影しようとしても、20倍までズーム出来るのであれば、全く問題ありません。

そのためズーム性能を利用してハイスペックなカメラを利用したいのであれば、OPPO Reno10 Proということになります。

最近Redmiシリーズの認知も日本では上がってきたと思われますが、特にProモデルであれば、カメラの性能はかなり高めだと思います。

iPhone14やiPhone15のほうがカメラ単体での性能は上だと思いますが、コスパを考えると一番いいのではないでしょうか。

✅Xperia 5 IVは7.5倍まで
✅OPPO Reno10 Proは20倍まで
✅iPhone14ProMAXは15倍まで

ズームの倍率だけでいうとiPhone14ProMAXよりも倍率は高いので、それだけでも相当おすすめ出来るかと思います。

ズーム性能が高いカメラというのは、遠くの小さいものを大きく撮影することができますので、かなりおすすめ出来るかと思います。

イメージセンサーはすべてソニー製

OPPO Reno10 Proのカメラというのは、すべてソニーのイメージセンサーが搭載されております。

広角:約5,000万画素 ソニー IMX890、OIS対応、F値1.8
2倍望遠:約3,200万画素 ソニー IMX709、F値2.0超広角:約800万画素 ソニー IMX355、F値2.2、画角112°

インカメラ:約3,200万画素 ソニー IMX709、AF対応、F値2.4

こちらが搭載されているカメラとなっていますが、イメージセンサーはすべてソニー製ということがこちらからもわかるのではないでしょうか。

OPPOではソニー製のイメージセンサーをここまで採用しているのに、ソニーが採用していないのでしょうか。

本当にそれが気になりますが・・・

ソニー製がある意味ブランドになっているのでしょう。

コスパを考えるならOPPOがおすすめ

コスパを考えるのであれば、OPPO Reno10 Proを選択することをおすすめしたいです。

カメラの性能も非常に高く、スマホののりかえを利用すればかなり安価に利用することが出来るからです。

✅コスパが非常に高い
✅価格も非常にやすい
✅カメラ性能も高い

今後スマホの価格がかなり上昇することを考えると、2023年12月26日までにOPPO Reno10 Proを購入しておくことをおすすめしたいですね。

量販店ではかなり安価に購入することができますので、ぜひ検討してもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック