【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


携帯電話 割引上限が12月27日から変更 44000円が最大の割引となり安価に利用できるようになるのか


 

この記事にはPR文言を含んでおります。

携帯電話の端末割引の上限が12月27日から変更になります。

携帯電話を購入したいと思っている人も多いと思いますが、12月27日から変更になることを受けて、それまでに購入しておくほうがメリットがありそうですね。

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

結局どうなるのか?

結局のところどうなるのでしょうか?

✅44000円以下のスマホは22000円が上限
✅44000円超え88000円のスマホは割引の上限が50%となる
✅88000円を超えるスマホの割引は44000円が上限

こちらがルールとなりますので、このルールに適用するとiPhoneの割引上限は44000円となるわけです。

上限が設定されることにより、一括1円などの割引価格で購入できることはまず難しくなるわけです。

割賦契約の後半25回目以降の価格が高額に

割賦契約をする人が今非常に増えておりますが、割賦契約を行う場合後半25回目以降の価格がかなり高額になることが予想されます。

トータルで104,000円の機種があったとして、最大の値引きは44000円となりますので、6万円まで価格を落とすことが出来ます。

ただし前半に価格の割引をかなり持っていくことが予想されますので、前半は24円などの販売となり、後半24回の支払いを6万円にするなどの施策になるのではないでしょうか。

となると48ヶ月所持する人からすると、結果的に後半の価格が上がります。

実はこの総務省が出してきた新しい施策を利用することで、価格が上がることが予想されるのです。

端末単体の値引きが利用出来ない

女の子

今までは端末単体の値引きというものがありましたが、今後端末単体の値引きというものができません。

今までは端末単体の値引きがあることにより、スマホを安価に購入することが出来ましたが、今後残念あんがらスマホを安価に購入することはできません。

スマホを少しでも安価に購入しようと思っても、規制にひっかかるのである程度スマホ本体代金の支払いは必須となるかと思います。

✅スマホ本体代金の支払いは必須に
✅一括1円が成立するのは、2.2万円以下の端末のみ

結果的に安価な端末しか売れなくなります。

ただし日本ではiPhoneの人気が非常に高いのでiPhoneが欲しいという人にとっては、12月27日以前に購入するほうがいいのかもしれません。

ただし2年で返却する場合は、あまり影響なさそうなので、問題ないかもしれませんね。

一括購入時に影響が大きい

現状でいえば、一括購入時に非常に影響が大きいように思います。

10万円ほどする機種が本体代金の値下げで3万円くらいになっていれば問題ないのですが、定価はそのままで単純に値引きだけで安価に販売するケースがあります。

その場合だと、値引きに関する施策が変わると、残念ながら今の価格よりも高額になることはほぼ間違いないかと思います。

そういうことを考えると、間違いなく一括購入時の影響はかなりあるかと思います。

✅一括購入を検討する人は、12月27日までに購入を
✅定価で買うことを元々検討している人は、2024年以降の購入でも問題なし

元々スマホ自体を定価で購入検討している人にとっては、あまり影響のない施策です。

ただ少しでも安価に購入したいと考えている人であれば、12月27日で本体代金に端末一括値引きなどが入っているスマホを検討することをおすすめしたいですね。

引用元:impress

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック