熱に弱い スマホ 高温多湿 自動車の中に保管は危険

スマホは精密機器という認識ありますでしょうか?

たいていの人は認識があると思います。

一番危険な保管方法

やはり自動車の中にスマホを保管しておくことは非常に危険です。

この時期は自動車の中は70度以上になることもしばしばです。

そんな自動車の中にスマホを置いておくことは危険です。

スマホを置いていく人も少ないとおもいますが・・・

これからのレジャーの時期スマホを自動車においていく人も少ないと思いますが、海などの基本的にスマホを使わないところに行く場合は、置いていく人も多いと思います。

それは本当に危険です。

万が一の故障も発生する可能性もあると思います。

故障すると本当に困りますよね・・・故障ほど無駄な出費はないと思います。

熱での故障ほどバカバカしい物はない

熱で故障するほど本当に気分の悪いことはないと思います。

多湿は突然電源が入らない、スマホの中にあるものが水蒸気になって水になるなど考えられます。

仮に自動車の中にあるスマホが動作したところで、すぐにクーラーをかけると結露します。

その結露が問題で、不具合をもたらすこともあるわけです。

よって出来ることなら自動車にスマホを置いておくことはやめましょう。

スマホはやはり常に自分のポケットなどに入れておきたいところですね。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



電子機器は熱に弱い

2018年1月1日追記

電子機器というのは高温多湿には非常に弱いです。

それはいつの時代も同じです。基本的には熱に弱いので、電子機器を利用したい場合は自動車の中は本当に注意したいですね。

それは冬でも同じです。冬でも場合によってはかなりの高温にまで上がる時があるのです。高温になってしまって使えなくなったら嫌ですからね・・・

基本的には電子機器というのは熱に弱いので、自動車の中に放置しておくというのはやめたいところです。

それでも最近は音楽を聞く目的などで放置した状態で1日以上放置している人も結構いるかと思います。できれば毎回車の外には出したいところです。

確かに面倒なことかもしれませんが、ある意味仕方ありませんからね

電子機器を利用する上で諦めることでしょう。特に夏は注意が必要です。

また湿気などにも弱いので、これからウィンタースポーツをする人は雪山などでも注意が必要です。

雪山なんかでは本当にこれは辛いところです。雪山にスマホを持ってく場合は本当に注意が必要かと思います。

防水ケースなどに入れておくことをオススメしたいですね。防水対応のスマホであってもそれは本当に注意が必要かと思います。防水対応のスマホでも出来る限り防水ケースなどに入れておきたいところです。

初回投稿日:2015年8月7日

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。