ドナドナ 情報 携帯乞食が使う 2ch用語 意味は?

ドナドナ情報というものがネットには出ていると思いますが、意味があまりわからない人も多くいます。

ドナドナってなんなんでしょうか?小学生くらいの時に歌をうたった人も多くいるかと思います。

それではドナドナの歌詞がどんなものだったのか思い出してください。

ドナドナの歌詞は?

ある晴れた昼下がり 市場へ続く道 荷馬車がゴトゴト 子牛を載せてゆく 可愛い子牛 売られてゆくよ

このような歌詞になっております。

売られていくという携帯電話を売却するということですね。

そのことをドナドナ情報というわけですね。

買取情報といえばいいのですが、なぜこのような言い方になっていったのかは不明です。

ドナドナ情報で検索すると

結局携帯電話の買取情報が出てきます。

普通に「携帯買取」なんかで検索しても出てきます。

別にどちらでもOKですが、少しアンダーグラウンドな感じで検索したい場合はドナドナ情報と検索すればいいと思います。

携帯電話は使うものではなく売るもの?

携帯電話の売却を繰り返して儲けている人もいます。

安価な時期に購入し、高値で売却なんてことも出来る人によっては出来るでしょう。

転売は結構難しいかもしれませんが、自分が契約することにより、安価に携帯電話を購入することは可能だと思いますので、そのあたりでこのドナドナ情報というもので調べればと思います。

最近は売る人も少なくなった

最近はスマホを購入しても売る人は非常に少なくなりました。

その理由ですが、いわゆる美味しい契約が非常に少ないのです。美味しい契約が少ないということは携帯を買うことが非常に少ないのです。

買わないのであれば、それを売るということも出来ませんからね。

2016年頃から徐々に携帯の販売価格が高くなり、解約もかなり増えてきました。

解約する人はMNPをすることはもうほとんどありませんので、実はもうかなりの人が最低維持という言葉も使わなくなってきました。

このようなドナドナ行為を行う人も多くいません。

それでもauの機種を中心にまだ安くスマホを買うことも可能なので、一部の人はこのドナドナ行為を行っているいるケースもあります。

MNP一括0円などという条件なら儲けることも出来る人がかなり多いので、そういうタイミングでスマホを購入し売却する人がいるのです。

初回投稿日:2015年7月27日