当ブログを運営している携帯情報.コムです。 ケータイチャンネルというユーチューブチャンネルを運営し、動画配信にもチャレンジ中です。ぜひチャンネル登録してください。自己紹介はこちらをご確認してみてください。 twitterの運営もしています。

ドナドナ 情報 携帯乞食が使う 2ch用語 意味は?

楽天ハンド新規一括0円4999円ポイント還元 1年間維持費無料はこちら

ドナドナ情報というものがネットには出ていると思いますが、意味があまりわからない人も多くいます。

ドナドナってなんなんでしょうか?小学生くらいの時に歌をうたった人も多くいるかと思います。

それではドナドナの歌詞がどんなものだったのか思い出してください。

 
【ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する

ドナドナの歌詞は?

ある晴れた昼下がり 市場へ続く道 荷馬車がゴトゴト 子牛を載せてゆく 可愛い子牛 売られてゆくよ

このような歌詞になっております。

売られていくという携帯電話を売却するということですね。

そのことをドナドナ情報というわけですね。

買取情報といえばいいのですが、なぜこのような言い方になっていったのかは不明です。

それでも売られていくよこの歌詞の部分がポイントだと思います。

買取ということとドナドナの売られていくという部分がまさに合致するからです。別に荷馬車などは関係なさそうですが、売られていくという部分のみが重要な要素となっているのではないかと思います。

ドナドナ情報で検索すると

結局携帯電話の買取情報が出てきます。

普通に「携帯買取」なんかで検索しても出てきます。

別にどちらでもOKですが、少しアンダーグラウンドな感じで検索したい場合はドナドナ情報と検索すればいいと思います。

実際にドナドナ情報という文言で検索する人というのは、最近では非常に少なくなったのではないかと思います。

買取情報で検索する人のほうが間違いなく多いでしょう。「スマホ買取」なんかで検索する人も多いと思います。

スマホというのは、売るために買うわけではないというのが普通ですが、実際には、売却をメインに購入していた人もかなり大勢いるのです。

携帯電話は使うものではなく売るもの?

携帯電話の売却を繰り返して儲けている人もいます。

安価な時期に購入し、高値で売却なんてことも出来る人によっては出来るでしょう。

転売は結構難しいかもしれませんが、自分が契約することにより、安価に携帯電話を購入することは可能だと思いますので、そのあたりでこのドナドナ情報というもので調べればと思います。

これも2019年9月30日まではそうでした。しかしながら携帯電話というものは売るためのものではないと徐々に認識されていっているようです。

その理由は割引購入で購入することができなくなってきたということが原因の一つです。

スマホを割引で購入することができなくなってきているということは、それだけ新品のスマホを手にしている人が少ないということにもなります。

実際に2019年10月1日以降のスマホの販売台数はかなり落ち込んでいると思われます。特にMNPでの購入の凹みはかなりのものかと思いますね。

新品の端末を手にすることができなくなった人は、残念ながら売却を行うことができません。そのため今後は買取価格も上昇傾向になるでしょう。

新品スマホをGETする方法としてはMNPで契約して、契約だけを寝かせて、端末の売却だけを行うという人が以前は非常に多かったということになります。

最近は売る人も少なくなった

最近はスマホを購入しても売る人は非常に少なくなりました。

その理由ですが、いわゆる美味しい契約が非常に少ないのです。美味しい契約が少ないということは携帯を買うことが非常に少ないのです。

買わないのであれば、それを売るということも出来ませんからね。

2016年頃から徐々に携帯の販売価格が高くなり、解約もかなり増えてきました。

解約する人はMNPをすることはもうほとんどありませんので、実はもうかなりの人が最低維持という言葉も使わなくなってきました。

このようなドナドナ行為を行う人も多くいません。

それでもauの機種を中心にまだ安くスマホを買うことも可能なので、一部の人はこのドナドナ行為を行っているいるケースもあります。

MNP一括0円などという条件なら儲けることも出来る人がかなり多いので、そういうタイミングでスマホを購入し売却する人がいるのです。

auのMNP一括案件は格好の餌食に

auのMNP一括案件というものはかなりお得に契約をすることが可能です。

最近はピタットプランというものも出てきており、実はかなり価格を下げて維持することが可能になってきているのです。

維持費が安価ということは、まだまだ売れる余地があるというものです。

特にGALAXYシリーズというのはかなり高値で買い取ってくれるので、売りたい人もかなり多いことは間違いありません。

GALAXYシリーズはまだ機種によっては5万円程度で販売出来るものもあり、解約手数料などを入れても儲けることは可能なのです。

auのMNP一括0円案件などはまだまだ狙う価値があるかと思います。最近はドナドナという言葉を使うことも少なくなってきており、機種変更をメインに行う人もかなり増えてきております。

昔は一人で複数台もっていたなんてことも当たり前の時期でしたが、残念ながら今はそこまで美味しい案件もないので、契約に関してはかなりの人が解約をしていっている状況のようですね。

2019年10月1日以降一括0円などで販売される機種というのは、本当に少なくなってしまいました。2019年9月30日まではiPhone8などの機種なら一括0円で購入することができましたが、それも本当にありません。

ドナドナという言葉は利用されなくなった?

ドナドナという言葉は本当に最近利用されることが少なくなりました。ドナドナという言葉が利用されなくなった原因の一つがやはり端末を売却して儲けるという人が少なくなったことだと思います。

2015年ごろまではスマホを売却して儲けるということを繰り返している人が非常に多かった時期です。

それがここ数年でそういうことをする人が非常に少なくなりました。スマホを寝かせるということをする人も非常に少なくなってきたのです。

寝かせることをしないということはMNPをする人が少なくなってきたということになります。それこそ解約を行う人の割合というのが非常に増えてきたのです。

解約をするとMNPをするタマというのはメインのタマしかありません。メインのタマでは正直なところ結構辛いわけです。

最近の人は@docomo.ne.jpなどというキャリアドメインがなくなっても困らない人が本当に多くなってきました。

そのためMNPに対する抵抗というものはそこまでありませんが、昔のように複数台同時にMNPをするということをやる人が少なくなってきたのです。

そういう時代に変化してきているわけです。今後はまだその傾向が続くと思われます。これから先はドナドナ情報という人はさらに少なくなる傾向になるかと思います。端末の売却をする人が相当少なくなるからです。

新品のスマホを売却するというより、利用したスマホを売却する人が非常に増えてくるかと思います。利用したスマホなら契約時に下取りに出すことも可能かと思います。またそのスマホというのは、リセールに出されてしまうわけです。今は下取りのほうが多いかと思いますね。

SIMロック解除をした後のスマホなら高値での買取も可能

キャリアから購入するスマートフォンは通常SIMロックと呼ばれるものがかかっています。仕組みとしては自社回線でしか利用できないようにスマホ側にロックがかかっているのです。SIMロックがかかった状態でも売却することは可能ですが、SIMロックを解除したスマホのほうが高額買取してくれる可能性が高いのです。

2019年11月の時点では契約後101日経過した機種ならSIMロック解除を行うように各社規定されていると思われます。

契約後3ヶ月ちょっとはSIMロック解除を行うことはできません。その理由ですが、回線とセットで購入された後すぐに解約された場合、端末をもしキャンペーンなどで安く購入されていた場合に、自社回線を即解約されてしまうことを防ぐためです。そのため最低でも3ヶ月は契約してもらう必要があるということで、この規定があります。

今後は恐らくこの規定も撤廃され、即SIMロック解除が可能になるように規定を変更していく方向で総務省が通達を検討していると思われます。どちらにしろSIMロック解除を行った後の端末は高値で取引されるケースが多くありますので、ロック解除をした後に売却するほうがいいのか、すぐに解約しがほうがお得なのかは検討する必要がありそうですね。

タイトルとURLをコピーしました