ソフトバンクのブラックリスト BLのルールに家族データシェアへの変更が追加?

ソフトバンクは契約出来ない条件が増えていっているようです。

通常MNPで契約する場合は、以下のプランで契約することが一般的です。

データ定額パック

ソフトバンク データ定額パックの料金 一覧を紹介ソフトバンク データ定額パックの料金 一覧を紹介

こちらでデータ定額パックの一覧です。

通常であればMNP一括0円などの案件で購入するとこちらのデータ定額パックに契約の5GB以上の契約をすることがまず必須になってくると思います。

ここまでは一般的ですが、この後家族データシェアに変更されるとBLに入る可能性があるというのです。

ブラックリストに入るとソフトバンクの契約を一時的に契約は出来なくなってしまいます。

ざっくり半年、長い人で1年間契約出来ないということも普通に考えられます。

家族シェアに変更するということは、3台以上維持している場合はデータ定額パックよりも安価に維持することが可能です。

別にデータプランの支払いを怠っていないので、問題ないような感じもしますが、ソフトバンクとしては毎月の支払いは減額されます。

よって毎月の収入を減るようなプランに変更する顧客に対してはそうやって制裁を与えるということがソフトバンクの場合は普通に考えられるようですね。

ただしこれも絶対ブラックになるということではないということで、なる可能性があるということなのでちょっと注意が必要ですね。

MNPで儲けようとする人にとっては本当にソフトバンクは若干厳しいということでしょう。

安全にドコモへのMNPをオススメ

2015年8月18日追記

ドコモも徐々に条件が厳しくなってきたといわれておりますが、ドコモへのMNPのほうが安全ですね。

ドコモへのMNPならシェアプランとしてMNPすることも可能です。

ソフトバンクも可能なのですが、条件として5GB制限以上に加入することが条件と盛り込まれていることが非常に多いのです。

そしてその後シェアに移行するとブラックリスト入りの条件になる可能性があるのです。ただしポイント制なので、一発でブラックリストになるかどうかは不明です。

ただしドコモはMNPする時点からシェアプランでMNPすることが可能なので、その点は少し安心したいところです。

MNPするならソフトバンクよりドコモを検討してみてはどうでしょうか。

初回投稿日:2015年7月19日