iPhone14 iPhone14Pro /14ProMAX 不具合 バグ カメラ 問題 不調 調子が悪い場合は?

友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

iPhone14Proシリーズで現在不具合が出ているようですね。

インスタグラムやTik Tokを利用するユーザーに対してそのカメラアプリを利用するとガタガタ振動してイオンが発生して写真撮影ができないという不具合が発生しているようです。

友だち追加
こちら登録無料で友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。

不具合が発生するということは、発売当時は当然ありえることですが、iPhone14Proのカメラアプリに期待して購入している人は非常に残念なことではないかと思います。

 

iPhone14シリーズの購入は?

iPhone14Proシリーズは、どこのキャリアでも購入することが可能です。

自分が今使っている会社のモデルを購入することが一番スムーズとなっていますので、ぜひ今利用している会社のものをそのまま利用してもらいたいと思いますね。

ドコモオンラインショップを利用する人も年々増えています。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料
ドコモオンラインショップは2750円以上の買い物で送料無料
ドコモオンラインショップ待ち時間がゼロ分
ドコモオンラインショップで予約すると発売日に届く

これらがドコモオンラインショップで購入するメリットとなっていますので、今はかなりの人がドコモオンラインショップを利用して購入しています。

au Online Shopから予約を行うことが出来ます。

au Online Shopのメリットをお伝えしておきたいと思います。

au Online Shopは2750円以上の購入で送料無料
au Online Shopは頭金なし
○発売日に自宅まで届く
au Online Shopは24時間営業

基本的に24時間営業となっていますので、いつでも購入することが可能となります。

このようにソフトバンクオンラインショップでも購入するとメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

こちらは楽天モバイルとなっていますが、楽天モバイルというのは、基本的に毎月の維持費が抑えられるというイメージも強いのではないかと思います。

楽天モバイルオンラインストアは事務手数料が無料
楽天モバイルオンラインストアは自宅まで送料無料で送付

今かなりの人が楽天モバイルに契約をしています。

iPhoneの購入で必ずキャッシュバックをもらう方法



スマホ乗り換え.comを利用することで、必ずキャッシュバックをもらうことが可能となります。

スマホ乗り換え.comでは必ずキャッシュバックがもらえる
○ソフトバンクの方なら機種変更もでもキャッシュバックがもらえる

スマホ乗り換え.comを利用する人が非常に増えています。

ドコモ、楽天、auの方であれば、スマホ乗り換え.comを利用することで、キャッシュバック購入が可能となっていますので、問い合わせ無料となっていますので、一度相談してみることをおすすめしたいと思います。

サードパーティのカメラアプリで不具合?

こちらを見てもらいたいのですが、サードパーティ製のカメラで不具合が発生しているようです。

○サードパーティ製のカメラアプリで不具合
○カメラがガタガタ震える不具合が発生

このような不具合は結構痛いですよね。

ただ通常のカメラアプリではこのような状態が発生していないようです。

そのためiPhone14Pro及びiPhone14ProMAXでこの問題が発生するようですね。

サードパーティ製のカメラアプリといっても、よく利用するTik Tokやインスタグラムという非常に人気の高いアプリです。

これを利用する人は非常に多いのではないかと思います。そのためこのようなバグが見つかると通常は、アプリ側が対応するということになるかと思いますが、通常iPhoneというのは不具合がそこまで出ないと思われますので、個人的にはApple側が対応すれば?とも思いますが・・・

カメラが4800万画素になったから?

カメラが4800万画素になったからこのような不具合が発生すると言われております。

カメラが今までは1200万画素だったので、このような不具合はあまり起きなかったと予想されますが、Tik Tokやインスタグラム側が4800万画素のカメラに対応できていないという可能性があるのです。

実際にカメラの画素数が変わったからといって、ガタガタと表示がおかしくなることもどうかと思いますが、iOS16が発売された時点でインスタグラムやTik Tokのアプリ側はテストはしていると思います。

しかしながらiOS16のベータ版などでテストは行ったとしても、実機によるテストは行えないので、ある意味やむなしかと思います。

さすがに現時点では不具合になっていると社内でも情報は共有化されていると思われますので、現在対策中になっているのではないかと思います。

iPhone14Proシリーズに機種変更をしてまもなくこのような不具合が出るということも、正直なところ辛いところではないかと思います。

Appleが本来なら対処してもらいたいところですが、アプリ側での対策になるかと思います。

インスタやTik Tok以外のアプリも注意が必要

現在問題になっているのは、インスタやTik Tokと言われておりますが、実際にはそれ以外のカメラアプリでも同様の状況になる可能性があります。

私もiPhone14ProMAXを購入しましたが、まだ手元に実機がないので、正直なところどのような不具合があるのかわかりません。

ただ毎年のように思うことがあり、カメラ系のアプリもしくはカメラでは不具合が出ることが多いと認識しています。

今回のようにアプリ側の不具合なら今まで利用していたiPhoneに戻せばいいと思いますが、iPhoneを下取りなどに出している人も多いので、その場合だと我慢して利用し続ける必要があります。

それは本当にちょっと嫌ですよね。

それ以外におそらく出ているだろう不具合を紹介したいと思います。

○フレアが出る
○動画撮影時に、光の調整がうまくいいかない
○夜間撮影時に周りが緑っぽくなる

動画や写真撮影時に日中は出にくいのですが、夜間に撮影した時に色々不具合が出ます。

これは今までのモデルで常に出ている不具合だと私は思っていますが、フレアに関しては正直なところどうすることもできないのかなぁ?なんて思いますね。

【カメラ 比較】iPhone13 /iPhone13Pro 比較 iPhone12Pro 11Pro Xs XやGalaxy ナイトモード 違い
iPhone13シリーズが発売されカメラがどの程度使えるのか?というところは非常にきになるところだと思います。 今回は私が過去から持っているiPhoneをベースにどれだけ進化したのか?というところを紹介したいと思います。 iPh...

こちらiPhone13ProMAXで撮影したものとなりますが、フレアが出ていることがわかるかと思います。

iPhone14Proシリーズで撮影したとしても、このようなフレアが出ることはおそらく間違いないかと思います。

iOS16.0.2でガタガタ問題は改善

iOS16.0.2でこのガタガタする問題は改善となります。

iOS16.0.1以前をお使いの人は、最新のOSにアップデートすると問題が解決します。

OS側が改善してくれているのであれば、全く問題ないかと思います。

○OS側で改善
○最新のOSにすることで利用可能

最新のOSにするだけで改善できるのであれば、非常に楽な解決策ですね。

フレアが出ることはAppleStoreで交換しても出る

フレアがあまりにも出るからと、AppleStoreで交換をしてもらった人もいるようです。(iPhone13シリーズの時)

しかしながら交換はしてもらえたものの、結局治らなかったというような報告があります。

そのためAppleStoreに持っていても改善されない不具合ということは、今後も治らないということになります。

それはiPhone14Proシリーズ、iPhone14シリーズ含めて全シリーズでフレアが出てしまうということは、どうしてもあることなのかもしれません。

3つのカメラが接近しているため、他のカメラの反射をどうしても受け止めてしまうのではないかとも思います。

このフレアが出た時は、出にくい撮影ポイントもあるかと思いますので、撮影時に探して撮影するようにするしか方法はありません。

過去のiPhoneからiPhone14シリーズにデータ移行時にフリーズ

過去に使っていたiPhoneからiPhone14シリーズにデータ移行をする時にフリーズするような不具合も見つかっているようです。

○データ転送後にフリーズ
○フリーズしたら再起動しか方法がない

基本的にフリーズすると、また初めから行うもしくは、データ移行を諦めるという方法以外に手はないかと思います。

実際にiPhone14へのデータ移行後にフリーズが起きた場合というのは、また起きる可能性も非常に高いので、通常であれば、データ移行は諦めるということになります。

どちらかというとiOS16での不具合のような感じもしますね。

iPhone14には初期インストールOSがiOS16となっていますので、通常はiOS16以前のOSからのデータ移行ということになります。

もしフリーズするような不具合があった場合は、諦めて手動でデータ移行が一番ではないかと思います。

iPhone14ProMAXでアクティベーションできない不具合

iPhone14ProMAXでアクティベーションできないという不具合も発生しているようです。

アクティベーションできないということは、使うことができないという不具合となっています。

どのように回避していくのか?というところをお伝えしたいと思います。

1.初めからやり直してセットアップ開始
2.Wi-Fiに接続し、簡易的に完了
3.iOS16.01にアップデートを行い、アクティベートエラーを回避する
4.iOS16.01にアップデートできれば、その後初期化を実施

一応このあたりで回避できそうな感じですね。
回避方法としてはそこまで難しい回避方法ではありませんので、一度試して頂ければと思います。

これから購入する人は、このような不具合を普通に見てしまう可能性も十分にあるかと思いますので、その場合は参考にして頂ければと思います。

ここでのポイントはWi-Fiに接続をしないといけない可能性があるということです。

Wi-Fiに接続していることで、この問題を回避できる可能性が高いわけですが、SIMが普通に挿入されている状態であれば、問題ないのかもしれませんね。

iPhone含めた一般的に見られる不具合は?

iPhoneを含めた一般的に見られる不具合というものがあります。

それが以下の通りではないかと思います。

○通信ができない状態になる
○通話できない状態になる
○アプリが起動できない状態になる
○アプリが固まる状態になる

これらが主な不具合の内容となります。

不具合により改善方法も異なるわけですが、やはり不具合が出たら嫌ですよね。

そういう場合には少し覚えておいたほうがいいと思うことがあります。

○機内モードにして機内モードを解除
○再起動をする

基本的に再起動をすることで、たいていの場合改善するケースが多いです。

再起動をすると、内部のRAMがリセットされますので、それで改善することが非常に多いです。

そういうこともあり、内部RAMがリセットされ改善できるということで、治るケースが多いのです。

まずは不具合かなぁ?と感じると再起動することをオススメしたいと思います。

iPhone メモリリーク 動きが遅い 不具合 動作速度がいまいちのときに試す方法
iPhoneを長年利用していて、動作が遅いなんて感じることは多くないでしょうか? その原因はメモリリークになるかもしれません。 メモリリークとは? プログラムを実行させる為にはメモリというところに実行プログラムを移動させて...

こちらメモリリークに関する記事がありますので、こちらも合わせてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
au公式サイト