iPhone 14 Pro (14 Pro MAX) スペック比較 どっちがいい 違いなどのまとめ

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

iPhone14Pro及びiPhone14ProMAXが正式に発表されました。

iPhone14Proシリーズを買おうかどうか悩んでいる人も多いのではないかと思います。

友だち追加

こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。

iPhone14Proシリーズというのは、今回は前のモデルと比較してもカメラなどもバージョンアップしており、非常に期待できるのではないかと思います。

○iPhone14ProシリーズはiPhone13Proよりバージョンアップしている
○iPhone14Proシリーズではカメラがかなりオススメ

特にカメラが4800万画素になったり、CPUがよくなったりと結構いいバージョンアップしているという認識です。

Apple イベント まとめ 2022年 iPhone14 /AppleWatch8 /ULTRAなどが発売
Appleイベントの2022年が終了しましたが、Appleイベントではどのようなモデルが発売されたのでしょうか? 非常に気になる人も多いのではないかと思います。 こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。 ...

こちらにAppleイベントのまとめ記事を掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認頂ければと思います。

 


iPhoneの購入はオンラインショップで行う

とはいうものの、iPhoneの購入はケースを買うためには必須かと思います。

そもそもiPhoneのケースというのは、オンラインショップで行うことをおすすめしたいですね。

ドコモもしくはahamoを利用している人

こちらはドコモオンラインショップとなります。

ドコモオンラインショップは事務手数料なので、非常に購入しやすいです。

またahamoを利用している人もドコモオンラインショップを利用することが可能となります。

ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは事務手数料無料
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは自宅まで送料無料でiPhoneの送付
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは発売日に自宅まで届けてくれる

このようなメリットがあります。

ドコモ いつでもカエドキプログラム デメリット メリット 機種変更が安い 最新機種を安く買える
ドコモではいつでもカエドキプログラムというものがあり、機種変更などを非常に買いやすい方法で、販売しています。 毎年のようにiPhoneを購入したけど、価格がかなり高いという理由で毎年iPhoneの購入が出来ないことはナンセンスです。 ...

こちら新しくドコモからでたプランとなります。このいつでもカエドキプログラムを利用することで、間違いなくお得に契約することが可能となります。

○毎月の維持費を抑えることが可能
○本体代金を残価設定型で購入できる
○本体の回収があるものの、1年で機種変更が可能

この施策というのは、相当メリットがあると思っています。このいつでもカエドキプログラムを利用するユーザーというのは、かなり多いのではないかと思います。

これを利用することにより、iPhone14シリーズをかなり購入しやすくなるのではないかと思います。

また最新機種を1年に1度購入したいと考えている人も結構多いのではないかと思います。

そういう人にとっては、かなりこれはおすすめできるプランとなります。

せっかく購入するなら、安価に持つことをおすすめしたいので、このプランを利用することがメリットであると思います。

ドコモオンラインショップ メリット デメリット 機種変更 新規 乗換を利用する人が多い
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? こちらが公式サイトとなりますが、公式...

こちらにahamoを利用している人もドコモオンラインショップのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

auまたはpovoを利用している人

au Online Shopを利用してiPhoneの購入を行う人もいるでしょう。

au Online Shopは頭金不要で、送料無料で自宅まで送付してくれます。

au Online Shopは送料無料
au Online Shopは頭金無料

また少しでもauは安く購入できる施策を提供してくれています。

au 半額購入 かえトクプログラム が終了 スマホトクするプログラムに
auが「かえトクプログラム」を利用してauのスマホを少しでも毎月の負担額を抑えながら購入したいという人が増えています。 auはこの施策を導入することにより、少しでも安価に購入できるようになっています。 昨今スマホの価格が...

こちらのかえトクプログラムを利用することで、少しでもiPhoneを安く購入することが可能となります。

それだけでもかなりのメリットになることは間違いありません。

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

こちらにau Online Shopのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

ソフトバンクまたはLINEMOを利用している人

ソフトバンクを利用している方にもメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップは事務手数料無料で自宅まで送料無料でiPhoneを届けてくれます。

は送料無料で自宅まで送付
ソフトバンクオンラインショップは発売日に自宅に届く

少しでも早い段階でスマホを購入したいと考えている人にとっては、本当に朗報です。

またこれはLINEMOのユーザーであったとしても、対応してくれるので、それもメリットがあるのではないかと思います。

LINEMO iPhone13 利用 ソフトバンクで機種変更 新トクするサポートが使えるのか
LINEMOというサービスが出ていることを知っていますでしょうか? LINEMOであれば、毎月の維持費をかなり下げて利用することが可能となります。 LINEMOなら3GBのプランから選択が可能 LINEMO...

こちらにLINEMOでも2021年モデルのiPhoneの購入が安価な価格設定でできるのか?というところを掲載しているページとなっています。

ソフトバンク スマホ iPhone13 機種変更 半額で買える メリット 安く買うためのキャンペーンを紹介
ソフトバンクからトクするサポート+というプランを利用することで、かなりお得に購入することが可能となっています。 この施策というのは、スマホを実質的に半額で購入することが可能となります。 iPhone13が発表され、この施策で購入...

こちらに半額で購入できる施策に関してお伝えしておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

これはかえトクサポート+と呼ばれる施策となっており、かなりメリットがあります。

ソフトバンクオンライン メリット デメリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショッ...

楽天モバイルを利用している人

こちら各社から販売される予定となっています。

楽天モバイルを利用している人にも当然ながらメリットはあります。

楽天モバイルはとにかく毎月の維持費が安いのです。

毎月の維持費が安いので、楽天モバイルを利用する人が非常に多いのです。

楽天モバイル iPhone アップデートプログラム メリット デメリット 本当にお得なの?
楽天モバイルからiPhoneアップデートプログラムと呼ばれるものが出ていることを知っていますでしょうか? 楽天モバイルというのは、SIMフリーを除く各キャリアモデルの中で最もiPhoneの価格が安価なのです。 楽天モバイ...

こちらの施策を見てもらいたいのですが、少しでもiPhoneを安価に購入できる施策となっています。

この施策を利用することで、少しでもiPhoneを安く買うことができるのです。2021年モデルにも適用されると予想されますので、メリットはかなりあるでしょう。

✔Proシリーズの人気は非常に高い
✔各社で確実に予約購入しておくことがメリット

Proシリーズは本当に人気の高いモデルとなっています。そのため間違いなくProシリーズの在庫を少しでも早い段階で確保するのであれば、オンラインショップなどを利用して在庫確保しておくことをおすすめしたいと思います。

明るさがすごい

明るさがすごいです。

○iPhone13Proシリーズの2倍の明るさ
○晴天時に非常に見やすくなる

明るさがすごいというところが非常にメリットがあると思っています。

基本的に明るさがすごいというところは、相当メリットがあるかと思います。

すでにiPhone13Proシリーズでも十分明るいのですが、明るさに関しては、明るいほうが間違いありませんからね。

当然ながら周囲が暗いと暗くなりますので、それもメリットだと思っています。

iPhone14ProとiPhone14ProMAXとの比較

iPhone14ProとiPhone14ProMAXで比較するポイントを紹介したいと思います。

モデル名iPhone14ProiPhone14ProMAX
サイズ147.5 x 71.5 x 7.85mm160.7 x 77.6 x 7.85mm
重量206g240g
ROM128GB、256GB、512GB、1TB128GB、256GB、512GB、1TB
画面サイズ6.1インチ6.7インチ
画面解像度2,556 x 1,179ピクセル解像度、460ppi2,796 x 1,290ピクセル解像度、460ppi
ディスプレイその他Super Retina XDRディスプレイ
6.1インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
iPhone 14 Proのディスプレイは、美しい曲線を描くように四隅に丸みを持たせてデザインされており、標準的な長方形に収まります。標準的な長方形として対角線の長さを測った場合のスクリーンのサイズは6.12インチです(実際の表示領域はこれより小さくなります)。
Super Retina XDRディスプレイ
6.7インチ(対角)オールスクリーンOLEDディスプレイ
iPhone 14 Pro Maxのディスプレイは、美しい曲線を描くように四隅に丸みを持たせてデザインされており、標準的な長方形に収まります。標準的な長方形として対角線の長さを測った場合のスクリーンのサイズは6.69インチです(実際の表示領域はこれより小さくなります)。
ディスプレイ両モデルDynamic Island
常時表示ディスプレイ
最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つProMotionテクノロジー
HDRディスプレイ
True Tone
広色域(P3)
触覚タッチ
2,000,000:1コントラスト比(標準)
最大輝度1,000ニト(標準)、ピーク輝度1,600ニト(HDR)、ピーク輝度2,000ニト(屋外)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
防沫性能、耐水性能、防塵性能IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深6メートルで最大30分間)
チップA16 Bionicチップ
2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載した6コアCPU
5コアGPU
16コアNeural Engine
カメラProのカメラシステム
48MPメイン:24mm、ƒ/1.78絞り値、第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MP超広角:13mm、ƒ/2.2絞り値と120°視野角、6枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MPの2倍望遠(クアッドピクセルセンサーを活用):48mm、ƒ/1.78絞り値、第2世代のセンサーシフト光学式手ぶれ補正、7枚構成のレンズ、100% Focus Pixels
12MPの3倍望遠:77mm、ƒ/2.8絞り値、光学式手ぶれ補正、6枚構成のレンズ
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ、最大15倍のデジタルズーム
サファイアクリスタル製レンズカバー
アダプティブTrue Toneフラッシュ
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
ナイトモード
LiDARスキャナを活用したナイトモードのポートレート
パノラマ(最大63MP)
フォトグラフスタイル
マクロ写真撮影
Apple ProRAW
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正(超広角)
高度な赤目修正
自動手ぶれ補正
バーストモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG、DNG
ビデオ撮影4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
アクションモード(最大2.8K、60fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
マクロビデオ撮影(スローモーションとタイムラプスに対応)
1080pスローモーションビデオ(120fpsまたは240fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
ビデオの第2世代センサーシフト光学式手ぶれ補正(メイン)
ビデオのデュアル光学式手ぶれ補正(メイン、望遠)
3倍の光学ズームイン、2倍の光学ズームアウト、6倍の光学ズームレンジ
最大9倍のデジタルズーム
オーディオズーム
True Toneフラッシュ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264、ProRes
ステレオ録音
TrueDepthカメラ12MPカメラ
ƒ/1.9絞り値
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
6枚構成のレンズ
Retina Flash
Photonic Engine
Deep Fusion
スマートHDR 4
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))
アニ文字とミー文字
ナイトモード
フォトグラフスタイル
Apple ProRAW
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
レンズ補正
自動手ぶれ補正
バーストモード
4Kビデオ撮影(24fps、25fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(25fps、30fpsまたは60fps)
シネマティックモード(最大4K HDR、30fps)
ドルビービジョン対応HDRビデオ撮影(最大4K、60fps)
最大4K、30fpsのProResビデオ撮影(容量128GBのモデルでは1080p、30fps)
1080pスローモーションビデオ(120fps)に対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
ナイトモードのタイムラプス
QuickTakeビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)
FaceIDTrueDepthカメラによる顔認識の有効化
Apple PayFace IDを使った、店頭、アプリ内、ウェブ上でのiPhoneによる支払い
Mac上でのApple Payによる購入の完了
iPhoneに入れたSuicaやPASMOによる電車などの交通機関の利用、店頭での購入
エクスプレスカードによる交通機関の支払い
安全のための機能緊急SOS
衝突事故検出
通信業者ソフトバンク、ドコモ、au、楽天モバイル
携帯電話/ワイヤレス通信方式モデルA28895G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n14、n20、n25、n26、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n53、n66、n70、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48、53)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
携帯電話/ワイヤレス通信方式モデルA28935G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n14、n20、n25、n26、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n53、n66、n70、n71、n77、n78、n79)
FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48、53)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
通信方式全モデル4×4 MIMO対応5G(sub-6 GHz)
4×4 MIMOとLAA対応ギガビットLTE5
2×2 MIMO対応Wi‑Fi 6(802.11ax)
Bluetooth 5.3
空間認識のための超広帯域チップ
リーダーモード対応NFC
予備電力機能付きエクスプレスカード
FeliCa
位置情報高精度2周波GPS(GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou)
デジタルコンパス
Wi-Fi
携帯電話通信
iBeaconマイクロロケーション
ビデオ通話携帯電話ネットワークまたはWi-Fi経由でのFaceTimeビデオ通話
5GまたはWi-Fi経由でのFaceTime HD(1080p)ビデオ通話
SharePlayを使って映画、テレビ番組、音楽やアプリの体験をFaceTime通話で共有
画面共有
FaceTimeビデオでのポートレートモード
空間オーディオ
「声を分離」と「ワイドスペクトル」のマイクモード
バックカメラでの光学ズーム
オーディオ通話FaceTimeオーディオ
Voice over LTE(VoLTE)5
SharePlayを使って映画、テレビ番組、音楽やアプリの体験をFaceTime通話で共有
画面共有
空間オーディオ
「声を分離」と「ワイドスペクトル」のマイクモード
オーディオ再生AAC、MP3、Apple Lossless、FLAC、ドルビーデジタル、ドルビーデジタルプラス、ドルビーアトモスなどのフォーマットに対応
空間オーディオ再生
ユーザーによる設定が可能な最大音量制限
ビデオ再生HEVC、H.264、ProResなどのフォーマットに対応
HDR(ドルビービジョン、HDR10、HLG)
Apple TV(第2世代以降)またはAirPlay 2対応スマートテレビへの、最大4K HDRのAirPlayミラーリング、写真、ビデオ出力
対応するビデオミラーリングとビデオ出力:Lightning – Digital AVアダプタおよびLightning – VGAアダプタ経由で最大1080p(アダプタは別売り)
Siriメッセージの送信やリマインダーの設定などをあなたの声で実行
「Hey Siri」を使ってあなたの声だけでハンズフリーで起動
よく使うアプリのショートカットをあなたの声で実行
電源とバッテリービデオ再生:
最大23時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大20時間
オーディオ再生:最大75時間
高速充電に対応:
約30分で最大50%充電11(別売りの20W以上のアダプタを使用)
ビデオ再生:
最大29時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大25時間
オーディオ再生:最大95時間
高速充電に対応:
約30分で最大50%充電11(別売りの20W以上のアダプタを使用)
電源とバッテリー両モデルリチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大15WのMagSafeワイヤレス充電
最大7.5WのQiワイヤレス充電12
USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
MagSafe最大15Wのワイヤレス充電
マグネットアレイ
アラインメントマグネット
アクセサリ識別NFC
磁力計
センサーFace ID
LiDARスキャナ
気圧計
ハイダイナミックレンジジャイロ
高重力加速度センサー
近接センサー
デュアル環境光センサー
OSiOS16
カラーバリエーションスペースブラック、シルバー、ゴールド、ディープパープル
Ceramic Shieldの前面、テクスチャードマットガラスの背面とステンレススチールのデザイン

こちらがスペックとなっています。

iPhone13Proシリーズのスペックも含めて確認しながら見ていましたが、大きな違いはありません。

○A15からA16に変更
○カメラの画素数が4800万画素に
○ノッチが廃止

基本的にはこれくらいではないかと思います。

ただ最新のiPhone14は欲しいという人も多いと思いますので、ぜひ検討してもらいたいと思いますね。

参考までにiPhone13Proシリーズのスペックを紹介しておきたいと思います。

iPhone13Pro iPhone13ProMAX 違いは? 比較 どっちがスペックがいいの? おすすめは?
iPhone13Pro及びiPhone13ProMAXの発売が行われております。 iPhone13ProとiPhone13ProMAXというのは、どのようなモデルになっているのでしょうか? 非常に気になるところではないかと思いま...

こちらを確認いただきたいと思いますが、iPhone13Proのスペックに関して掲載しているページとなっています。

画面上部に通知が来る

iPhone14Proシリーズは通知が上部にやってきます。

上部はディスプレイ部分に横穴と、パンチディスプレイになっており、この部分に対して通知がくるというものです。

これは結構便利ですよね。

今までのように通知がカードのようにする形よりは確実に便利かと思います。

○通知が上部からくることは便利
○通知部分がくると、パンチディスプレイなども隠れる

今までのノッチがなくなりこのような通知方法になったということは本当に考えましたね。

iOS16にこの新しいiPhone14Proシリーズの機能が搭載されているということになります。

常時点灯ディスプレイが便利

常時点灯ディスプレイが非常に便利です。

現状のiPhone13Proシリーズなどでは、通常は画面が暗いままです。

それが常時点灯されるということは、相当メリットがあると思っています。

常時点灯されることにより、机の上においているだけで、時刻などを確認することができるということは、相当便利であることは間違いありません。

○常時点灯ディスプレイは便利
○常時点灯はわざわざ本体を触る必要がない

本体に触ることなく、確認することができますので、相当メリットがあると思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ソフトバンク公式