ソフトバンク データ定額パックの料金 一覧を紹介 ウルトラギガモンスター+

2019年に入り、ソフトバンク含めた各社というのは分離プランというものに力を入れております。

その中でもソフトバンクの主力の契約というのは、ウルトラギガモンスター+という契約が一番人気の契約となっております。

50Gものデータ量を利用できるという素晴らしい契約になっているのです。

50GBというとかなり使えると思います。

実際には50GBを消費するというのはかなり難しいレベルの消費量ということです。

ネット閲覧やメール、LINEなどでは正直なところ50GB使おうと思っても使い切れないというものです。

 

50GBから消費されないサービス

これら対象のサービスというのは、50GBのパケットから消費されません。

要するにこれらのサービスというのは使い放題ということになります。スマホを持ったら本当に思う存分スマホをパケットを気にすることなくほぼ使い放題ということになります。

この中でも一番消費するのはユーチューブなどの動画サービスです。これらのサービスを外出先で見放題で利用できるというのは、かなり魅力的です。

外出先でユーチューブが見放題になるのです。TVerなどのサービスも見放題ということで、動画サービスが外出先で見放題になるという非常に素晴らしいサービスなのです。

正直なところここまで使えるパケット通信サービスはソフトバンクしかありません。

他社ではこのようなカウントフリーサービスというものはまだ非常に少なく、ユーチューブまで見放題というのは、かなり大きいと思います。

以下は以前出ていた定額料金

ソフトバンクの毎月のデータ定額の料金がきになると思います。

以下に毎月の基本料金を並べてみました。

ソフトバンクというと実質価格というものを採用した会社で、正直なところ未だに本質の支払額や本体代金というものが見えません。

非常にわかりにくい料金体系を世の中に送り出した会社の一つです。これは単体の回線のものなので、これ以外にもシェアというプランがあります。

これらのプランはドコモのプランに合わせたものもあるので、本当に携帯電話の料金体系は複雑です。

それでは紹介したいと思います。

データ定額パックの料金体系

データ定額パック名国内データ通信量月額料金
データ定額パック・小容量2GBまで3,500円
データ定額パック・標準5GBまで5,000円
データ定額パック・大容量(10)10GBまで9,500円
データ定額パック・大容量(15)15GBまで12,500円
データ定額パック・大容量(20)20GBまで16,000円
データ定額パック・大容量(30)30GBまで22,500円
データ定額パック(シンプルスマホ)200MBまで2,000円
データ定額パック(3Gケータイ)使い放題3,500円
3G対応の iPhone/スマートフォンのみ加入可使い放題4,200円

こちらがそのすべてです。

○○GBまでという○○GBを超えたら通信速度は128Kbspになります。

これまた専門用語ばかりでわかりにくいですが、このわかりにくいけどなんかすごそうということをソフトバンクはよくつかいます。

プラチナバンドというものもその一つです。

これまたよくわからない言葉でしたが、世の中の人はソフトバンクはすごいんじゃないの?と思ったでしょう。

ある意味宣伝戦略はすごいと思いますね。

最後にこれ以外に通話基本料金が発生するので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました