ドコモ au ソフトバンクでの他社での料金未納があれば 契約出来ないのはあたりまえ

ここ最近の出来事ですが、ショップで隣のお客さまがMNPをしようとしているようでした。

店員「お客さま今までご使用の携帯電話ですが、お支払いはされていますか?」

客「他の支払いがあって、銀行から引き落とされてない」

店員「それでは申し訳ありませんが、契約することは出来ません。」

客「それならあんた代わりに払っておいてよ」

店員「それは出来ません。」

客「お金ないんだもん キャッシュバックもらったらそれで払うから」

店員「・・・・」

このようなやりとりをされていました。なんとキャッシュバックをもらったらそれで払うというのです。

一体どういうレベルの客なのか・・・非常に不思議な感じがしました。

相当レベルは低い会話ですね。料金を払わないということは借金を払わないということです。

そのあたりを理解されていない人も非常に多いということでしょうか。当然ながらこのお客様はMNPを繰り返している人ではなさそうです。

MNPを繰り返し行う人はそのあたりはきっちりされております。

よってこのお客様は恐らく初めてのMNPだと思いますが、さすがに料金の未払いがあると携帯電話をMNPさせることは無理ですね。

MNPをしたい場合は他社に未納がないことが前提です。是非そのあたりはクリアしましょう。

これは2018年に入っても変わらない

未納問題というのは2018年になってもかわりません。

未納があると基本的には、契約は出来ないのです。

契約が出来ないのはなぜなのか?ということですが、未納があるということは払ってもらえないということがあるわけで、基本的にはお金の支払いというのはきっちり行う必要があるのです。

お金の支払いが出来ない人には契約できません。

これは当たり前のことなのですが、この当たり前のことが出来ない人が多いのです。

契約をする時はきっちりお金の支払いは行ってもらいたいですね。

クレジットカードの審査も通らない

クレジットカードの審査もなかなかとおることはありません。

クレジットカードの審査が通らないと正直かなりキツイですね・・・

クレジットカードというのは、自分の審査です。この人にならどれくらいお金を貸しても大丈夫というバロメーターなのです。

その審査も通らないというのは本当に辛いですよね・・・

未納状態が続く人はずっとそのような傾向があると思います。そのようなことがないようにお金の支払いはきっちり行いたいところです。

初回投稿日:2015年6月22日

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。