ドコモ 即ahamoに変更 ブラックリスト 短期解約扱いになる? 再契約できない可能性は?

MNP一括オススメ案件

MNPで安く買えるスマホを紹介



 
携帯情報コムをフォローする

ドコモからahamoへ即変更するという状況はどういうことなのか?というところから少し話していきましょう。

MNPなどでドコモに転入したい人もいるはずです。

ただドコモの料金プランが高額ということで、ahamoへ変更したいという人もいるのではないかと思います。

その場合にブラックリストに入るのか?と疑問に思う人も多いと思います。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

ドコモに契約をしてみる

ドコモオンラインショップを利用する人も年々増えています。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料
ドコモオンラインショップは2750円以上の買い物で送料無料
ドコモオンラインショップ待ち時間がゼロ分
ドコモオンラインショップで予約すると発売日に届く

これらがドコモオンラインショップで購入するメリットとなっていますので、今はかなりの人がドコモオンラインショップを利用して購入しています。

このようにオンラインショップを利用してみるということも手の一つかと思います。

オンラインショップを利用して、購入できるかどうかということころが鍵となります。

○オンラインショップで契約できなければブラック
○特価BLの場合でも契約できない可能性がある

契約ができるかできないかというところは、実際に購入してみないことにはわかりません。

ただ機種変更の場合は、基本的に契約を行うことができると思いますので、MNPいわゆる電話番号そのままのお乗り換えを試してみることをオススメしたいですね。

ブラックリスト入するとは?

ブラックリスト入になるということは、以下のことが考えられます。

✔次回契約しようとした時に断られる
✔次回契約時に特価で購入できなくなる

大きくはこの2つがブラックリスト入となります。

次回契約しようとした時に断られるということは、完全にブラックリスト入して契約が断られるということになります。

特価購入が出来ないということは、特価ブラックと呼ばれるものとなっており、ドコモと契約はできるものの、特価購入することが出来ません。

特価購入が出来ないということは、MNP一括1円などという購入が出来ないということになります。

大きくはブラックリストに入るということは、このようなことを指します。

ドコモからahamoは契約変更にしか過ぎない

ドコモからahamoへの変更というのは、プラン変更という扱いとなる見方が非常に強いです。

その理由としては、ドコモからahamoに変更する時には、MNP予約番号などを利用することはありません。

ドコモからなら普通にahamoに変更することが可能となります。

契約上はahamoとなりますが、実際にはドコモのプランの一部という見方が強いため、ahamoに即変更したところで、プラン変更にしか過ぎないと推測されます。

普通の料金プラン変更扱いということであれば、当然ながらドコモの中でのプラン変更ということになりますので、全く問題ないということになります。

ただahamoとドコモとはどのような仕組みになっているのか、外部の人は知ることもできないので、実際にはブラックに絶対ならないかと言われると正直なところ保証はありません。

このあたりはある程度自己責任で行うようにしてもらいたいと思います。

auからpovo2.0への変更は即ブラックになる

auからpovo2.0 即変更 ブラックリスト 短期解約扱いになり再度契約出来ない?
auから安価なスマホが色々出ていることは知っているかと思います。 auのスマホを契約しようとすると、auのプランへの加入が必須となります。 auの料金プランはそれなりに高額なプランになるため、povo2.0にしようと思う人も多い...

auからpovo2.0への変更は即ブラックになるようですね。

こちらにその記事を掲載しておきますが、povo2.0は立ち位置的にahamoとほぼ同じです。

povo2.0への変更は即ブラックになるのは、povo2.0は0円で維持ができるからと言われております。

✔povo2.0は0円で維持ができる
✔povo2.0にされると、auは儲からない

当然ながらauとしては儲けることができません。そういうことがあり即ブラックになると言われているのです。

povo 2.0 0円 運用 利用時の通信速度はどうなる? トッピングの購入は必須なのか?
povo2.0と呼ばれるプランを聞いたことありませんか? povoというのは、auが出しているオンライン専用の料金プランとなっています。 povo2.0はトッピングシステムを採用 画像引用元:povo povo2.0...

こちらにpovo2.0の料金プランに関して記載しておきます。

povo2.0は本当に毎月の維持費が0円となり、たまにトッピングを購入すれば問題ありません。

そういうことからpovo2.0は非常に人気のあるプランとなっています。

ブラックリストに入るのか?

こちらTwitterの情報となりますが、ドコモからahamoへの即変更というのは、短期解約扱いというわけにはならないという見方が強いのではないかと思います。

先程は自己責任と記載しておりますが、実際にはTwitterにもこのような情報が上がっている通り、ならないのでは?という見方が非常に強いのです。

複数の投稿がありますが、ドコモ自体が明言しているわけではありません。151などに聞いたところで、これに関しては教えてもらえることはまずありません。

ドコモがブラックになる条件

ドコモ ブラックリスト BL 条件 審査 ローン 短期解約 再契約できない 分割審査がおりない
ドコモで契約しようとした時に断れることがあることを知っていますか?普通に契約しようとして断られるなんてありえない?と思っている人も多いでしょう。 実はドコモの契約は断れることも普通にあるのです。 他社であっても未納はいけません。...

こちらにドコモのブラックになる条件というものを掲載しておきます。

基本的にはドコモ関連を解約した時に発生しますので、ドコモからahamoはドコモの中の契約だけの話なので、ブラックになる可能性は低いと思っています。

ブラックになるということは、よほどのことだと思いますので、あまり問題にならないのかもしれませんね。

ブラックリストに入る条件としては、ある程度複合的に渡っていると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ドコモ公式