Vivo V22 2022年モデル スペックを予想 噂 どんなモデルになるのか?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

Vivoというメーカーを知っていますか?現在中国ではこのVivoの人気がかなり急上昇なのです。


※写真はVivo V21

Vivoのスマートフォンは私も昔のモデルをいくつか所持していますが、使いやすくスペックもそれなりに高くなっており、カメラ性能も非常にいいモデルです。

まずはV21のスペックから見ていきましょう。

 


V21のスペックは?

モデルVivo V21
大きさ159.68 × 73.90 × 7.29mm(Dusk Blue)
159.68 × 73.90 × 7.39mm (Sunset Dazzle、Arctic White )
重さ176g(Dusk Blue)
177g (Sunset Dazzle、Arctic White)
OSFuntouch OS 11.1
CPUMTK Dimensity 800U
RAM8GB
ROM128GB or 256GB
画面サイズ6.44インチ
解像度2404×1080ドット
アウトカメラ6400万画素 + 800万画素 +200万画素
インカメラ4400万画素
カラーDusk Blue、Sunset Dazzle、Arctic White
バッテリー容量4000mAh
ネットワーク2G GSMB2/B3/B5/B8
3G WCDMAB1/B2/B4/B5/B8
4G FDD_LTEB1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B20/B28
4G TDD_LTEB38/B39/B40/B41F
5Gn1/n3/n7/n28/n41/n78
その他USB Type-C

こちらがV21のスペックとなっています。

CPUのレベルアップは必須

CPUはDimensityシリーズを継続して採用しています。

Dimensity900というモデルが現在出ており、Dimensity900あたりが搭載されるのではないかと思います。

Dimensityというのは、廉価版のスマホに搭載されているというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。

ハイスペックモデルにも搭載されており、今非常に人気の高いCPUとなっているのです。

✔DimensityシリーズのCPUは今非常に人気が高い
✔部材コストもそこまで高くはないので、メリットも大きい

部材コストもそこまで高いわけではありませんので、そこまでといった感じです。

価格は?

価格に関してはV21でも7万円程度だったことから、それと同じくらいの価格設定になると予想されます。

基本的に価格は、世の中に出ているスマホはどんどん価格上昇しています。

その理由は半導体不足の部分も多いのではないかと思います。

✔半導体不足により、価格が上昇
✔年々スマホの価格が上昇している

SIMフリースマホの価格も年々上昇しているのは、結構辛いところですね。

今後日本でもVivoのスマホは色々登場する

Vivoのスマホというのは、どんどん増えてくると予想されます。

Vivoというメーカーは、中国ではかなり今人気のメーカーとなっています。

中国では販売ランキングで1位になるなど、その勢いというのはかなりのものではないかと思います。

おそらく日本にそろそろ襲来してくることは間違いないでしょう。

中国でもファーウェイが5位以下に転落するなど、日本で有名だったメーカーも中国でかなり売上を落としているのです。

このスマホ激戦の中国で1位というのは、本当にすごいのではないかと思います。

中国で人気の高いメーカーが日本に来たら、相当売れるのではないかと思いますが、日本もOPPOやXiaomiなどが現在かなり力を入れており、知名度はVivoというのは、まだまだといったところです。

日本市場でVivoが来るか来ないかに関しては、まだわかりませんが、今後ラインナップなどを増やして、日本市場に攻めてくることは間違いないかと思います。

引用元:sim-free-gadget

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック