OPPO Find X5 Pro スペック 日本 発売日 au 外観はかなり斬新な形になると予想

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

OPPOから発売される予定のFind X5 Proの見た目がこのようになると言われております。

見た目はかなり斬新な見た目となっています。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

リーク画像はこちら

こちら@Onleaks氏が出してきた画像となりますが、この方のリーク画像というのは、ほぼ間違いなく、製品になっていることからかなり信憑性が高いということです。

Twitterにあるように、OPPO Filnd X4もしくはFind X5に搭載されるかもしれないということです。

カメラがかなり特徴的なことはわかるかと思います。

@Onleaks氏の情報というのは、かなり信憑性が高く2022年にはこのモデルが発売される可能性が非常に高いと思います。

参考までにFind X3 Proのスペック

モデル OPPO Find X3 Pro
OS ColorOS 8(based on Android11)
サイズ 約W74×H164×D8.3mm(暫定値)
重さ 約193g(暫定値)
CPU Snapdragon888
RAM 12GB
ROM 256GB
ディスプレイサイズ 6.7インチ
解像度 3,168×1,440(QHD+)
前面カメラ 3200万画素
背面カメラ 約5,000万画素/約5,000万画素/約1,300万画素/約300万画素
バッテリー容量 4500mAh
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax (2.4/5GHz)

こちらがFind X3 Proのスペックとなっています。かなりのハイスペックであることがわかるのではないかと思います。

やはり一番気になるところは、カメラではないかと思います。

2022年モデルでもカメラはかなり気になる人も多いのではないかと思います。

CPUにはSnapdragon8 Gen1を採用

Snapdragon8 Gen1というCPUが採用される予定となっています。

このCPUというのは、かなりいいCPUとなっています。

✔Snapdragon8 Gen1は2022年発売のハイスペックモデルに搭載の予定
✔Snapdragon8 Gen1はGalaxy S22などにも採用の予定

Snapdragonの最高峰のCPUが搭載されるということで、かなり期待できるのではないかと思います。

動作速度は旧モデルの1.2倍程度の能力アップになると予想されております。

このCPUであれば、iPhone13のCPUよりも高性能なCPUになるのではないでしょうか。

✔iPhone13搭載のCPUよりもよくなると予想
✔A15以上であれば、かなり高速になる

Find X4 Proは発売されないと予想

au Oppo Find X4 Pro /Neo /Lite OPG04 スペック 価格 発売日 レビュー 評価 評判 オススメできる?
OPPOから2022年モデルのスマホが販売される予定となっています。 OPPOというのは、日本市場では比較的ミドルレンジモデルをメインに販売しておりますが、Find Xシリーズというのは、ハイスペックモデルの位置づけとなっています。 ...

4という数字はあまりよくない数字のため発売されないと予想されます。

Find X5 Proは2022年にも発売されるのではないかと言われております。

✔Find Xシリーズというのは、ハイスペックモデルで非常に人気が高い
✔日本ではauからの販売を行っている

ただFind X4シリーズというモデルは、ひょっとすると販売されないかもしれません。

2021年の時点でFind X5の情報が出ているということは、Find X4を飛ばしているということにもなります。

ULTRAもしくはPro+という名称のモデルの発売の可能性も

Find X5 ULTRA、Pro+というモデルの販売も行われる可能性があります。

日本では直近ではOPPO Find X3 Proというモデルが販売されておりますが、ULTRAやPro+などのモデルが販売されている可能性が高いです。

Snapdragon8 Gen1及びDimensity 9000の2つのモデルが登場する可能性があります。

これまた非常に楽しみですね。

なぜFind X5 Proという名称に?

2022年の時点で日本市場ではFind X3 Proというモデルが販売されております。

それなら後継モデルというのは、Find X4 Proでもおかしくないのでは?と思う人も多いのではないかと思います。

中国では4という数字があまりいい意味を持たないため、4という名称はなくなるのではないかと言われております。

この「si」は「死」の発音とほぼ同じであるため、中国や韓国、日本では「4」という数字は「不吉なもの」と見なされています。
中国系移民が多いシンガポールやマレーシアといった国々でも、同様の理由で「4」が嫌われています。
「死」と通じているため、特に病院では「4」の付く部屋番号が飛ばされる場合も多く……
香港では、40階~49階が全て存在しない高層ビルもあるそうです。
また、広東語では「14」が「実死(確かに死ぬ)」に、「24」が「易死(簡単に死ぬ)」に通じるため避けられているとのこと。日本でも「42」が「死に」、「49」が「死苦」に通じるため避けられがちであり、病院行きのバスに付けられたナンバープレートが「42」で始まっていることが物議を醸した事例があるほか、プロ野球選手の背番号でも「49」は外国人選手が付けることがほとんどとなっています。

このようにこともあり、4という数字は付けない可能性が非常に高いと言われております。

引用元:gigazine

上記の引用でもあるように14が広東語でもいい数字ではないということであれば、2022年に発売される予定の、iPhone14は広東語を話す地域では売れないかもしれません。

という余談はおいといて、Find X4 Proという名称のモデルは販売されないのではないかと言われております。

このようなことからFind X5 Proという名称に変わると言われております。

実はOPPOではOPPO Reno4 Aというシリーズがないということもあります。

✔OPPO Reno4 Aというモデルはない
✔4は使われない可能性も十分にありえる

すでに4が使われない理由としては、Renoシリーズで「4」という数字を利用していません。このようなことから、OPPOというものは採用されない可能性は十分にありえるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました