ファーウェイ MATE X3 折りたたみスマホ 2022年モデルはどうなるのか?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

ファーウェイは折りたたみスマホを今後継続的に販売してくると思います。

ファーウェイはMATE X2というモデルの折りたたみスマホを販売しており、今後も継続的に折りたたみモデルの販売を行うと予想します。

折りたたみモデルというのは、ここ最近各社かなり販売していますが、価格がまだ高額になっているということもあり、なかなか手が出ないという現状があります。

それでも、ほしい人はかなり多いのではないかと思います。

折りたたみといえば、ガラケーを思い出す人も多いと思いますが、ガラケーのほうが物理キーがあるわけではなく、普通の折りたたみということになります。

まずはMATE X2のスペックに関して紹介したいと思います。

 


MATE X2のスペック

モデル名MATE X2
寸法折りたたんだ状態161.8 x 74.6 x 13.6〜14.7mm
寸法開いた状態161.8 x 145.8 x 4.4〜8.2mm
重さ295g
OSHUAWEI Mate X2:EMUI 11.0 *(Android 10に基づく)
HUAWEI Mate X2コレクターズエディション:HarmonyOS 2
画面サイズ内部ディスプレイ:8インチ、外部ディスプレイ:6.45
解像度内部ディスプレイ:2480 x2200ピクセル
外部ディスプレイ:2700 x1160ピクセル
ディスプレイ有機EL リフレッシュレート:90Hz
プロセッサKirin 9000
RAM及びROMHUAWEI Mate X2:8 GB RAM + 256/512 GB ROM
HUAWEI Mate X2 Collector’s Edition:12 GB RAM + 512 GB ROM
microSD最大256GB
前面カメラ1600万画素
背面カメラ5,000万画素:広角、f/1.9絞り、OIS光学式手ぶれ補正をサポート
1,600万画素:超広角カメラf/2.2絞り
1,200万画素:望遠カメラf/2.4絞り、OIS光学式手ぶれ補正をサポート
800万画素:スーパーズームカメラ、10倍光学ズーム、f/4.4絞り、OIS光学手ぶれ補正をサポート
WiFi802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth5.2
カラーバリエーションCrystal Blue、Crystal Pink、White、Black
バッテリー容量4500mAh
その他USB Type-C

こちらがスペックとなっています。スペック的にはハイスペックモデルという位置づけとなっています。

となれば、これからかなりのレベルアップになることは間違いありません。

ハーモニーOS3が搭載と予想

ハーモニーOS3というOSが搭載されると思われます。

ハーモニーOSというのは、ファーウェイ独自のOSですが、2021年の時点でハーモニーOS2となっています。

ハーモニーOS3というものも今後出てくると思われますので、そちらが採用されると思われます。

✔ハーモニーOS3が搭載される予定
✔ベースはAndroidのためほぼAndroidと同じような機能が搭載

ファーウェイ独自のOSとなっていますので、親和性が非常に高いと思います。

CPUはKirin9000の後継

Kirin9000の後継CPUが搭載されるでしょう。

今のところKirin10000と呼ばれるモデルになると予想されております。

そちらであれば、5Gに対応されると思われますので、10000というものが搭載されると、相当いいのではないかと思います。

KirinシリーズのCPUというのは、日本では馴染みがありませんが、ファーウェイ独自の設計となっていますので、結構期待できるのではないかと思います。

また5nmというプロセスルールになり、省エネ性能も改善されると思われます

✔Kirin10000が搭載の予定
✔5Gに対応のスマホになる予定

5Gに対応される予定ですが、Sub6になるのかミリ波になるのか、まだわかりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック