povo 2.0 0円 運用 利用時の通信速度はどうなる? トッピングの購入は必須なのか?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

povo2.0と呼ばれるプランを聞いたことありませんか?

povoというのは、auが出しているオンライン専用の料金プランとなっています。

 


povo2.0はトッピングシステムを採用

画像引用元:povo

povo2.0というのは、トッピングシステムを採用していることを知っていますか?

そしてなんといっても、使わない場合は0円となるのです。

なるべく0円で利用したいと思う人も多いのではないかと思います。

今回は0円で利用する場合の通信速度をお伝えしたいと思います。

0円で利用する通信速度は128Kbps

0円で利用できる通信速度は128Kbpsです。

スマホ 通信制限 1.5Mbsp 1Mbps 300kbps 200kbps 128kbpsで通信は出来るのか? 速度はどれくらいなのか?
スマホを利用していると高速通信○○GB高速通信が終わった後は128Kbpsになりますなどの文言を見たことある人も結構多いと思います。いわゆる通信速度制限というものが行われるわけですが、通信速度制限というのは、起きて嬉しい人はいません。 ...

128Kbpsってどれくらいの通信速度なの?と気になる人も多いのではないかと思います。

そういう方は、一度どれくらいの通信速度になるのか、こちらを確認いただければと思います。

✔webサイトの閲覧程度であれば、遅く感じるものの閲覧可能
✔ユーチューブなどの動画は厳しい

メールやLINE程度であれば、問題ないかと思います。

128Kbpsというのは、どれくらいの遅さになるのか?ということですが、相当イライラするレベルです。

ただ128Kbpsであれば、LINEなどは全く問題はありません。

LINEをする場合だと、128Kbpsであったとしても文字データのやり取りはそこまでストレスを感じることはありません。

○LINEなどの文字データだけなら問題なし
○Twitterもギリギリ問題ないかも?
○インスタグラムは結構厳しいレベル

インスタは動画や画像を扱うので、128Kbpsであれば、結構厳しいでしょうね。

当然ながらウェブサイトの閲覧とかになると、おそすぎて相当ストレスを感じるレベルになってしまうことは間違いないかと思います。

0円で運用できる期間はどの程度なのか?

継続して0円で運用することは、出来ません。

0円で維持しようとしても、ずっと出来ないということは、非常に残念な限りです。

✔180日以上通話発信、SMSの送信をしない
✔180日以内に、トッピングシステムを購入すること

180日以内に1度でもトッピングを購入したり、通話を1度でもしていると利用が可能になります。

これを守ることが出来ないと、強制的に解約になったりすることがありますので、注意が必要となります。

128Kbpsなら限定利用も可能

128Kbpsであれば、限定的な利用も可能となります。

限定的な利用をしたいのであれば、128Kbpsでもいいのです。

128Kbps程度であれば、テキストメッセージのやり取りレベルでは問題はありません。

写真を見たりすることは、結構厳しいのかもしれませんが、通信速度が遅くでも楽しめるサービスというのは色々あるのです。

動画、写真などを利用しないサービスをメインに使うのであれば、問題ないでしょう。

✔限定利用であれば、問題なし
✔Wi-Fiメインであれば、問題なし

結局のところWi-Fiをメインに利用するのであれば、問題ないでしょうね。

サブ回線にはもってこい

サブ回線は持っていないという人が多いと思いますが、サブ回線にはまさにもってこいだと思います。

✔1人で複数回線を持ちたい人
✔一時的に通信量を増やしたい人
✔auの通信速度を体験したい人
✔古いスマホを復活させたい人

1人で複数回線持ってみたいという人にとっては、このサブ回線というのは、ありではないかと思います。

古いスマホを持っており、少しだけでも通信できれば便利だと思っている人も少なからずいるわけです。

そういう人にとっても、このサブ回線というのは、ありではないかと思います。

通常はWi-Fi回線を利用することが必須

通常はWi-Fi回線を利用しておくことをオススメしたいと思います。

Wi-Fi回線であれば、モバイルデータ通信を使うことはありませんので、0円で運用が可能になるのです。

しかしながら、Wi-Fi回線ばかりで利用していると、180日以内に契約をしないといけないという問題があります。

それこそ半年に1度だけのペースで、330円のプランへの加入をしておけばいいのではないかと思います。

330円のプランへ加入することで、少しでもお得に利用することが可能となります。

スケジュールに180日以内に1度は購入するというところを入れておけば問題ないかと思いますね。

それ以外は128Kbpsという通信速度で利用し続けるということもありではないかと思います。

povo 無課金利用者 0円で利用する場合 案内が届く トッピングは定期的に
povoを利用している人も多いと思います。 povoというのは、トッピングシステムを利用することで利用することを前提に利用されるプランとなっています。 povoから利用停止メールが届く povoから利用停止のメールが届くことがある...

こちらを確認してもらいたいのですが、0円運用を行うと、上記のようなメールがpovoから届くようですね。

定期的に料金の支払いをしないと、0円運用もできないので、注意が必要となります。

○定期的に料金の支払いを行う必要がある
○料金の支払いを行うことで、利用停止にはならない

料金の支払いを定期的に行うということは、個人的には旅行の時などにやればいいと思います。

1日中動画の閲覧などをしておきたいという人にとっては、間違いなくメリットがあることだと思います。

povo2.0の0円運用時の注意点

auからpovo2.0 即変更 ブラックリスト 短期解約扱いになり再度契約出来ない?
auから安価なスマホが色々出ていることは知っているかと思います。 auのスマホを契約しようとすると、auのプランへの加入が必須となります。 auの料金プランはそれなりに高額なプランになるため、povo2.0にしようと思う人も多い...

povo2.0を利用したいと思っても、auへMNPなどで契約してきて、すぐにpovo2.0に変更するとブラックになる可能性が非常に高いことがわかっています。

povo2.0は0円で運用できるので、毎月の維持費を下げたいと思っている人ならすぐに変更したいところです。

povo2.0というのは、非常に魅力的な料金プランとなっており、今かなりの人気です。

最低維持費が0円というだけではなく、普通に利用した場合でも、決して高くはありません。

毎月の料金を1000円以内に抑えることも可能となります。

✔povo2.0は非常に魅力的な料金プラン
✔縛りがないので、auへMNPした後はpovo2.0に変更したいところ

一応auのブラックの縛りとしては、半年以上auと契約し続けることにより、ブラックから回避されるということがありますので、基本的にはブラックから回避されないようにするためには、auの契約を半年は継続させる必要があります。

その後のpovo2.0へ変更するということであれば、ありではないかと思います。

✔auの契約は半年間継続的に契約する必要がある
✔auを半年継続した後にpovo2.0に変更する
✔半年継続した後にMNPで他社へ乗り換えする

これらの方法が一番メリットがあるのではないかと思います。

楽天モバイルのスマホも利用可能に

povo 楽天モバイルのスマホ Rakuten BIGs Rakuten Hand5Gを対応端末に追加
povoが楽天モバイルから発売されているスマホに対応しています。 完全にpovoに喧嘩を売っているように思いますが・・・ povoさんちょっとやりすぎなのでは?と思います。 povoで楽天モバイル発売のスマホが利用可能 ...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、楽天モバイルから発売されているスマホに関して、利用可能となっています。

楽天モバイルのスマホもpovoで利用可能
楽天モバイルからpovoに乗り換える人も増える

報道では楽天モバイルが有料プランだけになるというニュースから、povoにのりかえをする人が通常の2.5倍に増えたという報道もあったほどです。

楽天モバイルからのりかえる人もかなり増えたということになります。

それだけpovoというのは、魅力的なプランではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック