TSMC N3というCPUは2022年下半期に3nmのプロセスルールに移行の予定

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

TSMCという会社を知っている人も多いのではないかと思います。

iPhoneのCPUを製造している会社となっており、Aシリーズと呼ばれるCPUを製造している会社です。

そのTSMCですが、2022年下半期にも3nmのプロセスルールのCPUを製造すると報じられております。

TSMCはApple用のCPU 3nmのプロセスルールをリスク生産中 iPhone15あたりでの採用に? A17あたりか
TSMCはApple用のCPUを製造しているメーカーであることは知っている人も多いと思います。 現在TSMCではリスク生産を行っていると報じられており、リスク生産というのは、受注がないのに受注があることを想定して、試作を作り始めるとい...

こちら過去にも3nmのCPUをリスク生産するという記事を記載しておりますが、2022年の下半期ということは、2023年に登場する予定のiPhoneに搭載されるのではないかと思います。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

3nmはiPhone15で採用?

3nmというプロセスルールを搭載するiPhoneというのは、iPhone15で初めて採用される可能性があるということです。

iPhone15 /Pro /ProMAX スペック 予想 発売日 価格 噂 ソフトバンク au ドコモ
iPhone15が今後発売されると思われます。 2021年の時点では、iPhone12の次がiPhone13そしてiPhone14になると予想されております。 となれば、iPhone15というのは、2023年モデルとして発売され...

こちらにiPhone15の記事を掲載しておきます。

プロセスルールが3nmになれば、おそらくAndroidも細かいプロセスルールのモデルを色々採用してくることが予想されます。

✔AndroidでもSnapdragonシリーズで3nmを採用か
✔細かいプロセスルールになれば、CPUの能力は飛躍的に向上する

今この記事を執筆している時点では2021年11月となっていますので、約1年後に3nmのプロセスルールへ移行ということになりますので、なかなか技術的にもすぐには難しいのではないかと思います。

それでもiPhone15で3nmになれば、かなりのメリットになるのではないかと思います。

引用元:digitimes

iPhone14は4nmになると予想

iPhone14では4nmになると予想されております。

4nmであったとしても、かなり細かいプロセスルールとなるので、それはそれで十分ではないかという声もあるかもしれませんが、iPhone14の場合だと、A16と呼ばれるCPUが搭載されますが、A15と比較してもそこまで能力が高いCPUにはならないとも報じられています。

4nmでもA15の5nmよりもプロセスルールが細かくなるわけですが、実際には細かくなったとしても、A15と比較しても、そこまで大差ないと言われています。

TSMCが2022年に3nmのプロセスルールに A17 CPUで採用 サムスンは2022年6月から量産開始
TSMCが3nmのプロセスルールに移行していくと報じられております。 3nmというのは非常に細かいプロセスルールとなり、まさにCPUの動作速度に関しては、かなり高速になると思われます。 中国版Twitter Weiboの投稿 ...

こちらの記事にその旨を記載しているのですが、あまり高速にならない可能性があるということで、それはそれでちょっと残念ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました