AQUOS Sense7 アクオスセンス7 スペック 価格 発売日 ドコモ au ソフトバンクから発売?

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

AQUOS Sense7が2022年に登場すると思われますので、紹介しておきたいと思います。

AQUOS Senseシリーズというのは、巨大バッテリーかつミドルレンジモデルということになります。

 

オンラインショップでの購入がおすすめ

オンラインショップを利用してスマホを購入する人が非常に増えています。

オンラインショップはかなり便利なショップであるということを知っている人も増えてきていると思います。

✔オンラインショップは最短当日スマホが届く
✔ドコモとソフトバンクは事務手数料が無料
✔自宅にいながら購入することができる
✔24時間営業

色々便利なことが盛りだくさんなので、オンラインショップはかなりの人が利用しているわけです。

2021年モデルのAQUOS Sense6はドコモからの販売となりましたが、2022年モデルは今のところどこのモデルから発売されるのか?というところは、未定です。

ただドコモから継続的に販売されているということを考えると、ドコモからの継続的な販売を行うということは、普通にありえることではないかと思います。

予約などを行う人にとっては、オンラインショップは非常に便利かつメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

AQUOS Sense7のスペックを予想する


※写真は

まずはAQUOS Sense6のスペックを確認してみてください。

ブランド名 AQUOS Sense6
本体サイズ 152 x 70 x 7.9 mm
重さ 156g
OS Android11
CPU Snapdragon690
RAM 4GB
ROM 64GB /128GB
ディスプレイサイズ 6.1インチ
解像度 2432 x 1080ドット IGZO OLED
標準カメラ 有効画素数 約4,800万画素 CMOS
F値1.8レンズ[広角79°焦点距離26mm*相当]
電子式手ブレ補正
アウトカメラ
広角カメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
F値2.4レンズ[超広角120°焦点距離15mm*相当]
電子式手ブレ補正
アウトカメラ
望遠カメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
F値2.4レンズ[望遠45°焦点距離53mm*相当]
電子式手ブレ補正
インカメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
F値2.0レンズ[広角78°焦点距離26mm*相当]
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.5.1
バッテリー容量 4,570mAh
防水/防塵 IPX5・IPX8/IP6X
認証方式 顔認証、指紋認証
その他 おサイフケータイ/NFC

こちらがAQUOS Sense6のスペックとなっています。このスペックからレベルアップが行われるわけですが、どのあたりがレベルアップされるのでしょうか?

CPUのレベルアップは当然

CPUは2022年にはまた新しいものが出てくると予想されます。

ゲーミングスマホ 素早い動きや通知もない ゲームをすることに特化したスマホ リフレッシュレートなどがポイント
ゲーミングスマホというジャンルを知っていますか?なかなかゲーミングスマホといってもピンとこない人もいるのではないかと思っています。 なぜゲーミングスマホというものは、ピンとこないのか?ということですが、やはりスマホゲームをするというこ...

こちら現在Snapdragon690の後継CPUが開発されていると予想されている記事となっています。

Snapdragon690の後継モデルが搭載されると思われます。

Snapdragon695という名称になる可能性が高いと言われております。

5Gにも対応しているモデルとなっており、かなり期待できるのではないかと思います。

✔Snapdragon690の後継モデルのCPUが搭載
✔5Gにも対応

基本的にCPUがその機種の処理速度などを含めてある程度決まっていくというところもあり、非常に重要な部品の一つとなっています。

リフレッシュレートは120Hzを継続

リフレッシュレートは、AQUOS Sense7でもあったとしても、継続して120Hzになると思われます。

リフレッシュレートが高いモデルというのは、これから続々と出てきます。

高いとそれだけなめらかに画面が動作するので、かなりおすすめできると思っています。

✔リフレッシュレートは120Hz
✔144Hzにするメリットはないと予想

現行のAQUOS Sense6が120なので、それをあえて144にするメリットは非常に少ないと予想します。

iPhone13でも60Hzなのです。それの2倍のリフレッシュレートであれば、十分ではないかと思います。

RAMは6GBに期待

RAMの容量というのは、年々上がっておりますが、AQUOS Sense6で4GBです。

RAMの容量は6GB程度は欲しいところですね。

部材コストもこのあたりはおそらく年々下がっていると思いますので、6GBだったとしても、同じコストで製造できるのではないかと思います。

最近のスマホは数年利用することを目的に作られていることも多いと思いますので、数年利用に耐えられるということであれば、6GBのRAMの容量は必須でしょうからね。

✔数年使うなら6GBの容量は必要
✔部材コストも下がっているので、6GBだったとしても、問題ないと思われる

RAMの容量に関しては、普通に購入する人はそこまで気にする値ではありません。

しかしながらAQUOSシリーズの中でもRAMの容量に関しては、年々レベルアップしています。

容量が多いことに越したことはありません。

カメラの画素数は望遠と広角が上がるかも

カメラの画素数というのは、望遠と広角で画素数が上がる可能性は十分にありえます。

AQUOS Sense6で4800万画素のカメラが標準搭載されました。

これはあくまで標準のカメラです。

望遠と広角は800万画素だったので、このあたりの画素数が上がるのではないかと思います。

画素数が高いカメラがいいというわけではありませんが、画素数が上がればテンションは上がるのではないかと思います。

✔望遠と広角の画素数が上がると予想
✔AQUOS Sense6でかなりカメラは出来上がっていると予想

正直なところすでにAQUOS Sense6でカメラも出来上がっていると思いますので、そこまで大きな進化はないかと思います。

指紋認証センサーは画面埋め込み

指紋認証センサーは画面埋め込みです。

AQUOS Sense6から画面埋め込みのセンサーが搭載されております。

指紋認証センサーが画面埋め込みになれば、前面の画面に来ることになりますので、かなり指紋認証がしやすくなります。

それだけでもかなりのメリットではないかと思います。

✔指紋認証センサーが画面埋め込みなので、それだけでもメリットがある
✔画面埋め込みなら親指などの登録も楽に行える

指紋認証というのは、普通に行われているかと思いますが、やはりやりやすさというのは、前面の画面上にあることが一番なのです。

今後も継続して画面埋め込みのセンサーになるでしょうね。

買う人も多いはず

AQUOS Senseシリーズというのは、購入する人もかなり多いはずです。

その理由というのは、AQUOS Senseというのは、低価格モデルとなっています。

そのためAQUOS Senseは間違いなく万人受けするモデルとなっています。

万人受けするモデルというのは、かなり人気が高いです。

✔価格が安い
✔安いため万人受けする

もうそろそろ初めてスマホを購入するという人は少ないかもしれませんが、初めて利用するならという人はAQUOS Senseを利用する人もかなり多いです。

初めて購入する人はiPhoneかAQUOS Senseが多いです。

そういう人にとっては、このモデルは買いになると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました