iPhone13s /13sPro /13sProMAX /13smini 13sMAX スペック 価格 予想 予約 在庫

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhone13が、2021年に発売されましたが、次のモデルの名称はどのような名称になるのでしょうか?

iPhone12の次がiPhone13となったことからiPhone14となる可能性が非常に高いわけですが、iPhone13sになる可能性はゼロではないと思っています。

 

iPhoneの購入はオンラインショップで行う

とはいうものの、iPhoneの購入はケースを買うためには必須かと思います。

そもそもiPhoneのケースというのは、オンラインショップで行うことをおすすめしたいですね。

ドコモやahamoを利用している人ならドコモオンラインショップがおすすめ

やはりドコモオンラインショップをドコモユーザーなら利用したほうがお得です。

ドコモオンラインショップは事務手数料無料となっていますので、機種変更を行う場合でも、費用の発生がありません。

またahamoを利用している人もドコモオンラインショップを利用することが可能となります。

ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは事務手数料無料
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは自宅まで送料無料でiPhoneの送付
ahamoを利用している人もドコモオンラインショップは発売日に自宅まで届けてくれる
ドコモ いつでもカエドキプログラム メリット 最新機種を安く買える 毎年iPhoneを買いたい人にはメリット
ドコモは新しいプログラムを出してきました。 このプログラムというのは、auのプログラムとほぼ同じプログラムとなります。このプログラムを利用して購入する人というのは、これからどんどん増えてくると予想されます。 毎年のようにiPho...

ドコモの新しいキャンペーンです。このキャンペーンを利用することで、iPhoneを含めたスマホを安価な価格設定で利用することが可能となります。

残価設定型で購入することが可能となりますので、この購入方法を利用する人は、非常に増えることは間違いありません。

✔残価設定型で購入できるので、メリットが大きい
✔毎月のiPhoneの維持費が安くなる

iPhone13が出たと同時に適用される料金プランということになりますので、このプランを利用して購入する人は非常に多いと予想されます。

ドコモ オンライン ショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNPで利用可能
ドコモオンラインショップを利用してスマホの機種変更や新規契約を行う人が非常に増えています。 ドコモオンラインショップで契約するメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか? 公式のオンラインショップはこちらです...

こちらにahamoを利用している人もドコモオンラインショップのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

auまたはpovoを利用している人

au Online Shopを利用してiPhoneの購入を行う人もいるでしょう。

au Online Shopは頭金不要で、送料無料で自宅まで送付してくれます。

au Online Shopは送料無料
au Online Shopは頭金無料

また少しでもauは安く購入できる施策を提供してくれています。

au スマホトクするプログラム スマホトクするボーナス メリット デメリット iPhoneを安く買える
auから新しいプログラムが発表されました。 このスマホトクするプログラムを利用することで、iPhoneなどの高額スマホを少しでも安く購入できる施策となっています。 auは今までかえトクプログラムというものを出していました...

こちらのスマホトクするプログラムを利用することで、少しでもiPhoneを安く購入することが可能となります。

それだけでもかなりのメリットになることは間違いありません。

2021 au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

こちらにau Online Shopのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

ソフトバンクまたはLINEMOを利用している人

ソフトバンクを利用している方にもメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップは事務手数料無料で自宅まで送料無料でiPhoneを届けてくれます。

は送料無料で自宅まで送付
ソフトバンクオンラインショップは発売日に自宅に届く

少しでも早い段階でスマホを購入したいと考えている人にとっては、本当に朗報です。

またこれはLINEMOのユーザーであったとしても、対応してくれるので、それもメリットがあるのではないかと思います。

LINEMO iPhone13 ソフトバンクで機種変更 トクするサポート+は利用できるのか?
LINEMOというサービスが出ていることを知っていますでしょうか? LINEMOであれば、毎月の維持費をかなり下げて利用することが可能となります。 LINEMOなら3GBのプランから選択が可能 LINEMO...

こちらにLINEMOでも2021年モデルのiPhoneの購入が安価な価格設定でできるのか?というところを掲載しているページとなっています。

ソフトバンク 2021 スマホ iPhone 機種変更 半額で購入 メリット 安く買うためのキャンペーンを紹介
ソフトバンクからトクするサポート+というプランを利用することで、かなりお得に購入することが可能となっています。 この施策というのは、スマホを実質的に半額で購入することが可能となります。 iPhone13が発表され、この施策で購入...

こちらに半額で購入できる施策に関してお伝えしておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

これはかえトクサポート+と呼ばれる施策となっており、かなりメリットがあります。

ソフトバンクオンラインショップ メリット デメリット 機種変更 新規 MNP 予約 お得に契約する方法
ソフトバンクオンラインショップを使ってお得に契約したいと考えている人も結構多いと思います。 ソフトバンクオンラインショップのメリットをお伝えしたいと思います。 ソフトバンクの携帯を購入するならソフトバンクオンラインショッ...

楽天モバイルを利用している人

楽天モバイルからもiPhoneの発売はありますので、iPhoneを購入したい人は、楽天モバイルも視野に入れていただければと思います。

毎月の最低維持費も非常に安価なので、かなりの人が楽天モバイルを利用して購入することは間違いありません。

✔毎月の最低維持費が非常に安い
✔無制限で利用が可能

無制限で利用することが可能となりますので、相当メリットがあることは間違いありません。

楽天モバイルを利用している人にも当然ながらメリットはあります。

楽天モバイルはとにかく毎月の維持費が安いのです。

毎月の維持費が安いので、楽天モバイルを利用する人が非常に多いのです。

楽天モバイル iPhone アップデートプログラム メリット デメリット 本当にお得なの?
楽天モバイルからiPhoneアップデートプログラムと呼ばれるものが出ていることを知っていますでしょうか? 楽天モバイルというのは、SIMフリーを除く各キャリアモデルの中で最もiPhoneの価格が安価なのです。 楽天モバイ...

こちらの施策を見てもらいたいのですが、少しでもiPhoneを安価に購入できる施策となっています。

この施策を利用することで、少しでもiPhoneを安く買うことができるのです。2021年モデルにも適用されると予想されますので、メリットはかなりあるでしょう。

iPhone13sはどのような機種に?

iPhone13sという名称で販売されるとしても、iPhone13の後継モデルであることは間違いありません。

それでは、どのようなモデルになるのでしょうか?

✔iPhone13の後継モデル
✔iPhone12とiPhone13はほぼ同じ筐体のため、筐体が変化する可能性もある
✔完全に変化する場合はiPhone14になる場合も

iPhone13sというのは、基本的にiPhone13の後継ということになります。

CPUはA16

CPUにはA16という次のCPUが準備されるでしょう。

A16 CPU A15は?Apple iPhone 14に搭載されるCPUを リスク生産 3nmという驚異のプロセスルール
A16と呼ばれる次のCPUの開発をTSMCが行っているようです。 A16というCPUというのは、2022年にもiPhoneに搭載されるCPUになっています。 リスク生産というものは何か? リスク生産というものはなんでしょう...

現在このCPUというのは、リスク生産されていたものとなり、プロセスルールというのは、3nmになるのではないか?と噂されております。

プロセスルールが細かくなるということで、かなりメリットがあります。

どのようなメリットがあるのか?ということですが、一番のメリットというのは、なんといっても省エネ性能となります。

省エネ性能になる可能性があることから、確実にバッテリーの持ちがよくなることは間違いないでしょう。

✔バッテリーの持ちは間違いなくよくなると予想
✔プロセスルールの変更はCPU自体が全体的によくなる傾向

プロセスルールが細かくなるということは、CPU自体のバージョンアップとして捉えればいいと思います。

そのため飛躍的にスペックなどが向上するのです。

それは本当にメリットのあることではないかと思います。

RAMの容量も飛躍的向上か

RAMの容量は飛躍的に上がると予想されます。

RAMの容量というのは、iPhone13シリーズで4GBでProシリーズで6GBです。

当然ながらこれよりは大きくなると予想されます。

次のシリーズでは6GBと8GBとなることはほぼ間違いないのでは?と思います。

✔iPhone13sシリーズでは飛躍的向上
✔iPhone13よりはよくなる可能性は非常に高い

RAMの容量が高いとメリットもかなりあります。複数アプリを同時にあげても負担が少ないということもあります。

大容量アプリもサクサク動作させることも可能ということになりますので、メリットもかなりあります。

ただアプリ側も古いiPhoneに対応しているため、そこまで大容量のアプリもそこまで多くはありません。

アプリ側でiPhone12以上とかそのような記載されているものというのは、非常に少ないのではないかと思います。

そういうことを考えると、iPhone12以上で使えるアプリというような縛りがあるアプリというのはないかと思います。

そういうことを考えると若干少なめのRAMであったとしてもある程度はiOS側で制御しているため、問題ないということになります。

カメラの画素数は上がる

カメラの画素数は上がると予想されております。

カメラの画素数というのは、iPhone13の時点で1200万画素です。

2022年モデルではカメラの画素数は上がると予想されております。

✔画素数が4800万画素に
✔広角、望遠の画素数アップにも期待

画素数が上がるということは、待っている人も多いのではないかと思います。

画素数が上がるだけで、ポテンシャルはかなりのものになるのではないかと思います。

他社製スマホでも年々カメラ性能はアップ

他社製のスマホもミドルレンジであったとしても6400万画素クラスのカメラが搭載されているモデルがあります。

5万円前後で6400万画素ということで、かなり画素数の高いカメラを搭載しているモデルもかなり多くなっているのです。

iPhoneのカメラはLGやシャープが提供していると言われておりますが、LGやシャープも画素数の高いモデルのスマホを搭載していることもあり、今後は追随してくるのではないでしょうか。

✔画素数アップは他社比較のため必須に
✔カメラの撮影方法などもよくなると予想

カメラは画素数だけではなく、F値にも注目です。F値というのは、低いほうがきれいに撮影できるわけですが、iPhone13でF値は1.5までになりました。

正直なところ暗い場所で撮影してもそこまできれいに撮影できるというわけではないかと思います。

【カメラ比較】iPhone13ProMAX ナイトモード 違い 12ProMAX 11ProMAX Xs XやGalaxy
iPhone13シリーズが発売され、自宅にiPhone13ProMAXがやってきました。 今回は私が過去から持っているiPhoneをベースにどれだけ進化したのか?というところを紹介したいと思います。 iPhone13シリーズはま...

こちらを見てもらいたいのですが、どうもいまいちなのです。

iPhone12のほうがきれいなのでは?と思うレベルです。

このあたりは次のモデルで改善してもらいたいですね。

2022年モデルでは2TBになる可能性も

2022年モデルのiPhoneでは2TBのROMの容量になる可能性も出てきているようです。

2TBというのは、かなりの大容量となっており、そこまでの大容量で販売されるのであれば、本当にすごいということになります。

ただこれもProモデルだけということになります。

✔Proモデルでは2TBという大容量になる可能性も高い
✔2TBというと、本当にかなりの容量が入る
✔まさにPro用のiPhoneということになる

大容量モデルというのは、普通の人はなかなか購入はしない

大容量モデルを購入するのは、基本的に動画を大量に撮影する人が多いのです。

ProとProMAXの2つのモデルで2TBのモデルが発売されることになるかと思いますが、相当降格な価格帯になるのではないかと思います。

iPhone13sという名称で本当に発売されるのか?

iPhone13sという名称で本当に発売されるのでしょうか?

iPhoneというのは、2年に1度の大きな形状変更を行っており、iPhone12で大きな形状変更をしています。

そのためiPhone13では形状がiPhone12とさほど変わりなく、カメラが大きくなったことと、ノッチが少し小さくなったことくらいで、大きな形状変更というのは、正直なところ起きていません。

となれば、次に発売されるiPhone13の後継モデルで、形状変更が行われる可能性が非常に高いということになります。

iPhone13の次のモデルで形状変更が行われるということであれば、iPhone13sになる可能性はさほど高くないと思います。

✔名称はiPhone13sになる可能性は高くはない
✔iPhone14と考えることが妥当

iPhone13というのは、iPhone12sという名称で販売される可能性が高いとも言われておりました。その理由は、13という数字が海外ではあまりよくない数字と認識されていたことが原因です。

それでもiPhone13という名称で販売しているのです。

13という名称というのは、さほど問題なかったということになります。

となれば、今後iPhone13sという名称であえて販売する必要もないかと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました