【Pixel8 iPhone14 Xiaomi13T Pro 実質12円】
スマホ乗り換え.com|新規契約・MNPで特典&キャンペーンが目白押しのソフトバンク取扱店
スマホ乗り換え.com(ドットコム)ではソフトバンクへの新規契約・乗り換え(MNP)で最速のキャッシュバックキャンペーンを実施中!全国どこからでも最新の携帯・スマートフォンを簡単&お得に購入できます。累計販売台数50万台超!


【脱サラも可能毎月数十万稼げる商材】
アフィリエイト小遣いレベルから独立まで数十万から数百万まで稼げる
アフィリエイトという言葉を聞いたことある人も多いと思いますが、アフィリエイトをやることで小遣いレベルから起業するレベルまで人によって感じ方は違うと思います。 起業するレベルというのは、専業として仕事をするというレベルとなっています。 ...

スマホで収入を得る 小遣いが稼げる 脱サラも可能な案件を紹介
スマホがあれば小遣いを稼ぐことができるという案件があればかなりメリットがあると思いませんか? スマホ1つで小遣いが稼げるのであれば、相当魅力的だと思います。 しかも数ヶ月必死にやれば、毎月数十万も稼げちゃうという案件があれば興味...

【携帯情報コム公式Instagram】
Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.


au iPhone13 スマホトクするプログラム スマホトクするボーナス デメリット メリット




 

この記事にはPR文言を含んでおります。

auから新しいプログラムが発表され、2022年4月以降もこのプログラムが最新のプログラムとなっています。

そのためiPhone13やiPhoneSE3を購入する時にこのプログラムを利用している人は結構多いと思います。

このスマホトクするプログラムを利用することで、iPhoneなどの高額スマホを少しでも安く購入できる施策となっています。

auは今までかえトクプログラムというものを出していましたが、2021年9月16日をもって、このかえトクプログラムというものがなくなりました。

ただ実際には、かえトクプログラムとほぼ同じようなプログラムとなっており、いわゆる残価設定型の24回払いというイメージになるプランとなります。

 

事務手数料が無料のオンラインショップドコモ公式オンラインショップ上記クリックで、ドコモオンラインショップ公式サイトに遷移します。ソフトバンク公式オンラインショップ上記クリックで、ソフトバンクオンラインショップ公式サイトに遷移します。楽天モバイル公式オンラインショップ上記クリックで、楽天モバイルオンラインショップ公式サイトに遷移します。

スマホの購入ならオンラインショップがおすすめ

スマホの購入であれば、オンラインショップがおすすめです。

auまたはpovoを利用している人

au Online Shopを利用してiPhoneの購入を行う人もいるでしょう。

au Online Shopは頭金不要で、送料無料で自宅まで送付してくれます。

au Online Shopは送料無料
au Online Shopは頭金無料

また少しでもauは安く購入できる施策を提供してくれています。

それだけでもかなりのメリットになることは間違いありません。

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

こちらにau Online Shopのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

スマホとくするプログラムとは?

※auのサイトより引用

簡単にいうと、毎月の利用金額は24ヶ月目までは若干高めに設定されており、25回目からは支払い価格が低めに設定されているプログラムです。

ソフトバンクのトクするサポート+に似ているように感じますが、ソフトバンクの場合は平準払いです。

24回目までがスマホの価格が高いというわけではありません。こちらは24回目までの支払いが若干高くなっており、お得な感じをもたないかもしれませんが、本体代金一括価格で比べると、ソフトバンクのほうが高いので、48回すべて払いきった場合は、auのほうが安くなる傾向が多いです。

✔24回目までの支払いは若干高めに設定
✔25回目からは毎月の維持費が下がる

25回目以降というのは、毎月の支払いが下がります。

au PAYカードを利用することで、スマホトクするボーナスというものが付与され、25回目以降の支払いに付与される仕組みとなっています。

スマホトクするプログラムのメリットは?

スマホトクするプログラムのメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

本体回収を前提に安く利用できる

本体を回収するということを前提に安く利用することが可能となっています。

これが今回の最大のメリットとなります。

○本体は回収されるが、2年後また機種変更すればよい
○13ヶ月以降であれば、機種変更は可能

13ヶ月経過していれば、回収してもらうことは可能です。

13ヶ月経過しているということは、毎年最新のiPhoneを利用し続けることも可能となります。

実際に毎年最新のiPhoneを利用する人は、少ないかもしれませんが、毎年最新のiPhoneをこの施策を利用することで、買う事ができるということが、メリットかと思います。

しかしながらそのタイミングでは、まだ残り24回目まで残りの支払いが残っています。

そのため実際には一括で購入してしまい、買取に出すほうがメリットがあるかもしれません。

とにかく24回分の支払いは絶対必須となりますので、それは注意が必要となります。

au PAY支払いでボーナスを本体代金に還元できる

au PAYで支払うことで、ボーナスを得ることが可能となります。

なんとそのボーナスというのは、5%もあるというので、相当メリットがあると思います。

実質5%割引で購入できるということになります。

ボーナスを得ることができれば、25回目以降の本体代金に充当することが可能となります。

それで結果的に安く購入することが可能なのです。

✔ボーナスを3回目以降に反映してくれる
✔au PAYの契約は必須になるが、安く利用できるならありではないか

結果的に安価に利用したいということであれば、間違いなくメリットしかありません。

au PAYでの支払いを行うということで、相当なメリットがあります。

継続利用することも可能

このプログラムを利用することをせずとも継続的に利用することは可能です。

25回目の支払いもやめずに継続的に支払いを続ければいいだけなのです。

✔48回目まで続けて支払うことも可能
✔気に入ったスマホなら買い換える必要もなし

このプログラムを利用して購入したスマホも買い替えたくないのに、わざわざ買い換える必要はありません。

それなら継続して利用しておくということもありではないかと思います。

継続して利用した場合は、はじめの24回目よりも安く維持することが可能なので、メリットも大きいと思います。

一括払いよりも安くなるのでは?

一括払いを検討している人もいるかも知れませんが、一括で払うよりも安価な価格で契約できるのではないかと思います。

au PAYで支払うことによるボーナスをもらうことが可能だからです。

✔ボーナスをもらうことで、一括価格よりも安くなる
✔このプログラムには入ったほうがメリットが大きい

一括払いよりもお得に購入できるのであれば、こちらを利用する人も増えてくるのではないかと思います。

一括購入のほうがメリットが少ないとか今まであったでしょうか?

分割をわざわざ組んで契約を行うほうがメリットがあるということも、本当にすごいことだと思います。

一括払いをせずに分割契約を検討してください。

au回線がなくても利用可能

auの回線がなくても利用することが可能です。

これはソフトバンクでも同様なので、スマホと通信業者は別々という分離プランとなっています。

とはいうものの、実質auの回線を所持している人が、この契約を行うわけです。

そういうことを考えると、間違いなくau回線がなくても利用が可能ということになります。

✔au回線がなくても利用が可能
✔au回線は、メリットが大きい

au回線というのは、非常にメリットが大きいです。

その理由としては、エリアの広さがあります。auは楽天モバイルにパートナー回線としてエリア補助をするくらいエリアが広いのです。

そのためau回線はぜひ持っておきたいところではないかと思っています。

基本的にiPhoneならSIMフリーで販売されるので、他社のSIMを利用しても全く問題はありません。

iPhone13シリーズならかなり安く買える

iPhone13シリーズであれば、トクするプログラムを利用することで、かなり安価に利用することが出来ます。

いわゆる残価設定型ということになりますので、相当安いです。

✔iPhone13シリーズはMNPを利用すれば、かなり安い
✔iPhone12でも問題なし

iPhone12シリーズでも問題なしと考えている人であれば、この方法を利用すれば、かなりお得に利用することが出来ますので、iPhone12+トクするプログラムとおぼえておくことをオススメしたいと思いますね。

正直なところiPhone12でも十分だと思えるような記事がありますので、紹介したいと思います。

【カメラ 比較】iPhone13 /iPhone13Pro 比較 iPhone12Pro 11Pro Xs XやGalaxy ナイトモード 違い
iPhone13シリーズが発売されカメラがどの程度使えるのか?というところは非常にきになるところだと思います。 今回は私が過去から持っているiPhoneをベースにどれだけ進化したのか?というところを紹介したいと思います。 こ...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone13ProMAXで撮影したものと、iPhone12ProMAXで撮影したものがあります。

iPhone12ProMAXで撮影した写真であったとしても、かなりきれいに撮影出来ていると思いませんか?

このあたりも結構異なりますので、iPhone12ProMAXのほうがいいのでは?と思うことも多々あります。

デメリットはあるの?

気になるのはデメリットの部分だと思います。

メリットばかり回答していても、メリットしかないと思いますからね。

ただ今回のこの施策に関してはデメリットはあまり思いつきません。

✔デメリットは少ないのでは?
✔一括払いよりもお得

あえていうなら分割購入することにより、毎月スマホの支払いが発生することくらいではないでしょうか。

毎月スマホの本体代金の支払いをする必要があります。

それが嫌だという人なら一括払いにしてそちらのメリットの恩恵を受けるほうがいいのではないでしょうか。

実際にそれくらいがデメリットで、メリットのほうが今回の施策では大きいと思いますね。

後は他社の価格と比較してどう感じるか?くらいではないかと思います。

ドコモも同じような施策をしていますが、ドコモはもともとが36回払いとなり、そのうち24回払いとなります。

ソフトバンクはソフトバンクの一括価格の半額で購入できるトクするサポート+と呼ばれる施策です。

これらの施策と比較して、auのほうがお得かどうかを判断する必要があるかと思います。

auユーザーならpovoに変更することで維持費を抑えられる

auユーザーであれば、povoに変更することで、維持費を抑えることが可能となります。

それはかなりのメリットだと思います。

毎月の維持費というのは、かなり高いですからね。その維持費を抑えることができるということだけでもメリットがあるのではないかと思います。

✔povoで維持費を抑えられる
✔povoは2.0という次のスタイルも9月下旬に提供開始
povo
「povo」の記事一覧です。

こちらにau関連の情報を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

povo2.0にすることにより、毎月の維持費が下がるという人も多いのではないかと思います。

3GBで30日使えるプランが1000円を切るなど、かなりメリットもあるかと思います。

ahamoはまだこのような形でメスは入れておりませんが、ひょっとするとドコモも3GBで1000円を切るプランなどが出てくるかもしれません。

ただauはpovoに逃げることが出来ますので、それだけでもメリットはあると思っています。

povo 2.0 0円 運用 利用時の通信速度はどうなる? トッピングの購入は必須なのか?
povo2.0と呼ばれるプランを聞いたことありませんか? povoというのは、auが出しているオンライン専用の料金プランとなっています。 povo2.0はトッピングシステムを採用 画像引用元:povo povo2.0...

こちらpovoで運用することで、相当な維持費を抑えることが可能となります。

そのためpovoを利用するユーザーもかなり最近は増えています。

auからpovo2.0 即変更 ブラックリスト 短期解約扱いになり再度契約出来ない?
auから安価なスマホが色々出ていることは知っているかと思います。 auのスマホを契約しようとすると、auのプランへの加入が必須となります。 auの料金プランはそれなりに高額なプランになるため、povo2.0にしようと思う人も多い...

ただauへ加入後即povo2.0に変更するということは、ブラックリストに入る可能性がありますので、注意が必要となります。

2年後に買取に出す方が安いのか?

一括購入をして後に2年後買取に出すほうが安いのか?と思う人もいるのではないかと思います。

スマホ iPhoneの下取り比較 売却 買取どっちがお得なのか 売る方がいいのでは?
スマホを持っている人なら買取と下取りどちらがお得なのか?ということを検討している人もいるのではないかと思います。 スマホを持っているということは、そのまま記念として持っておくこともできますが、人によっては下取りにするか買取にするか悩む...

こちらを見てもらいたいのですが、本当にどれがいいのか?と言われると非常に悩ましいところです。

ただ残価設定となりますので、ある程度金額がはじめから保障されているわけです。

金額が保障されているということは、かなりメリットがあると思います。

✔残価金額が購入時に確定
✔2年間利用しても、それを下回ることはない

残価を設定しているということは、基本的にその価格よりも高くもなることもありませんが、安くなることもありえます。

下取りの場合は、2年経過した後に、下回るということは十分に考えられます。

その時に時間をかけて少しでも高値で買い取ってくれるところを探す必要があるのです。それって面倒ではないでしょうか?

非常に面倒ということもありますので、はじめから残価を設定されているものとして購入するほうが気が楽ではないかと思います。

正直なところ、2年後どうなっているかわからない状態で購入するよりある程度わかった状態で購入するほうが楽ですからね。

ドコモも同様の残価設定型プランを出してきた

ドコモ いつでもカエドキプログラム デメリット メリット 機種変更が安い 最新機種を安く買える
ドコモではいつでもカエドキプログラムというものがあり、機種変更などを非常に買いやすい方法で、販売しています。 毎年のようにiPhoneを購入したけど、価格がかなり高いという理由で毎年iPhoneの購入が出来ないことはナンセンスです。 ...

こちらを確認してもらいたいのですが、ドコモも同じプランを出してきました。

✔ドコモも同じプランを出してきた
✔残価設定型はかなりお得に購入できる

2年後の下取りをメインに考えられたプログラムとなります。

基本的に2年はスマホを利用する人が多いと思います。

そのため基本的には残価設定型というのは、理にかなっていると思います。

ドコモとauが残価設定型を出してきましたが、ソフトバンクは48回払いという程度です。

とはいうものの、48回で端末を返却したらソフトバンクはそれはそれで終わりです。

トクするサポート+(2020年3月27日~2021年9月23日) | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
最新スマートフォンの機種代金が、超おトクになるプログラムです。

こちらがソフトバンクです。どこの会社も回線契約がなくても契約することは可能ですが、実際には自分が契約している会社のものを選択することは間違いないかと思います。

2年間しか支払いをせずに、2年後新しいスマホに乗り換えることが出来るということは、非常に素晴らしいプログラムです。

それで安価に購入出来るなら、ありではないかと思います。

安く買うための施策としてかなりいい

安く買うための施策としては、相当いいと思います。

基本的に安く買うための施策というのは、MNPを利用して購入するということが一般的だったと思いますが、今はこのように機種変更で購入しても、お得に買うことができるのです。

機種変更であれば、他社に行くという変化を嫌う人にとっては、間違いなくいいと思います。

安価に買う方法というのは、他にも色々あるかと思いますが、一旦は機種変更で安価に購入できるという施策が結構メリットがあると思っています。

✔機種変更だけで恩恵を受けられる
✔MNPする必要がない

MNPに関わる事務手数料などが発生するということもなく、結果的に機種変更で安価に購入できるということが、メリットであるということです。

スマホの価格が高いと感じていた人には朗報

スマホの価格が高いと感じていた人にとっては、この施策というのは、かなり朗報ではないかと思います。

この施策を通じて購入するだけで、かなり安く購入することができるのです。

デメリットとしては、スマホも返却があるくらいです。

古いスマホって正直なところそこまで使いますか?と言いたいです。2年単位で買い換えるのであれば、1世代前のiPhoneでも大丈夫ですし、2年後に返却されたとしても、また新しいiPhoneの購入をすれば、いいわけです。

感覚としては、ずっと新しいiPhoneを使い続けられるレンタルのようなイメージです。

そのようなイメージで継続して利用することができるというところが、最大のメリットだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
au公式サイト