au スマホトクするプログラム スマホトクするボーナス メリット デメリット iPhoneを安く買える

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

auから新しいプログラムが発表されました。

このスマホトクするプログラムを利用することで、iPhoneなどの高額スマホを少しでも安く購入できる施策となっています。

auは今までかえトクプログラムというものを出していましたが、9月16日をもって、このかえトクプログラムというものがなくなります。

ただ実際には、かえトクプログラムとほぼ同じようなプログラムとなっており、いわゆる残価設定型の24回払いというイメージになるプランとなります。

 

スマホの購入ならオンラインショップがおすすめ

スマホの購入であれば、オンラインショップがおすすめです。

auまたはpovoを利用している人

au Online Shopを利用してiPhoneの購入を行う人もいるでしょう。

au Online Shopは頭金不要で、送料無料で自宅まで送付してくれます。

au Online Shopは送料無料
au Online Shopは頭金無料

また少しでもauは安く購入できる施策を提供してくれています。

それだけでもかなりのメリットになることは間違いありません。

2021 au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 予約 購入が出来る
au Online Shopのメリットに関してお伝えしてみたいと思います。 まずはau Online Shopというショップを知っていますか? auが直営で実施しているオンラインショップです。このau Online Shopを利...

こちらにau Online Shopのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認ください。

スマホとくするプログラムとは?

簡単にいうと、毎月の利用金額は24ヶ月目までは若干高めに設定されており、25回目からは支払い価格が低めに設定されているプログラムです。

ソフトバンクのトクするサポート+に似ているように感じますが、ソフトバンクの場合は平準払いです。

24回目までがスマホの価格が高いというわけではありません。こちらは24回目までの支払いが若干高くなっており、お得な感じをもたないかもしれませんが、本体代金一括価格で比べると、ソフトバンクのほうが高いので、48回すべて払いきった場合は、auのほうが安くなる傾向が多いです。

✔24回目までの支払いは若干高めに設定
✔25回目からは毎月の維持費が下がる

25回目以降というのは、毎月の支払いが下がります。

au PAYカードを利用することで、スマホトクするボーナスというものが付与され、25回目以降の支払いに付与される仕組みとなっています。

スマホトクするプログラムのメリットは?

スマホトクするプログラムのメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

本体回収を前提に安く利用できる

本体を回収するということを前提に安く利用することが可能となっています。

これが今回の最大のメリットとなります。

✔本体は回収されるが、2年後また機種変更すればよい
✔13ヶ月以降であれば、機種変更は可能

13ヶ月経過していれば、回収してもらうことは可能です。

しかしながらそのタイミングでは、まだ残り24回目まで残りの支払いが残っています。

そのため実際には一括で購入してしまい、買取に出すほうがメリットがあるかもしれません。

とにかく24回分の支払いは絶対必須となりますので、それは注意が必要となります。

au PAY支払いでボーナスを本体代金に還元できる

au PAYで支払うことで、ボーナスを得ることが可能となります。

なんとそのボーナスというのは、5%もあるというので、相当メリットがあると思います。

実質5%割引で購入できるということになります。

ボーナスを得ることができれば、25回目以降の本体代金に充当することが可能となります。

それで結果的に安く購入することが可能なのです。

✔ボーナスを3回目以降に反映してくれる
✔au PAYの契約は必須になるが、安く利用できるならありではないか

結果的に安価に利用したいということであれば、間違いなくメリットしかありません。

au PAYでの支払いを行うということで、相当なメリットがあります。

継続利用することも可能

このプログラムを利用することをせずとも継続的に利用することは可能です。

25回目の支払いもやめずに継続的に支払いを続ければいいだけなのです。

✔48回目まで続けて支払うことも可能
✔気に入ったスマホなら買い換える必要もなし

このプログラムを利用して購入したスマホも買い替えたくないのに、わざわざ買い換える必要はありません。

それなら継続して利用しておくということもありではないかと思います。

継続して利用した場合は、はじめの24回目よりも安く維持することが可能なので、メリットも大きいと思います。

一括払いよりも安くなるのでは?

一括払いを検討している人もいるかも知れませんが、一括で払うよりも安価な価格で契約できるのではないかと思います。

au PAYで支払うことによるボーナスをもらうことが可能だからです。

✔ボーナスをもらうことで、一括価格よりも安くなる
✔このプログラムには入ったほうがメリットが大きい

一括払いよりもお得に購入できるのであれば、こちらを利用する人も増えてくるのではないかと思います。

一括購入のほうがメリットが少ないとか今まであったでしょうか?

分割をわざわざ組んで契約を行うほうがメリットがあるということも、本当にすごいことだと思います。

一括払いをせずに分割契約を検討してください。

au回線がなくても利用可能

auの回線がなくても利用することが可能です。

これはソフトバンクでも同様なので、スマホと通信業者は別々という分離プランとなっています。

とはいうものの、実質auの回線を所持している人が、この契約を行うわけです。

そういうことを考えると、間違いなくau回線がなくても利用が可能ということになります。

✔au回線がなくても利用が可能
✔au回線は、メリットが大きい

au回線というのは、非常にメリットが大きいです。

その理由としては、エリアの広さがあります。auは楽天モバイルにパートナー回線としてエリア補助をするくらいエリアが広いのです。

そのためau回線はぜひ持っておきたいところではないかと思っています。

デメリットはあるの?

気になるのはデメリットの部分だと思います。

メリットばかり回答していても、メリットしかないと思いますからね。

ただ今回のこの施策に関してはデメリットはあまり思いつきません。

✔デメリットは少ないのでは?
✔一括払いよりもお得

あえていうなら分割購入することにより、毎月スマホの支払いが発生することくらいではないでしょうか。

毎月スマホの本体代金の支払いをする必要があります。

それが嫌だという人なら一括払いにしてそちらのメリットの恩恵を受けるほうがいいのではないでしょうか。

実際にそれくらいがデメリットで、メリットのほうが今回の施策では大きいと思いますね。

後は他社の価格と比較してどう感じるか?くらいではないかと思います。

ドコモも同じような施策をしていますが、ドコモはもともとが36回払いとなり、そのうち24回払いとなります。

ソフトバンクはソフトバンクの一括価格の半額で購入できるトクするサポート+と呼ばれる施策です。

これらの施策と比較して、auのほうがお得かどうかを判断する必要があるかと思います。

auユーザーならpovoに変更することで維持費を抑えられる

auユーザーであれば、povoに変更することで、維持費を抑えることが可能となります。

それはかなりのメリットだと思います。

毎月の維持費というのは、かなり高いですからね。その維持費を抑えることができるということだけでもメリットがあるのではないかと思います。

✔povoで維持費を抑えられる
✔povoは2.0という次のスタイルも9月下旬に提供開始
povo
「povo」の記事一覧です。

こちらにau関連の情報を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

povo2.0にすることにより、毎月の維持費が下がるという人も多いのではないかと思います。

3GBで30日使えるプランが1000円を切るなど、かなりメリットもあるかと思います。

ahamoはまだこのような形でメスは入れておりませんが、ひょっとするとドコモも3GBで1000円を切るプランなどが出てくるかもしれません。

ただauはpovoに逃げることが出来ますので、それだけでもメリットはあると思っています。

2年後に買取に出す方が安いのか?

一括購入をして後に2年後買取に出すほうが安いのか?と思う人もいるのではないかと思います。

スマホ iPhoneの下取り比較 売却 買取どっちがお得なのか 売る方がいいのでは?
スマホを持っている人なら買取と下取りどちらがお得なのか?ということを検討している人もいるのではないかと思います。 スマホを持っているということは、そのまま記念として持っておくこともできますが、人によっては下取りにするか買取にするか悩む...

こちらを見てもらいたいのですが、本当にどれがいいのか?と言われると非常に悩ましいところです。

ただ残価設定となりますので、ある程度金額がはじめから保障されているわけです。

金額が保障されているということは、かなりメリットがあると思います。

✔残価金額が購入時に確定
✔2年間利用しても、それを下回ることはない

残価を設定しているということは、基本的にその価格よりも高くもなることもありませんが、安くなることもありえます。

下取りの場合は、2年経過した後に、下回るということは十分に考えられます。

その時に時間をかけて少しでも高値で買い取ってくれるところを探す必要があるのです。それって面倒ではないでしょうか?

非常に面倒ということもありますので、はじめから残価を設定されているものとして購入するほうが気が楽ではないかと思います。

正直なところ、2年後どうなっているかわからない状態で購入するよりある程度わかった状態で購入するほうが楽ですからね。

ドコモも同様の残価設定型プランを出してきた

ドコモ いつでもカエドキプログラム メリット 最新機種を安く買える 毎年iPhoneを買いたい人にはメリット
ドコモは新しいプログラムを出してきました。 このプログラムというのは、auのプログラムとほぼ同じプログラムとなります。このプログラムを利用して購入する人というのは、これからどんどん増えてくると予想されます。 毎年のようにiPho...

こちらを確認してもらいたいのですが、ドコモも同じプランを出してきました。

✔ドコモも同じプランを出してきた
✔残価設定型はかなりお得に購入できる

2年後の下取りをメインに考えられたプログラムとなります。

基本的に2年はスマホを利用する人が多いと思います。

そのため基本的には残価設定型というのは、理にかなっていると思います。

ドコモとauが残価設定型を出してきましたが、ソフトバンクは48回払いという程度です。

とはいうものの、48回で端末を返却したらソフトバンクはそれはそれで終わりです。

トクするサポート+ | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク
最新スマートフォンの機種代金が、超おトクになるプログラムです。

こちらがソフトバンクです。どこの会社も回線契約がなくても契約することは可能ですが、実際には自分が契約している会社のものを選択することは間違いないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました