au Redmi Note 10 JE XIG02 スペック 価格 おサイフケータイ 防水 防塵対応 日本モデル

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

auから発売されているRedmi Note 10 JEに関しての情報を紹介したいと思います。

Xiaomiというメーカーから販売されているRedmi Note10 JEという機種ですが、ソフトバンクでもRedmi Noteシリーズの販売は行われております。

Xiaomiというスマホはauからも販売されておりましたが、今回は安価なモデルの登場となります。

 

オンラインショップでの購入がおすすめ

auのスマホを購入するのであれば、auのオンラインストアがおすすめです。

こちらがau Online Shopとなります。

au Online Shopは頭金無料となっていますので、かなり購入しやすいイメージです。

au かえトクプログラム メリット ほぼ半額 残価設定で 買いやすく スマホ代金が高額になったことを受けての対応
auが「かえトクプログラム」というものを出してきました。このかえトクプログラムというものは、どのようなものなのでしょうか。 今までの購入方法と何が違うのでしょうか? これで安く購入出来るようになったのでしょうか? auはこ...

そしてauならなんといってもかえトクプログラムと呼ばれるプログラムがあります。

このプログラムがあれば、スマホをほぼ半額近くで購入することが可能となっています。

スマホを半額で購入できるため、かなりの人が今かえトクプログラムを利用して購入しています。

それではRedmi Note 10 JEに関して紹介したいと思います。

スペックは?

メーカー Xiaomi
大きさ 163 × 76 × 9.0mm
重さ 200g
OS Android11.0(MIUI12.5)
CPU SnapDragon480 5G
RAM 4GB
ROM 64GB
画面サイズ 6.5インチ
解像度 2400 x 1080
メインカメラ 4800万画素/200万画素/200万画素
インカメラ 800万画素
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
カラー クロームシルバー、グラファイトグレー
その他 4,800mAhバッテリー、防水、おサイフケータイ、緊急速報メール

スペック的には正直なところそこまで高いというわけではありません。

本体代金

本体代金はいくらになるのでしょうか

✔一括価格:28,765円(税込)
✔かえトクプログラム適用:22,885円(税込)
✔かえトクプログラム分割:995円(税込)

こちらが価格となっています。かえトクプログラム適用との差はそこまで大きくはありません。

それなら一括での購入もありかと思います。

一括価格もそこまでは高額モデルというわけではありません。

おサイフケータイに対応

これはかなりありがたいことではないかと思います。

おサイフケータイに対応しています。

日本で利用するのであれば、おサイフケータイに対応していないと結構厳しいと思います。

これに対応しているということは、個人的にもかなりありがたいことです。

✔おサイフケータイに対応
✔コンビニや電車などに乗れる

コンビニでの利用や電車などに乗ることも可能です。

iPhoneもこのおサイフケータイ機能があるからかなり伸びたのではないかと思います。

今回かなり安価な価格設定で購入することが可能となりますので、MNPで購入いただくことをおすすめしたいですね。

シャオミは今後ミドルレンジをメインに出してくるのか

シャオミというのは、ミドルレンジモデルをメインに出してくるのでしょうか?

日本でもハイスペックモデルの販売というのは、そこまで売れなくなってしまいました。

そのためシャオミもこのようなモデルに方向転換をしているのではないかと思います。

✔シャオミもミドルレンジモデルに方向転換
✔ミドルレンジモデルのほうが売りやすい

薄利多売であったとしても、ミドルレンジのほうが売りやすいのではないかと思います。

同様のモデルが、UQからも販売されており、MNPならUQのほうはかなり安価な価格設定で販売されております。

そういうことを考えるとauよりも購入しやすいモデルになっていることは間違いありません。

今後日本市場ではau含めたキャリアでミドルレンジモデルのスマホというのは、かなり大量に販売していくのではないかと思います。

サンライトモード、読書モードを搭載

サンライトモードや読書モードもついています。

周りの周辺光に合わせて、ディスプレイのモードが変わります。

これはかなりありがたいことではないかと思います。

✔日差しの強いところでは画面は明るい
✔読書などをする時は、目に優しく

このディスプレイのモードは、非常にメリットがありますので、いいと思います。

最近はスマホで読書をする人も結構多いのではないかと思います。

スマホで読書をする場合には、目に優しいものがいいと思います。その時にディスプレイが可変になるということもありだと思います。

シンプルモードも搭載

シンプルモードが搭載されております。このシンプルモードというのは、簡単にいうと、アイコンが大きくなって、ボタンを押しやすくします。

 これから初めてスマホを触る人にとってはかなり優しい機能となります。

価格的に安価なこともありますので、これから初めて利用しようという人や他のモデルは高性能なので、必要ないという人も多いと思います。

そういう人であれば、シンプルモードで利用してもいいのではないかと思います。

✔シンプルモードに対応
✔初めて利用する人も使いやすい

普通に利用する人であれば、シンプルモードを利用することはありませんが、65歳以上くらいの人が使うのであれば、メリットがあるモードではないかと思います。

コスパを狙うならメリットあり

コスパを狙うのであれば、間違いなくメリットがあると思います。

最近スマホの価格はかなり高くなっており、iPhone13の発売もありましたが、iPhone13も10万円ほどします。

それからすると、間違いなくコスパのいいモデルとなっています。

スマホの価格が高くなる要因としては、部材コストということがメインとなりますが、部材コストが高くなるということは、最新の部材を利用するからです。

このXiaomiのモデルであれば、部材はそこまで高くはありません。

いわゆる枯れた部材を利用しているため、価格が安価になっているわけです。

枯れたものというと、いまいちという印象を受けるかもしれませんが、実は枯れた部材というのは、不具合も少ない価格も安価なものが多いことから、安価な価格で提供することが可能です。

そのためコスパを狙うのであれば、間違いなくメリットがあるということです。

カメラも複数あり、防水やおサイフケータイがついているということもあり、相当メリットがあると思っています。

Redmiシリーズは次のモデルも準備

Redmiシリーズというのは、次のモデルも準備しています。

Redmiシリーズを購入するとなると、基本的にはSIMフリーモデルの購入ということになるかと思います。

今回はJEということで、日本エディションという形で販売していますが、日本で利用するためにかなりカスタマイズされております。

実は、何も考えることなく、今回紹介したモデルというのは、使えるわけですが、実際に利用する上では、Redmiシリーズというのはグローバルモデルがメインとなります。

日本向けのモデルのほうが、日本で利用する上では非常にいいモデルとなっているわけですが、海外からSIMフリーを取り寄せて使っている人も少なからずいます。

ただその時に注意する必要があるのは、バンド帯です。

利用できるバンドというのは、機種により異なります。

今回はauでも利用できるバンド帯となっていますが、グローバルモデルはそれが利用できるのか?というところが非常に気になるところです。

グローバルモデルの購入をする時はそのあたりも注意して購入する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました