iPhone13 /Pro /ProMAX /miniドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル 違い 価格比較 一番安いのはどこなのか?

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhone13は各キャリアから販売される予定となっていますが、どこのキャリアが一番安いのでしょうか?

一括価格で購入する場合に、どこのキャリアが安価なのかお伝えしたいと思います。

 

iPhone13の価格はどこのキャリアが安い?

こちらにiPhone12の価格情報を掲載しておきます。

どこのキャリアが一番安いのか?ということが、こちらを見ると一目瞭然だと思います。

iPhone13に関しても、おそらくこの価格設定に関しては、ほぼ同じ価格設定となって発売される見込みです。

✔iPhone12と同様にiPhone13も同じ価格帯に
✔iPhone12で一番安いキャリアがiPhone13でも一番安くなる可能性が高い
キャリア 64GB 128GB 256GB
iPhone12mini ドコモ 87,912円 95,832円 110,088円
au 90,065円 95,240円 109,305円
ソフトバンク 96,480円 102,960円 116,640円
楽天モバイル 87,712円 95,140円 109,205円
キャリア 64GB 128GB 256GB
iPhone12 ドコモ 101,376円 109,296円 123,552円
au 103,430円 108,260円 122,435円
ソフトバンク 110,880円 116,640円 131,040円
楽天モバイル 101,176円 108,160円 122,335円
キャリア 128GB 256GB 512GB
iPhone12Pro ドコモ 129,096円 142,560円 169,488円
au 127,495円 140,750円 168,170円
ソフトバンク 137,520円 151,920円 180,000円
楽天モバイル 127,395円 140,650円 168,070円
キャリア 128GB 256GB 512GB
iPhone12ProMAX ドコモ 142,560円 156,024円 182,952円
au 141,900円 155,150円 181,540円
ソフトバンク 151,920円 166,320円 194,440円
楽天モバイル 141,700円 155,050円 181,440円

こちらすべてを確認いただければわかると思いますが、楽天モバイルが一番安価であるということが、わかったのではないかと思います。

楽天モバイルは毎月の維持費も安く、最近はかなりCMなどをやっており、結構いい会社であることは間違いありません。

それなら楽天モバイルがいいんじゃないの?と思う人も多いと思います。

結局使うのは同じiPhoneで、他社のiPhoneとの違いなどありません。

iPhoneはiPhoneなので、楽天モバイルのiPhoneを買うほうがお得なのでは?思う人がいても普通かと思います。

楽天モバイルは維持費が安い

楽天モバイルというのは、維持費が安いです。

楽天アンリミット6 料金プラン解説 値段は?デメリットは?かなり安くメリットしかない
楽天が新しい料金プランを出してきました。 こちらが楽天のホームページとなります。本当にこのプランはメリットしかありません。 楽天アンリミテッド6の料金プランを説明 高速通信 1GBまで 1GB〜3GBまで ...

こちらが楽天モバイルの出している料金プランとなっています。

料金プランを確認していただければわかると思いますが、かなり安価なのです。

ただ楽天モバイルというのは、まだそこまでエリアが広いというわけではありません。

人口カバー率が90%を超えましたが、まだその程度なのです。

他社は99%の人口カバー率を誇っております。

それであれば、楽天モバイルにするメリットがないのでは?と思うかもしれませんが、パートナー回線を5GBまで利用できる権利もあり、パートナー回線であれば、毎月5GBまで利用することが可能なのです。

そのパートナー回線に選ばれているのは、auの回線ということになります。

auのエリアであれば、基本的に楽天モバイルを所持していても、利用可能ということになりますので、圏外になることは非常に少ないのではないかと思います。

各キャリアでのキャンペーンが異なる

実は各キャリアによってキャンペーンというものは、異なります。

キャンペーンというのは、基本的に分割時の支払い方法などです。

分割時の支払い方法などが会社によって異なるということであれば、当然ながら分割で払った場合と一括で払った場合、どの会社がどれだけお得になるのか?というところが微妙なところです。

ドコモ iPhone スマホおかえしプログラム メリット デメリット 本体代金 割引施策を開始 実質的な下取りを開始
ドコモがスマホおかえしプログラムというものに関して紹介したいと思います。 非常にメリットのある施策なので、オススメできる施策となっております。 それではどのような施策なのでしょうか。 ドコモもしくはaham...

例えばドコモのお返しプログラムと呼ばれるものがあります。

こちらを利用すれば、毎月の維持費を抑えられ、2年経過後に本体を返却すると、それ以降の支払いがありません。

このような各社の施策を利用することで、安価な維持費に抑えることも可能となっています。

最近はこのような分割のキャンペーンを利用して購入する人が非常に増えてきました。

✔分割のキャンペーンを利用して、安価にスマホを持つことがメインに
✔一括払いをする人が非常に少なくなった

一括でスマホを支払うということは、結構な負担になります。

家族が4人いて全員がiPhoneの購入を行うということであれば、間違いなくデメリットしかありません。

そういうことを考えると、分割にして少しでも安価にスマホを購入するということもメリットの一つかと思います。

ソフトバンクとauは48回の支払いでOK

auとソフトバンクは48回の支払いを行うことが可能となります。

48回の分割での支払いということであれば、スマホの本体代金の支払いは1ヶ月あたりかなり安価になります。

✔1ヶ月あたりのスマホの代金をかなり抑えることが可能
✔48回なので、4年間同じスマホを持つ必要がある?

48回というのは、4年間というころになりますが、こちらも24回の支払いで問題ないというプログラムが出ているのです。

それを利用することで、少しでも安価な費用でiPhoneを所持することが可能となっています。

最近は本当にスマホの支払いが増えており、家計を逼迫していると予想しますが、このような施策があれば、少しでも安価な価格設定で購入することが出来ますので、メリットが大きいのではないかと思います。

キャンペーンを利用して購入するメリットを考えると、auやソフトバンクでも問題ないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました