Xperia 10 ⅢとXperia 10 Ⅲ Lite 違い 比較 どちらがいいの? おすすめは?

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

Xperia 10 Ⅲ Liteというモデルの販売が現在行われております。

ドコモやauからはXperia 10 Ⅲというモデルの販売が行われておりますが、楽天モバイルIIJmioからXperia 10 Ⅲ Liteというモデルの販売が行われました。

この2つのモデルの違いはなんでしょうか?

 


Xperia 10 ⅢとXperia 10 Ⅲ Liteの違い

モデルXPERIA 10 ⅢXPERIA 10 Ⅲ Lite
大きさ154 x 68 x 8.3mm154 x 68 x 8.3mm
重さ169g169g
OSAndroid11.0Android11.0
CPUSnapDragon690SnapDragon690
RAM6GB6GB
ROM128GB64GB
画面サイズ6.0インチ OLED6.0インチ OLED
解像度フルHD+フルHD+
アウトカメラ標準レンズ: F値1.8 1200万画素
望遠レンズ:F値2.4 800万画素 光学2倍ズーム
超広角レンズ:F値2.2 800万画素
標準レンズ: F値1.8 1200万画素
望遠レンズ:F値2.4 800万画素 光学2倍ズーム
超広角レンズ:F値2.2 800万画素
インカメラF値2.0 800万画素F値2.0 800万画素
カラーミント、ホワイト、ブルー、ブラックミント、ホワイト、ブルー、ブラック
バッテリー4500mAh4500mAh
eSIM非対応対応
その他防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C FMラジオ防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)、USB Type-C

赤のアンダーラインを引いている箇所がスペックの異なる部分です。

Xperia 10 Ⅲ Liteというのは、基本的にeSIMとnanoSIMのデュアルSIMに対応しています。

✔デュアルSIMを利用する人は海外で結構利用することが多い
✔デュアルSIMがあれば、MNPなども非常に簡単にできる
✔eKYCを利用することで、利用できるキャリアも増えてくる

eKYCというのは、あまり聞いたことのない言葉だと思いますが、本人確認認証を電子的に行うということです。

KYCというのは、本人確認の手続きということです。口座などを開設する場合にいわれたりします。

このKYCを電子的に行い、eSIMをそのまま利用させることで、窓口などに行くこともなくすべて電子的に行うことが可能ということになります。

Liteのほうが安価である

Liteモデルのほうが安価な価格設定になっています。

<楽天>

<IIJ>

こちらの2社からは販売されております。

今後発売される会社が増えてくる可能性もあります。

✔Liteモデルは安価なので、販売しやすい
✔Liteモデルのほうが需要があるのでは?

正直なところLiteモデルのほうが需要があるのでは?と思います。

単純に最近はスマホにかけることのできるお金が各家庭減っているように感じます。

そういうこともあり、スマホの本体代金も抑える家庭が増えているのではないでしょうか?

Xperia 10 ⅣでもLiteモデルの販売はあるのか?

Xperia 10 Ⅳ iiii マーク4 スペック 発売日 予想 噂 ドコモ au ワイモバイルから発売の可能性
Xperia 10 Ⅳが2022年にも発表されるでしょう。 Xperia 10シリーズというのは、ミドルレンジクラスのモデルとなっており、かなり人気の高いモデルになっています。 Xperia 10シリーズというのは、ドコモ、au...

今後Xperia 10 Ⅳというモデルが販売される予定担っています。

Xperiaの2022年モデルとなります。

Xperia 2022年 モデル 新機種はなにか予想 最新機能などは出てくるのか?
Xperiaシリーズも年々進化を続けており、2020年にXperia生誕10周年を迎えました。2022年はXperia12年目の年となっており、もうかなり長い期間Xperiaシリーズの販売を行っています。 こちらが生誕10周年...

Xperia 2022年モデルとしても販売される可能性は十分にありえるかと思います。

基本的なスペックを変更することなく、一部の機能を変更することで、安価に利用することができるようになるのです。

それであれば、メリットもかなりあるのではないかと思います。

✔今後Xperia 10 Ⅳ Liteの発売はあり

Xperiaシリーズも販売の幅が広がりますので、面白くなりますね。

Liteモデルのほうがトータル的にはいいかも?

Liteモデルは安価な価格設定ですが、Liteモデルのほうが長い目で見たらいいのではないかと思います。

eSIMが利用できるというところがメリットだと思います。

✔各社eSIMへの対応が出来ている
✔eSIMは今後スタンダードに

eSIMというのは、今後確実に流行っていくものと思われます。

eSIMがあれば、ネットから開通手続きを行うことが可能です。

物理SIMよりも間違いなく今後はeSIMがメインになると思います。

物理SIMは差し替えなどで、かなり便利だと思いますが、eSIMになればもっと便利になるかもしれません。

まだ実感はあまりないかもしれませんが、開通手続きなどはかなり便利でした。

Xperia 10 Ⅲが安売り販売実施中

ワイモバイル クリスマス OPPO Xperia 10 Ⅲが割引価格で登場 事務手数料無料で安く買える
この施策は2021年12月27日10時を用いて終了しました。 また来年も同じような施策はあるかと思います。 ワイモバイルがクリスマスキャンペーンを開催しています。 ワイモバイルは、毎月の維持費を抑えることのできる、非常にオ...

こちらを見てもらいのですが、安売り販売を実施中です。

✔Xperia 10 Ⅲが安価に購入できる
✔Xperia 10 Ⅲが安く購入出来れば、かなりお得

Xperia 10 Ⅲというのは、まだまだ使えるモデルとなっていますので、今の時点で安売り販売しても、非常にメリットがあります。

Xperiaシリーズを使ってみたいという人もまだまだ多いと思いますが、Xperiaシリーズというのは、日本でも人気の高いモデルです。

そんなXperiaシリーズなので、ぜひ安売りのタイミングで購入してもらいたいですね。

Xperia 10 IIIはまだまだ人気のモデル

Xperia 10 IIIというのは、まだまだ非常に人気の高いモデルとなっています。

Xperia 10 IIIは、一番人気があるのは、ワイモバイルモデルではないかと思います。

ワイモバイルはとにかく毎月の維持費も安価なので、かなり購入しやすと感じている人も多いのではないかと思います。

そのためワイモバイルのXperia 10 IIIを購入する人はかなり多いです。

ワイモバイルであればソフトバンクと電波は同じとなっていますので、相当メリットがあるわけです。

ワイモバイルはソフトバンクと同じ回線
ワイモバイルは毎月の維持費が安い

せっかく持つなら毎月の維持費が安いほうがいいと思っている人の方が多いわけです。それならワイモバイル一択ではないかと思いますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック