Galaxy Z Fold4 /ULTRA 2022年 au ドコモ ギャラクシーZフォルド4 スペック 予約 価格

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Galaxy Z Fold4が2022年にも発売されると予想されております。Galaxy Z Fold4 ULTRAというモデルも今後発売されるかもしれません。

Galaxy Z Fold3が発表され、2022年モデルのGalaxy Z Foldも気になるところではないかと思います。

Galaxy Z Fold3は日本での発売は、発表時には名言されておりませんが、過去から考えると、auからの発売はほぼ間違いないかと思っています。

auは今までもFoldシリーズの販売を行っており、今後も発売される可能性というのは、普通に考えられます。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

2021年モデルはドコモとauから発売

2021年モデルのGalaxy Z Fold3及びGalaxy Z Flip3はドコモとauから発売されました。

おそらく今後も同様のことが起きるのではないかと思っています。

ドコモで利用する場合

ドコモで利用する場合は、ドコモのオンラインショップを利用すればいいと思います。

2021年モデルの場合は、プレゼントも豊富でした。

✔専用ケース+Sペンのセット
✔Galaxy Buds Proのプレゼント
✔MicroSD

auに関してもドコモと同様のキャンペーン内容でした。

とにかくSペンがもらえるというところがかなりのメリットではないかと思っています。

Sペンというのは、基本的には文字を書くためのガジェットとなっていますが、2021年モデルではGalaxy Noteシリーズの販売はありませんでした。

Sペンが付属しているケースを貰えるということだけでも相当メリットがあると思っています。

まずはGalaxy Z Fold3のスペックから見ていきましょう。

Galaxy Z Fold3のスペックを紹介

メーカー サムスン
大きさ(開いた状態) 158 x 128 x 6.4(最厚部9.0mm)
大きさ(閉じた状態) 158 x 67 x 14.4(最厚部16.0mm)
重さ 271g
OS Android11.0
CPU 5nmプロセッサー
RAM 12GB
ROM 256GB
画面サイズ 7.6インチ 6.2インチ
解像度 メイン:2,208×1,768
カバー:2,260×816
メインカメラ 1,200万画素/1,200万画素/1,200万画素
インカメラ 約1,000万画素
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
カラー ファントムブラック、ファントムグリーン
その他 4,400mAhバッテリー

まずはこちらがGalaxy Z Fold3のスペックとなっています。

Galaxy Z Fold3というのは、2021年モデルとなりますので、2022年モデルではどのように変化するのでしょうか?

付属品

Galaxy Z Fold3の付属品は以下の通りとなっています。Fold4ではUSBケーブルなどもひょっとすると付属品対象から外れるかもしれません。

✔保護フィルム(試供品)貼付済み
✔SIM取り出し用ピン(試供品)
✔USBケーブル(CtoC)(試供品)

付属品からUSBケーブルが外れてしまうかもしれないという理由ですが、Fold2の時はイヤフォンが付属されておりました。

そのイヤフォンがFold3ではなくなっているのです。

となれば、その次に発売される予定のFold4に関しては、さらにコスト削減をしてくる可能性があるということです。

ちなみにFold2からFold3になり、価格もかなり抑えられました。

価格がかなり抑えられたということで、購入する人も前よりもかなり多いことは間違いありません。

今後折りたたみのスマホを販売したいという思いがあるなら、Fold4の価格は現在と同じかもしくは価格を下げてくる可能性は十分にありえるのではないかと思います。

Snapdragon898を搭載

日本モデルではSnapDragon898というモデルが採用されるのではないかと思います。

Snapdragon898 スナドラ898が2022年モデルのCPU 12月1日に発表 名称ルールが変更になった
SnapDragon888が発表され、今までは855、865などと名称がきていましたが、2020年に発売されたモデルの名称はSnapDragon888となりました。 Snapdragon875という名称にはならなかったようです。 次は8...

SnapDragon888の後継モデルのCPUとなりますが、SnapDragon888では若干熱処理に問題があったと報じられております。

夏場に長時間カメラやビデオなどのアプリを動作していると、熱暴走してしまう可能性があるとも報じられているのです。

✔熱暴走は真夏であれば、どのモデルでも起きる可能性がある
✔iPhoneも長時間動画を動かすとカメラアプリが強制終了される

このように通常であれば、熱暴走してしまう可能性がありますが、SnapDragon888の場合はちょっと今までのSnapDragon8シリーズよりも熱に弱いという印象があるようです。

そのあたりはSnapDragon898では改善されていると思います。

処理速度に関しては例年どおりであれば、1.25倍程度速度アップすると思われます。

1.25倍程度の速度アップであれば、Fold3よりも当然ながらより高速になる可能性があるわけです。

同じCPUを採用するモデルとしては、以下のようなモデルが2022年モデルとして準備されるでしょう。

Xperia 1 Ⅳ エクスペリア1 iiii 4世代 スペック 予約 価格 レビュー 評判 評価 予想 ドコモ au ソフトバンク
Xperia 1 Ⅳが2022年にも発売されると思われます。 Xperia 1 Ⅳのスペックがどのようなスペックになるのか予想してみたいと思います。 Xperia1Ⅳを買うならオンラインショップ X...
AQUOS R7 アクオスR7 スペック 価格 評価 評判 予約 ドコモ ソフトバンク
2021年にはAQUOS R6というモデルの販売がありましたが、2022年になり、AQUOS R7の発売が行われることは間違いないでしょう。 AQUOS R6が発売され次期AQUOSシリーズにもかなり期待が持てると感じている人も多いの...
Galaxy S22 /S22+ /ULTRA ギャラクシーS22 スペック ドコモ au 日本での発売はどうなるのか?
Galaxy S22の情報も徐々に出ているようですね。Galaxy S21の後継モデルとなりますが、Galaxyシリーズは年々かなり進化していっていることは知っている人も多いのではないかと思います。 それではGalaxyシリー...

これら2022年モデルとして発売されるモデルには同じCPUが採用されると予想されております。

基本的にはフラッグシップモデルと呼ばれるモデルばかりなので、かなり楽しみにしたいところですね。

Exynos2200モデルも登場

日本では発売されることはないかと思いますが、SIMフリーモデルなどを入手した場合にはExynos2200と呼ばれるCPUが採用されるかもしれません。

Exynos2200 処理能力 スペック サムスンのスマホに搭載の予定
Exynos2200と呼ばれるCPUが今後登場すると言われております。 Exynosというのは、聞いたこともある人は多いと思いますが、日本ではGalaxyシリーズに搭載されているCPUとなっています。 Exynos2200の能力...

こちらに情報をお伝えしてきますが、こちらはサムスンが開発したCPUとなります。

CPUとしては、今回SnapDragon898よりもいいCPUに仕上がる可能性は十分にありえます。

現時点ではA14いわゆるiPhone12よりも能力は高いということになりますが、A15が出てきたら、そのあたりはどうなるのでしょうか?

少し微妙な部分はありますが、それでも期待はできるモデルとなることは間違いありません。

✔GPU能力はかなり高いと予想
✔iPhone12よりも性能は高い
✔SnapDragon898と比較するとどうなるかはまだ未定

SnapDragon898と比較すると今のところどうなるかはまだ未定です。

今後どうなるのか?というところは見てみたいですね。

防水にも対応の予定

Galaxy Z Fold3で防水に初めて対応しました。

それの後継モデルということもあり、防水は継続して採用される見込みです。

✔防水機能の搭載は継続して搭載される予定
✔グローバル市場でも防水性能は当たり前に
✔防水がないと不安に感じる人も多い

防水の機能がないと不安に感じるという人もかなり多いのではないかと思います。防水機能というのは基本的に本体サイズが若干ですが大きくなります。

それは本体との結合部分に対して、ゴムを入れていく必要もあり、製造工程も若干ながら複雑になるのです。

ただ世の中のニーズとして防水性能というのは、普通にあると思いますので、防水性能は今後発売されるモデルに対しては、継続して追加されていくものと思われます。

Fold4はさらに安くなると予想

Galaxy Z Fold4というのは、更に現行の価格よりも安価になると予想されます。

折りたたみのスマホというのは、基本的に今まではテストや開発にかなりのコストをかけていることから、2022年モデルではさらに安くなると言われております。

折りたたみスマホというのあh、今までそこまで販売台数を伸ばすことが出来てませんでした。

それが今後はFoldシリーズをメインに販売していくということで、価格が安価でなければ、販売しづらいという状況になっているのではないかと思います。

✔2022年モデルはさらに安く
✔折りたたみモデルがスタンダードに

ディスプレイを含めて折り畳めるという非常に画期的なアイデアですが、安くなるなら、市場は大歓迎ではないかと思います。

昨今スマホの価格が高止まりしており、購入しづらい状況になっていることはいうまでもありません。

それでも価格を下げることで、安価に購入できるのであれば、間違いなくメリットしかないでしょう。

また品質に関しても、今以上の品質になると予想されるので、かなりメリットがあると思っています。

品質が高いものというのは、世界的にも受け入れられますからね。

両画面に埋め込み型の指紋認証機能が搭載

Galaxy Z Fold4では画面両面に埋め込み型の指紋センサーが搭載の予定
Galaxy Z Fold4が発売されたら購入しようと思っている人も多いと思います。 折りたたみスマホというのは、まだ日本でも販売されている機種が非常に少なく、代表的な機種として有名なものが、Galaxy Z Foldシリーズ...

両画面に埋め込み型の指紋認証センサーが搭載される可能性が非常に高いことがわかりました。

指紋認証センサーというのは、本当に便利です。

最近はセキュリティ意識の向上から、画面ロック時に認証を行う人が非常に増えています。

指紋認証が埋め込み式になるだけでもかなり便利だと思います。

iPhoneは現状ではfaceIDが主流となっており、今後指紋埋め込みセンサーが搭載されるとも言われております。

Galaxy Z Foldシリーズのほうが、先をいっているという感じですね。

先進的な機能は、iPhoneよりも先にAndroidスマホに搭載されるイメージが本当に強いです。

最近の流れとしてはずっとこんな感じではないかと思います。

アンダーディスプレイカメラの採用

アンダーディスプレイカメラの採用があるかもしれません。

Galaxy Z Fold4というのは、2つのディスプレイが搭載されるわけですが、ディスプレイ内部にカメラが入る可能性が高いということです。

✔ディスプレイ内部にカメラが入る
✔2つのディスプレイの内部にカメラが入るので、違和感なし

引用元:phonearena

こちらが引用元となりますが、カメラがディスプレイの内部に入ると、相当メリットが出ると予想されます。

本当に違和感なく利用できるのであれば、そのほうが間違いなくメリットがありますからね。

すでにアンダーディスプレイカメラというものは、採用している会社も結構多くありますので、サムスンの技術力を持ってすれば、特に問題なく採用できるのではないかと思います。

軽量化になると予想

2022年モデルでは軽量化される可能性が非常に高いことがわかります。

ヒンジ部分などの改良により、本体が軽くなるというのです。すでに200gも超えており、かなり重たいモデルとなっていますが、軽くなればありがたいという人もいるかも知れません。

しかしながら、軽量化に関しては、おそらく数g程度にとどまるのではないかと思います。

数g程度軽くなったところで、正直なところ、そこまでわかるレベルではないかもしれません。

それでも重たくなるよりは絶対マシですからね。

軽くなるということは、本来ならかなりありがたいことなのです。

✔Galaxy Z Fold3と比較しても軽くなると予想
✔Galaxy Z Fold4では数g程度軽くなる

コメント

タイトルとURLをコピーしました