iPad Pro 12.9インチ 6世代 11インチ 4世代 2022年モデル スペック 予想 価格 発売日は?

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPad Pro 12.9インチでは2021年の時点で、5世代目まで発売されており、6世代目の販売も今後行われると思われます。

今までもそうですが、継続してWi-Fiモデルとセルラーモデルが発売されると思われます。

 

iPadPro6世代目はオンラインショップで購入可能

iPad Proシリーズは、日本ではドコモ、au、ソフトバンクから発売される予定となっています。

これらの3社はiPadシリーズを継続して販売しています。



こちらが3社のオンラインショップとなります。

この中で、ドコモ及びソフトバンクは事務手数料無料となっているので、かなりの人がオンラインショップを利用して購入しています。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料
ソフトバンクオンラインショップは事務手数料が無料

最近オンラインショップを利用して購入する人も増えており、オンラインショップでの購入特典というものがかなりあります。

オンラインショップでの購入特典は利用しておきたいところですね。

iPad Pro 2022年モデルはどうなる?

iPad Pro 12.9インチは2022年に発売されると6世代目となります。

iPad Pro 11インチは2022年に発売されると、4世代目です。こちらは4世代とさほど世代が進んでいるようには感じませんね。

2021年の時点でMシリーズというCPUを採用することになりました。

今後Mシリーズは定期的に開発しています。

Appleシリコン M2 M1X M2X CPU チップ iPad 2021 2022年 MacBook Macmini などへの搭載
Appleは現在M1というCPUを搭載しているMacBookやiPadなどの販売を行っておりますが、次のモデルにあたるM2やM1X、M2Xなどの情報も出てきているようですね。 まだ具体的に何時頃になるのかわかりませんが、かなり興味を持...

こちらの情報も見てもらいたいのですが、MシリーズのCPUというのは今後iPadには継続的に搭載されていくものと思われます。

✔MシリーズはiPad Proシリーズには継続的に搭載の予定
✔Mシリーズはかなり高速に動作するので、処理速度はかなりの期待

iPad Proというのは、基本的に元々かなり高速に処理されておりますので、相当期待できるかと思っています。

Mシリーズは独自設計ということもあり、iPadもかなり高速に動作させることが可能かと思います。

基本的には、2022年モデルのiPadはM1XもしくはM2などが搭載される可能性が非常に高いと思われます。

画面サイズは

まずは2種類の画面のモデルが販売される予定となっています。

✔12.9インチモデル
✔11インチモデル

この2つのモデルの販売は間違いないでしょう。

2022年に関しても継続的に、販売されることはほぼ間違いないかと思います。

RAMの8GBには期待したい

RAMの容量は8GBが予想されております。2020年モデルのiPadProには6GBのRAMが搭載されておりました。

RAMの容量に関してはAppleは正式には公表していませんが、基本的にRAMの容量というのは、年々増えていっています。

iPhone12でもProシリーズは6GBのRAMが搭載されております。

そういうことから考えると、それらよりも大容量のRAMが搭載されると思われます。

✔大容量RAMが搭載の予定
✔8GBあれば数年は十分持つと予想

iPadシリーズというのは、すでに完成形のモデルとなっていると思いますが、容量は大きいほうが間違いなくいいですよね。

5Gへの対応

5Gへの対応は間違いなく行われます。5Gへ対応することにより、かなりの高速インターネットが可能となります。

✔iPhone12で初めて5Gへの対応

ただミリ波への対応が気になるところです。アメリカから販売されているiPhone12はミリ波への対応が行われておりますが、日本モデルのiPhone12はミリ波への対応は行われておりません。
そういうことからミリ波への対応は行われないような気もします。

iPhone12 /Pro /mini /ProMAX 5G エリアどれくらい使えるのか? ドコモ au ソフトバンクのエリアマップを紹介
iPhone12は初めて5Gを採用しておりますが、5Gの通信が行えるエリアというのは、どれくらいあるのでしょうか? そのあたり非常に気になる部分かと思います。 5Gのエリアに関していえば、通常はそこまで広くはありませんが、今後どれくらい...

こちらにiPhone12のエリア情報を掲載しておきます。今後5Gのエリアはどんどん広がっていくと思いますので、かなり期待してもいいと思いますね。

5Gはタブレットでも対応するということであれば、色々な分野への挑戦をすることもできるかと思います。
5Gの通信速度というのは、LANよりも高速通信になることもありますので、今までLANの敷設をする必要があった場所でも5G通信で対応することも可能です。

ただ5Gのエリアに関しては、まだそこまで広くはありませんので、今後どれだけ広がっていくのか?というところが非常に気になる部分ではあるかと思います。

カメラはトリプルカメラか?

カメラはトリプルカメラになる可能性があります。
LiDARの搭載は間違いないかと思います。

iPadを利用して、カメラの撮影などを行う人というのは、かなり多いです。
カメラの撮影を行う人というのは、インストラクターなどの人だと思いますが、そういう分野のiPad利用というのは、かなり広がっています。

きれいな撮影をするというより、スローモーション動画の撮影など、用途は様々です。
生徒さんと画面を共有して見ることができるというiPadは、本当に便利でなくてはならないものとなっています。

トリプルカメラになるならiPhone12と同じような形になるのではないかと予想されます。

✔超広角
✔広角
✔望遠

この3つのカメラを搭載しますが、望遠にはペリスコープなどの採用はないと思います。
ペリスコープはiPhone12s?という次のモデルで採用されるのではないかと思います。

基本的にペリスコープカメラというのは、他社ではすでに採用済ですが、タブレットなどでは採用されている実績というのは、ほとんどないかと思います。

ポートレートモードも非常にきれいに

ポートレートモードというものは、LiDARの搭載により、かなりきれいに撮影することが可能となります。

ポートレートモードもiPadで撮影できるということは、かなりのメリットがあると思います。

✔ポートレートモードで背景をぼかすことが可能
✔被写体をかなりきれいに撮影することができる

せっかく写真撮影をするのであれば、被写体をきれいに撮影したいですからね。そういう意味でもLiDARがついているということは、かなりのメリットであることは間違いありません。

iPadで写真撮影をするということは、大きな画面で写真を見ることができるということで、メリットもかなりあります。

レッスンなどでiPadを利用している人もポートレートモードで撮影すると被写体が浮かび上がるので、かなりきれいに撮影できるのではないかと思います。

有機ELが採用

今後は有機ELが採用されると思われます。

ミニLEDがiPad Pro12.9インチの5世代には搭載されておりますが、有機ELが2022年モデルでは搭載される可能性があります。

有機ELというのは、昨今かなりのスマホに搭載されており、高級ディスプレイの代名詞とも言われております。

高級ディスプレイの代名詞が有機ELであれば、iPad Proへの採用も十分にありえるのではないかと思います。

ただiPad Pro 12.9インチの5世代目でミニLEDが初めて搭載されております。

✔個人的には有機ELのほうがいいと思う
✔ミニLEDをiPad Pro 12.9インチモデルで初めて採用

2023年には有機ELになるとも言われているので、ひょっとすると、2022年の時点ではまだミニLEDのままなのかもしれません。

Thunderbolt/USB4コネクターが採用

これはかなりありがたいと思う人が多いのではないかと思います。

USB4仕様では2レーンオペレーションにより、既存の40Gbps認証USB Type-Cケーブルにて、転送速度を40Gbpsにまで引き上げられる。また、複数のデータやディスプレイプロトコルを1つのバスで共有し、USB 3.2やUSB 2.0、Thunderbolt 3との互換性を維持するとしている。

引用元:impress

ここまで行くとiPadで何をするの?と思うかもしれませんが、iPadは本当にパソコン代わりのことをしようとしています。それくらいすごい性能になっているのです。

高速データ通信ができるコネクタを採用することで、データのやり取りも容易になると思います。

昨今各社ではUSB-Cの採用が本当に盛んになっており、USB-Cのバージョンアップを行うということも各社行ってきていることです。

転送速度が上がるということは、PCなどとのデータのやり取りが更に早くなるということを示唆しております。

データのやり取りが早くなれば、大容量のデータをiPad上で編集したりすることが可能となります。

そうなれば、かなりのメリットになることは間違いないかと思います。

iPadをPC連携する人も最近は少なくなってきていますが、PC連携をする人にとっては、デバイス上で動画やカメラなどを管理するために、転送速度の向上というものは非常にメリットがあるものです。

指紋認証は電源ボタンと共有

指紋認証が採用されることは間違いないでしょう。これはiPadAirでも採用されていたものとなります。

指紋認証は電源ボタンと共有のボタンとなります。電源ボタンと共有の指紋認証ということであれば、他社ではXperiaなどと同じです。

指紋認証機能というのは、コロナの影響もありFaceIDでは困るという人はかなり多くいるのではないかと思います。iPhoneはすべてFaceIDに統一しましたが、今後iPhone13でFaceIDとTouchIDが復活するという動きもあるようです。

iPhone13 /13mini /13Pro /13ProMAX 予約 在庫 2021年 スペック 発売日などはどうなるの?
iPhone13の発表が行われました。 iPhone13は買いなのでしょうか? iPhoneの購入はオンラインショップで行う iPhoneの予約はオンラインショップで行うことが可能です。 ✔予約購入は必須 ...

こちらにiPhone13のスペックなどを掲載しているページを紹介しておきます。iPhone13で搭載される技術がiPad Proにも搭載されると思われますので、iPadProで搭載されたものは、iPhone13にも採用される可能性が高いということは覚えておくほうがいいと思いますね。

✔指紋認証いわゆるTouchIDは採用
✔マスクをする人が増えたためTouchIDがないと不便

iPadOS15への対応

iOS15 iPadOS15 新機能 9月21日リリース 使えなくなる iPhoneやiPadはどんなモデルになるの?
iOS15がついに発表されました。 iPhoneやiPadに搭載されるiOSですが、どのようなOSになるのでしょうか。 iOS15を利用するならiPhone12でも問題なし こちらが各社のオンライン...

iPadOS15への採用は間違いないでしょう。iPadOS15では色々なカスタマイズなどを行うことも可能となっており、iPadOS15は基本的には、iOSから派生したOSとなっていますが、iPad用にきっちりとカスタマイズされたOSとなっています。

iPadOSで採用されるのは、ウィジットの拡張機能などが入ると思います。

新機能が採用されることは、かなりありがたいですね。とはいうものの、個人的にはすでにiPadOSというのは、出来上がったOSと思っています。
そういうことを考えると、すでに出来上がったOSに対して、どこをどうカスタマイズできるようなものが増えるのだろう?とも思ってしまいますね。

それでもウィジットの大きさを変更できたりする機能があれば、ウィジットを使い倒したい人にとっては、かなりありがたいのではないかと思います。

✔iOS15の発表は6月に行われると予想
✔iOS15はマイナーアップデートになると想定

iPadもiPadOSというものを採用し、iOSとはまだ若干ことなるユーザーインターフェイスとなりました。

ただベースはiOSということになりますので、iPhoneのアプリを動かすことも可能となります。

OSも年々機能追加されており、利用者としては、どんどん利用しやすくなっています。

これから先も同様に利用者にとってメリットのあるOSを提供してくれることは間違いありません。

販売のメインはWi-Fiモデルになると予想

各社からiPad Proの販売が開始されると思われますが、売れ筋はWi-Fiモデルになると予想されます。

Wi-Fiモデルであれば、iPhoneのインターネット共有などを利用すればいつでも利用することが可能です。そのためWi-Fiモデルのほうが売れ筋モデルになることは間違いないかと思います。

Wi-Fiモデルのほうが価格が安価であるということもその理由の一つです。

Wi-Fiモデルであったとしても、各社から販売されるので、ドコモ、au、ソフトバンクからの購入もありかと思います。Wi-Fiモデルはネット通販でもかなり販売されますので、そちらから購入する人もかなり多いでしょう。

3nmという非常に細かいプロセスルールでCPUが製造中

2022年 iPad Pro 3nm CPUを投入で高速処理が可能に TSMCは先進的な技術をかなり持っている
TSMCというメーカーを知っていますでしょうか?このTSMCというメーカーというのは、AppleのAシリーズであったりMシリーズなどのCPUを製造しているメーカーとなっています。 今回このメーカーが、3nmという非常に細かいプロセスル...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPadに関しては3nmという細かいプロセスルールですでにリスク生産をTSMCが行っています。

今後発売されるCPUというのは、MシリーズというCPUになることは、ほぼ確定していますが、M1XやM2などのCPUというのは、3nmになる可能性が高いということになります。

M1Xに関しては、M1のグラフィック強化版ということになるかと思いますので、プロセスルールに関しては、5nmのままだと思いますが、次に発売される予定のM2に関しては、3nmになる可能性は十分にありえるのではないかと思っています。

✔M2でプロセスルールは3nmになるのか?
3nmとなると省エネ性能がかなり上がる

省エネ性能がかなり上がると思いますので、相当いいCPUになると思っています。

iPadもどうせ触るなら高性能モデルがいいですからね。そういうことを考えると、細かいプロセスルールのものを選択するほうがメリットがあると思っています。

M1Xが採用されるかどうかに関しては、MacBookPro次第ということになります。

2021年10月12日に新型のMacBookPro16インチが発表される可能性があるといわれておりますが、そこでM1Xモデルが採用されるとなると、iPadでも採用される可能性が非常に高くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました