Galaxy Note22 /ULTRA ギャラクシーノート22 2022年 スペック 仕様 価格 発売日 ドコモ au

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Galaxy Note22というモデルが2022年には登場すると予想されておりますので、紹介したいと思います。

Galaxy Noteというモデルというのは、毎年秋くらいに日本では発売されるモデルとなっています。

 

Galaxy Noteの購入ならオンラインショップがおすすめ

Galaxy Noteの購入をするならオンラインショップがおすすめです。

こちらはドコモオンラインショップとなりますが、ドコモオンラインショップは事務手数料が無料となっていますので、お得に購入することが可能となります。

ドコモオンラインショップは事務手数料無料
✔2750円以上の買い物で送料無料

事務手数料無料ということで、かなりの人がドコモオンラインショップを利用して購入しています。

こちらは、au Online Shopとなります。

au Online Shopというのは、ドコモと同様に24時間営業しているオンラインショップとなります。

そのため利用者はかなり多く、au Online Shopに関しても年々増えています。

au Online Shopでは頭金不要ということで、こちらもかなりお得に購入することが可能です。

2021年モデルのGalaxy Note21の販売は行われない

2021年モデルのGalaxy Note21というのは、残念ながら発売される見込みはなさそうです。

Galaxy Noteの発売は2021年には行われない 2022年以降に発売の予定
Galaxy Noteは2021年には発売されないと言われております。 Galaxy Noteを待っていた人にとっては、かなり痛い発表となりました。 8月11日にGalaxyのイベントが開催 8月11日にGalax...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、Galaxy Note21の発売は2021年はなさそうな感じです。

ただ2022年モデルではGalaxy Noteシリーズの発売は行われると思われますので、それに関しては期待してもいいのではないかと思います。

✔2021年モデルのGalaxy Noteの発売はない
✔2022年モデルでGalaxy Noteの発売は復活の予定

Galaxyシリーズというのは、日本含めた各国で人気の高いモデルとなっています。

Galaxyシリーズというのは、日本以外の地域で販売されているため、日本以外の地域での販売というのは、かなり期待が持てるのではないかと思っています。

Galaxy Note22のスペック

こちらが恐らく一番近いスペックになると思われるGalaxy S21 ULTRAのスペックとなります。

ここで注目したいのは、ミリ波への対応とSペンの対応、そしてカメラあたりです。

モデル名 Galaxy S21 ULTRA
寸法 約75.6x約165.1x約8.9mm
重さ 約229g(mmW対応端末),
約227g(sub6対応端末)
OS Android 11.0
画面サイズ 6.8インチ
画面占有率 未定
解像度 3200×1440
ディスプレイ 有機EL
プロセッサ Snapdragon 888
RAM 12GB or 16GB
内蔵ストレージ 256GB or 512GB
microSD 非搭載
前面カメラ 4000万画素
背面カメラ 10800万画素+1200万画素+1000万画素+1000万画素
WiFi Wi-Fi6E
Bluetooth 5.2
Payment 未定
カラーバリエーション ヴァイオレット、シルバー、ブラック
バッテリー容量 5000mAh
その他 Sペン採用

Galaxy Noteシリーズはハイスペックモデルで継続的に販売されていたということもあり、Galaxy S21 ULTRAの後継モデルに近いかたちで販売されると思われます。

CPUは最新モデル

2021年の年末にも最新のCPUの発表が行われると予想されております。

最新のCPUというのは、どのようなCPUなのか?ということですが、SnapDragonシリーズの最新モデルです。

SnapDragon898? 999 ? 885 スナップドラゴン885 動作速度 スペック CPU 5G搭載 登場は2021年の可能性
Snapdragon888と呼ばれるスマホの発表が行われましたが、Snapdragon865の次のモデルということになりますが、名称が888となりました。 それに伴い2021年に発表されるSnapdragonの名称がどのようになるのかとい...

こちらが2021年年末にも登場すると予想されているCPUとなっています。

このCPUが採用される可能性が非常に高いと思われます。

✔CPUの能力は年々25%程度向上

韓国ではExynosというCPUが採用される見込みとなっています。

Exynosと呼ばれるCPUというのは、基本的には韓国で販売されるGalaxyに搭載される予定となっています。

ミリ波対応は間違いなし

ミリ波への対応はほぼ間違いなく行われると思われます。

その理由としてはGalaxy S21 ULTRAはミリ波対応が行われているのです。

ミリ波対応が行われているということは、Noteシリーズもハイスペック路線となりますので、ミリ波への対応が行われるということは、普通のことではないかと思います。

✔ハイスペックモデルの既定路線はミリ波対応
✔ミリ波になれば、高速通信が可能に
✔ミリ波のエリアも今後拡充される予定

今後ミリ波のエリアというのは、どんどん増えていくものと思われます。

そういうことを考えると、ミリ波対応は間違いないでしょう。

ただしミリ波というのは、まだまだ本当にエリアは狭いです。

2021年の時点ではミリ波に対応しているエリアというのは、かなり小さいです。

5Gのミリ波 Sub6 違い 比較 高速に通信ができるのはどっち?
ミリ波とSub6という通信規格が5Gにあることを知っている人は多いのではないかと思います。 ミリ波とSub6というのは、何が違うのでしょうか? 5Gの通信規格はSub6とミリ波の2つ 5Gの通信規格というのは、Sub6...

こちらに通常の5Gの違いに関しての記事がありますので、こちらも参考にしていただければと思います。

RAMの容量は飛躍的に向上

RAMの容量というのは、飛躍的に向上しています。

すでに16GBモデルなどもあることから24GB程度までRAMの容量は上がる可能性も十分にあるのではないかと思います。

RAMの容量が上がったとしても、AndroidいわゆるOS側でそこまでの大量メモリを食うような処理があるのか?とも思いますが、今の状態から勘案すると、今後RAMの容量というのは飛躍的に向上していくことはほぼ間違いないのではないかと思います。

✔RAMの容量は飛躍的向上
✔24GB程度まで上がるのではないか?

結果的にRAMの容量も年々上昇していますが、これもまたかなり楽しみな限りです。

Sペンの利用は可能

当然ながらSペンの利用は可能となっています。

Sペンが利用できなければ、Galaxy Noteといえませんからね。

SペンProと呼ばれるものが、出てきておりますので、Proモデルが標準搭載されるとかなりありがたいですね。

✔Sペンの実力もかなり上がると予想
✔Sペンでできることが増えるのではないか

Sペンでできることが毎年少しずつ増えています。

少しずつでもやれることが増えるということは、ユーザーにとっては非常にありがたいことではないかと思います。

基本的にSペンを利用することがNoteシリーズの醍醐味です。

Sペンがなくても利用することは可能なのですが、Sペンを利用したほうがより使い勝手も増すことは間違いないかと思います。

2021年はFoldとFlipのみ

2021年は折りたたみのモデルメインでの販売となりました。

Noteシリーズがほしかった人にとってはかなり痛いですね。

私もNote20は購入してませんが、Note10とNote9、Note8など継続して購入していました。

そのため継続してNoteシリーズがほしいとは思っていましたが、折りたたみのスマホだけということになります。

ただ、2021年モデルでは、予約購入でSペンをプレゼントしてくれるというキャンペーンがありましたので、それは相当メリットがあると思います。

✔Foldの購入でプレゼントキャンペーンがあった
✔Galaxy Buds Pro、Sペン付き専用ケース

これらがプレゼントキャンペーンでした。このプレゼントがあれば、当然ながらかなりの人が購入を検討しますからね。

プレゼントキャンペーンというのは、年々思うのですがGalaxyシリーズは豪華過ぎます。

Galaxy Sシリーズでも同様に豪華なので、2022年モデルもかなり期待できるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました