楽天モバイル 通信エリア 96%へ拡充は2021年内に計画変更 夏には間に合わず

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

楽天モバイルの通信エリアを96%にする計画があることを知っていますか?

96%にする計画ですが、もともとな2021年の夏に行う予定だったわけですが、2021年夏には96%は間に合わなかったのではないかと思います。

それが年内の計画に後ろ倒しとなっているのです。

 

人口カバー率96%が年内に

こちらを見てもらいたいのですが、人口カバー率が年内に変更になっています。

楽天モバイル
楽天モバイル公式。料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」はすべての人に最適なワンプラン!データ1GBまで0円、どれだけ使っても無制限で2,980円(税込3,278円)。最新のiPhoneや人気のAndroidスマートフォンも続々登場。楽天の携帯キャリアサービスが、これまでの常識をくつがえす!

こちらに公式サイトの情報を掲載していますので、公式サイトの情報として、そのような残念な結果になってしまったということになります。

人口カバー率が96%というのは、かなりの数字だったわけですが、前宣伝では、前倒しで実施という計画をアピールしておりました。

そのアピールが結局うまくいかなかったということです。

✔人口カバー率年内96%に
✔人口カバー率96%の宣伝は実現せず・・・

あくまで計画レベルだったわけですが、目標値がある意味高かったのでしょう。

また2021年の夏までに実際にどれくらいの人口カバー率まで到達したのか?ということに関してはわかりません。

それも正直なところどうかと思いますね・・・

ただ目標を掲げてその達成に向けて邁進するということは、かなりメリットがあると思っています。

それでも楽天モバイルの維持費は安くてお得

それでも楽天モバイルの人口カバー率というのは、かなり安くてお得です。

楽天モバイルを継続的に利用したいという人も多いと思いますが、楽天モバイルは、今後も契約者数を間違いなく伸ばしていくものと思われます。

実際に人口カバー率のことではなく、カバーできていないエリアというのはKDDIのエリアがカバーしているのです。

楽天モバイルのエリア外はKDDIがカバー
✔トータル的には99%以上の人口カバー率に

KDDIが楽天モバイルのエリア外をカバーしているので、実はあまり気にする必要はないのかもしれません。

最低維持費 楽天モバイルがお得 寝かし 寝かせに最適 解約料 維持費0円でメリットしかない
楽天モバイルのスマホを契約しようと思っている人も多いと思いますが、楽天モバイルはかなり維持費が安くなるということを知っていますか? 楽天モバイルは今本当にかなりの勢いで契約者数を伸ばしています。 楽天モバイルとは? こちらが楽...

こちらに楽天モバイルの最低維持費の情報を掲載しておきます。

最低維持費がとにかく安価な価格設定になっていますので、相当メリットがあることは間違いありません。

iPhoneが使える

楽天モバイル iPhone12 /12 Pro /12 mini /12 ProMAX 発売開始 在庫 料金プランや維持費は?
楽天モバイルからiPhone12シリーズの発売が行われます。 iPhoneを利用したかったユーザーにとっては朗報といえるのではないかと思います。 iPhone12シリーズ以外にもiPhoneSE2の販売も楽天モバイルから開始されます。 ...

楽天モバイルではiPhoneを利用することが可能となっています。

今iPhoneを利用できないキャリアはありません。

iPhoneが利用できるということだけでもかなりメリットがあるのではないかと思います。

iPhone12の発売が行われ、iPhone13も継続的に販売されるのではないかと思います。

✔iPhone13の発売も継続的に実施
✔iPhone13はドコモ、au、ソフトバンクからも発売される

iPhone12は楽天モバイルでは他社よりも遅れて販売開始されましたが、iPhone13では同じタイミングで販売される見込みです。

iPhone13を買うべき iPhone12は買わないほうがいいか 噂 よくある疑問 検討 理由
iPhone13の発表が正式に行われました。 iPhone13は、各社から購入することが可能となっています。 iPhone13を買ったほうがいいかどうかということですが、個人的にはiPhone13は買いだと思います。 それ...

こちらにiPhone13の情報を掲載しておきますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

エリア拡充には多大なコストがかかる

エリアの拡充には多大なコストが発生します。

当たり前のことなのかもしれませんが、コストがかかるので、どうしてもすぐにエリアを増やすということは難しいのではないかと思います。

✔エリアを増やすことは非常に難しい
✔エリアを増やしても、楽天モバイルの収入が増えないと厳しい

現在楽天モバイルを利用する人はどんどん増えていますが、まだまだ利用者を拡充していく必要があるのではないかと思います。

テレビCMなどを結構行っておりますが、これからもテレビCMをさらに増やさないと相当厳しいのではないかと思います。

エリア拡充に対しては多大なコストが発生するにしても、当初は2021年の夏に96%と言っていたわけですから、やはり対応はしてもらいたいところではあります。

それでも今後さらに拡充していくことは間違いないと思いますので、期待したいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました