Rakuten Casa 自宅が楽天モバイルの4Gエリアに メリット デメリット 無制限使い放題でお得

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Rakuten Casaというガジェットを知っていますか?

こちらのガジェットというのは、楽天モバイルが配布してくれるガジェットとなります。

こちらのガジェットがあれば、自宅に楽天モバイルの4G電波が来るという非常にスグレモノの基地局となっています。

 

価格は?

気になるお値段なのですが、契約時には3000円(税込)として必須となりますが、設置完了後に3000ポイント分楽天ポイントとして還元してくれます。

よって結果的にゼロ円で契約することが可能となります。

✔契約時にかかるものの、同額をポイント還元

そのためかなりお得であることは間違いありません。

価格が安価なので、契約したほうが間違いなくメリットがあると思っています。

【公式サイト】

Rakuten Casa(楽天カーサ) | 通信・エリア | 楽天モバイル
屋内に楽天回線を構築し、通信環境の改善にご利用いただける小さな4G基地局「Rakuten Casa(楽天カーサ)」についてご案内します。

こちらがCaseの公式サイトとなります。

価格などの情報も掲載されていますので、こちらをご確認ください。

自宅に楽天モバイルの基地局が来るメリットは?

最大のメリットというのは、楽天モバイルの通信を使い放題で自宅で楽しめるということになります。

楽天モバイルは使いまくったとしても毎月の利用料金というのは、3278円〜という価格になります。

それくらいの価格であれば、非常に安いと思いませんか?

外出先でも楽天モバイルの電波を使いたいし、自宅でも利用したいという人にとってはかなりメリットがあるのではないかと思います。

楽天モバイルのテザリングも可能

楽天モバイルを利用してのテザリングも可能となります。

楽天モバイルの回線ですが、楽天モバイルのスマホがあれば、それを元にパソコンなどをつなげてテザリングが可能となります。

そのため自宅回線を楽天モバイル化することも可能なのです。

それはそれでメリットがあるのではないかと思います。

仮に自宅に楽天モバイルの回線があったとしても、さらに回線強化のために設置するということもありではないかと思います。

Wi-Fiルータなら費用が発生する

Wi-Fiルータであれば、Wi-Fiルータを購入する必要があります。

いわゆる初期費用というやつです。

どれだけ高性能のものにするのか?ということはありますが、無料でWi-Fiルータを設定されるということはありません。

✔Wi-Fiルータであれば、設置費用がかかる
✔Wi-Fiルータ側での設定が必要になるケースも
✔楽天の電波ではないため、セキュリティ面で若干不安が残る

Wi-Fiルータを設置するという費用が発生してしまいますが、Casaであえば、初期費用は結局のところポイント還元してくれるので、実質0円で利用することが可能となります。

それが最大のメリットなのかもしれません。

セキュリティ面で安心

楽天モバイルの回線を利用するということであれば、セキュリティ面で安心することができます。

最近スマホのセキュリティに関して結構問題も多くなっています。

Wi-Fiであれば、セキュリティ的にどうしても問題が発生することが多いのです。

それが楽天モバイルという通信会社の通信を使うとセキュリティ的に担保されますので、セキュリティ的にはメリットがかなりあると思っています。

基本的にセキュリティ的なメリットを出そうと思うのであれば、Wi-Fiルータでは正直なところちょっと不安な部分もあります。

スマホに大事な情報などをかなり入れている人にとっては、セキュリティというのは、非常に重要なことだと思います。

そういう観点からしても、セキュリティ的にRakuten Casaはいいものになっているのではないでしょうか。

デメリットは?

Rakuten Casaを導入するデメリットですが、いくつかのデメリットがあります。

✔自宅ならWi-Fiでもいいんじゃないのか?
✔自宅にインターネット回線を引く必要がある
✔電気代がかかる

こちら自宅にインターネット回線が来ている人が前提となっています。

こちらを見てもらえればわかると思いますが、インターネット回線にこのCasaをつなげることで利用可能ということになります。

そのためここをWi-Fiルータにするというだけでも自宅であれば、Wi-Fiで利用できるのではないのか?と思う人も多いのではないかと思います。

Wi-Fiルータは費用がかかる?

これだけの費用が発生するのです。

実はこれって無駄な費用と言ってしまえば、無駄な費用なのかもしれません。

自宅の回線強化のために、楽天モバイルの電波を利用するのであれば、実質無料設置できるRakuten Casaはおすすめできるのではないかと思っています。

電気代がかかる

機器を設置するというと、電気代が発生します。

電気代の価格など正直なところ1ヶ月あたり数十円というレベルなのかもしれませんが、電子機器を自宅に設置するということで、どうしても費用の負担が発生してしまうことがあります。

ただ電気代というレベルでは正直なところ、本当にしれているものとなっていますので、あまり考える必要はないのかもしれませんね。

それなら、楽天モバイルの電波が自宅に入らないというストレスのほうが大きいのかもしれません。

4Gのみしか利用できない

昨今5Gが当たり前になりつつありますが、4Gのみしか利用することができません。

5Gには対応していないので、4Gの電波しか自宅に出すことができません。

とはいうものの、4Gの通信というのは、かなり高速な通信ができるということになりますので、今のところまだそこまで問題になることはないのかもしれません。

✔5Gは非対応
✔今後新しいモデルの販売があれば、可能性はゼロではない?

今後Rakuten Casa2などのモデルが販売されると、ひょっとすると、4Gではなく5Gの通信ができるようになるかもしれません。

4Gのみの利用ということであれば、今持っているスマホが5Gに対応していたとしても、4Gのみでしか通信を受けることができませんので、注意が必要となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました