携帯電話の オプション加入や有料コンテンツ 解約し忘れは絶対にNG

携帯電話を契約する時にオプションに加入させられたことはありませんか?

無料オプションなら問題ないわけですが、有料オプションや有料コンテンツに加入を促され、30日間無料ですなどということで加入している人も多いと思います。

そのオプションの解約を忘れたことによる企業の売上は1000億にもなるといいます。

本来不要なサービスに加入させられ、さらにそれが売上となって利益に反映されるのです。

自分が必要だと思うようなコンテンツならいいと思いますが、たいていのコンテンツは不要なものが非常に多いですね。

有料コンテンツといいながら、確実に使えないようなコンテンツなどかなり溢れております。

それでも携帯を契約する時に有料コンテンツに入れば、500円割引しますや1000円割引しますなどと言われるわけです。

それは1000円の割引を仮に行った場合でも解約を忘れる人がいるので、トータルとしては元がとれるのです。

携帯電話会社の有料オプションは基本的にショップにいけば解約は可能です。

携帯を販売している会社で薦められる携帯の有料コンテンツに関しては、携帯会社は検知出来ないので、残念ながら自力で解約する必要があります。

まずは30日無料といわれれば、人間なので、解約を忘れる人もかなりいるわけですね。そして1ヶ月も経てば、どのコンテンツに加入したのかわからないなんてことも普通に考えられるわけです。

そこは確実にメモ書きしておいておく必要がいいでしょうね。

解約方法に関しても確実に残しておいたほうがいいでしょう。

解約方法がわからずに解約出来ないという人もかなりいるはずです。これは本当に会社の養分になっているので、すぐにでも解約出来るものは解約したほうがいいですね。

初回投稿日:2015年5月27日