Galaxy A53 スペック ドコモ/au 価格 発売日 カメラ レビュー 日本での発売は?

MNP一括オススメ案件

MNPで安く買えるスマホを紹介



 
携帯情報コムをフォローする

Galaxy A53が今後発売される予定となっています。

Galaxyシリーズというのは、上位モデルとしてSシリーズというモデルがありますが、基本的には上位モデルは高くて購入できないという人も結構多いと思います。

そのためGalaxy Aシリーズと呼ばれるSシリーズではない、別のモデルの購入を検討する人が非常に多いのです。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Galaxy Aシリーズはドコモ auから発売

Galaxy Aシリーズというのは、ドコモ及びauから購入することが可能となります。

こちらは、ドコモオンラインショップとなっています。

ドコモオンラインショップで購入すると事務手数料が無料となりますので、ここ最近かなりの人がドコモオンラインショップを利用して購入しています。

ドコモオンラインショップというのは、今急成長しています。

ここ最近オンラインを利用して購入する人が非常に増えています。オンラインを利用して購入する人というのは、基本的にはITに長けているというイメージがありますが、実際にはそうでもありません。

ITに長けているのは、プログラミングや設計、保守などをする人で、使うだけいわゆるユーザーであれば、ITに長けていなくても、利用することは可能となります。

そのためドコモオンラインショップのようなオンラインショップを利用する人はどんどん増えているわけです。

オンラインを利用することで、確実にメリットとしては時間の節約になるということです。

ドコモオンラインショップは事務手数料が無料
✔ネット購入は時間の節約になる
✔わざわざ店舗まで行く必要がない

とにかく少しの空き時間があれば、契約をすることが可能となっていますので、かなり購入しやすくなっているのです。

ドコモ GALAXY A53 5G SC-53C 予約は無料 機種変更 価格 発売日
ドコモからGALAXY A53 SC-53Cが正式発表されました。 GALAXY S22及びGALAXY S22 ULTRAも同時に発表されたことから、夏モデルとしては3つのモデルが登場ということになります。 GALAXY A5...

GALAXY A53が発表されました。

ミドルレンジモデルでありながら、カメラが4つとかなりオススメ出来るモデルの一つとなっています。

au Online Shopからも購入することが可能となりますので、au Online Shopを利用することもありかと思います。

au Online Shopから予約が可能
au Online Shopは24時間購入出来る
au Online Shopは頭金不要
au Online Shopは自宅まで送料無料で送付

au Online Shopで購入もメリットがありますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

Galaxy A53はどんなスペックに?

まずはGalaxy A52のスペックに関して見ていきしょう。

モデル Galaxy A52
OS Android 10
サイズ 160 x 75 x 8.4mm
重さ 188g
CPU オクタコア
RAM 6GB
ROM 128GB
ディスプレイサイズ 6.5インチ
解像度 FHD+(2,400×1,080ピクセル)
前面カメラ 3200万画素
背面カメラ 4800万画素 + 1200万画素 + 500万画素 + 500万画素
バッテリー容量 4000mAh
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)

これをベースにどのように進化するのか?というところですが、以下が現在出ているGalaxy A53の予想となります。

モデル Galaxy A53
OS Android 11
サイズ 未定
重さ 未定
CPU Exynos9611
RAM 6GB
ROM 128GB
ディスプレイサイズ 6.5インチ
解像度 FHD+(2,400×1,080ピクセル)
前面カメラ 3200万画素
背面カメラ 4800万画素 + 1200万画素 + 500万画素 + 500万画素
バッテリー容量 4000mAh
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n (2.4/5GHz)

ベースとしてはさほど変化はないように感じます。

引用元:phoneaqua

ベンチマークに登場

ドコモ GALAXY A53 SC-53C ベンチマークに登場 発売日も近いと予想
ドコモからGALAXY A53が近々発売されると予想されます。 今回はGeekBenchにSC-53Cという名称でベンチマークの結果が登場しています。 SC-53Cの結果 こちらがSC-53Cの結果となっています。...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、SC-53Cという名称の機種が近々発売されるようですね。

Samsung社内で、ベンチマークのテストをしたのでしょう。

新しいベンチマークの結果が出てきたことにより、発売される期待が高まりますね。

GALAXY A53というのは、比較的安価に購入することが出来ますので、それだけでもメリットがあると思っています。

GALAXY S22の発売も行われると予想されますが、GALAXY S22は高額なので、購入しづらいという人からすると、GALAXY A53というのは、かなり購入しやすいのではないかと思います。

Galaxy A5シリーズはミドルレンジの中のミドルレンジ

Galaxy A5シリーズというのは、ミドルレンジの中の本当にミドルレンジにあたるモデルとなっています。

どういうことか?というと、ミドルレンジの中でも色々なモデルのものが販売されておりますが、Galaxy Aシリーズにはいくつかのモデルがあります。

✔Galaxy A7シリーズ
✔Galaxy A5シリーズ
✔Galaxy A2シリーズ

大きくこれらのモデルがありますが、その中でもA5シリーズというモデルはちょうど真ん中にあたります。

このAシリーズよりも上位モデルというのは、Sシリーズということになります。

Galaxy Sシリーズというのは、基本的にはGalaxy S21やGalaxy S22などのハイスペックモデルとなっているのです。

Galaxy A53は5G対応

Galaxy A52は5Gへの対応スマホです。5Gのエリアはまだそこまで広くはありませんが、私も都市部に行く時には5Gの電波があるか結構確かめるのですが、結構広いエリアで5Gへの対応は済んでいるように感じます。

5Gエリアはこれからどんどん増えていくことは間違いありませんが、すでに今のタイミングで購入しておいてもいいのではないかと思います。

iPhone13 /Pro /mini /ProMAX 5G エリアどれくらい使えるのか? ドコモ au ソフトバンクのエリアマップを紹介
iPhone12は初めて5Gを採用しておりますが、5Gの通信が行えるエリアというのは、どれくらいあるのでしょうか? そのあたり非常に気になる部分かと思います。 5Gのエリアに関していえば、通常はそこまで広くはありませんが、今後どれくらい...

こちらがエリアに関する記事となっていますが、まだエリアはそこまで広くはありません。
ただしこれから先には確実にエリアは広がっていきます。
各社の目標は2021年度中に90%程度のエリア目標となっていますので、間違いなく増えていきます。
4Gから5Gになっていくことで、どんどん4Gではなく5Gがメインになっていくでしょうね。

✔廉価版モデルでも5Gへの対応

5Gへ対応されることは本当にありがたい話です。5Gは今後間違いなく伸びていくため、日本ではもう4Gのスマホは売れてこないのではないかと思っています。
基本的に5Gスマホは、2021年かなりの数のスマホが販売されると予想されます。

ドコモからの発売の予定

Galaxy A52がドコモから販売されているということを考えると、Galaxy A53に関してもドコモから発売される可能性が非常に高いと思います。

日本では冬モデルとして登場するのではないかと思います。

ドコモはGalaxyシリーズを継続的に取り扱っており、これからもGalaxyシリーズの発売はかなり行われると思われます。

そういうことを考えると、確実にドコモでの販売には期待したいところですね。

発売は2021年の後半もしくは2022年前半に発売される可能性が非常に高いと思います。

ミドルレンジのGalaxyでも十分

Galaxyシリーズというのは、日本ではSシリーズとAシリーズがメインに販売されていることは知っている人も多いのではないでしょうか。

日本で発売されるモデルの中で最もスペックの高いモデルというのは、Sシリーズということになりますが、SシリーズでなくてもAシリーズで十分だと思います。

✔Galaxyシリーズは品質が高い
✔Aシリーズだったとしてもカメラなどはかなりきれい

カメラなどはかなり力を入れています。

そういうことを考えると、ミドルレンジのGalaxyシリーズで十分なのではないかと思います。

Aシリーズというのは2xや5x、7xなどのシリーズがありますが、7xはかなりスペックも高く、日本で発売されたとしてもそれならSシリーズのほうがいいんじゃないの?と思う人も多いのかもしれません。

ただミドルレンジモデルの中でもA5xシリーズであれば、比較的購入しやすい価格帯となっています。

Aシリーズはコスパが高い

Aシリーズはコスパが非常に高いです。

価格性能比が非常に高いという人が非常に多いです。

日本では中国製のスマホのコスパも高く、日本製のスマホやiPhoneなどは正直なところコスパだけを考えるとかなり高いといえるかと思います。

実際に私もコスパだけを考えると、かなり高いのではないか?と思います。

Aシリーズは価格的にも5万円前後で販売されておりますが、スペックなどは日本製と比較してもそれよりも上位にいると思っています。

それくらいコスパはかなりいいと思いますね。

✔海外製のスマホはコスパがいい
✔中国製にも負けないくらいのコスパ

今の日本は、中国製がかなり増えておりますが、LGが事実上スマホ事業から撤退したことから、確実にAシリーズでもいいのではないかと思います。

冬モデルはFoldとFlip以外の通常モデルも欲しいところ

2021年の冬モデルはGalaxyシリーズとしてFold及びFlipの2つのモデルの発表が行われました。

実際にはこのモデル以外にも発売してほしいという人も結構多いのではないかと思います。

Galaxy Zシリーズというのは、折りたたみができるスマホということで、正直なところ若干特殊なモデルなのです。

また価格に関しても高額な価格設定になっており、高いと思う人も多いと思います。

✔Galaxy Zシリーズは価格が高い
✔Galaxy Zシリーズは若干モデルとしては特殊

この特殊なモデルという点において、正直なところどうかと思います。

どうか?というと一般大衆向けの機種ではないからです。それなら一般大衆向けのスマホの投入ということは、普通に考えられると思います。

一般大衆というのは、基本的には普通のスマホで安いスマホを探している人も結構多いわけです。

そういうことを考えると、やはり普通の機種のほうが受けはいいことは間違いありません。

となれば、2021年の冬もしくは2022年の春に登場してもおかしくはないわけですね。

Galaxy A52sの販売も

Galaxy A52sの販売もすでに行われております。

Galaxy A52s ギャラクシーA52s スペック SnapDragon778Gを搭載の予定
Galaxy A52sと呼ばれるスマホが今後発売されるようですね。 Galaxy A52というスマホがすでに販売されているということは知っている人も多いでしょう。 こちらすでに日本ではドコモから販売されているモデルとなっ...

Galaxy A52sというのは、Galaxy A52の後継モデルとなり、一部変更させています。

日本で購入できるということは、いいことだと思いますね。

次モデルも気になる部分はあるかと思いますが、SIMフリーであれば、結構安価に購入することもできますので、いいと思います。

A53の予想スペック

こちら2022年2月に出ている最新の予想スペックとなります。

メーカー サムスン
大きさ(開いた状態) 未定
重さ 190g
OS Android12.0
CPU Exynos 1200
RAM 6GB or 8GB or 12GB
ROM 128GB or 256GB
画面サイズ 6.46インチ
解像度 メイン:2,208×1,768
メインカメラ 6400万画素, f/1.8, 26mm (wide), 1/1.7X”, 0.8µm, PDAF, OIS
1200万画素, f/2.2, 123˚ (ultrawide), 1.12µm
500万画素, f/2.4, (macro)
500万画素, f/2.4, (depth)
インカメラ 3200万画素
Wi-Fi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
カラー ブラック
その他 5,000mAhバッテリー

引用元:gsmarena

カメラが6400万画素にバージョンアップ

メインカメラが6400万画素にバージョンアップしています。

F値は1.8と暗い場所での撮影も問題ありません。

このF値が低いほうが暗い場所での撮影には適しているのです。

そのためこのF値というのは、非常に重要となります。

✔暗い場所で撮影するにはF値は重要
✔4800万画素から6400万画素へレベルアップ

画素数が高くなるということは、カメラ性能がトータル的に良くなっているということになります。

またクアッドカメラを搭載しており、ここ最近のスマホはカメラが複数台搭載されるということ自体が当たり前になっていますが、iPhoneでもProモデルで3つのカメラです。

それ以上のカメラが搭載されているということもいいと思いますね。ただDepthカメラというものが搭載されており、Depthカメラというのは、奥行きを計測するカメラです。

これがLiDARと同じような役割になっています。ぼかし撮影などはかなりきれいに撮影できると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
au公式サイト