iPhone21 2021年モデルはiPhone13の見送りの可能性 iPhone12sでもなく? どういうこと?

iPhone21という名称になる可能性もゼロではない可能性が出てきました。

iPhone13という名称はグローバルではあまり好かれない数字になっているようですね。

13という数字自体が縁起の悪い数字ということになっています。

日本ではあまり13という数字を気にする人はいないかもしれませんが、海外では比較的13という数字はいい意味を持っていないという人も多いということになります。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

13は使われない?

iPhone2021年モデルいわゆる我々がiPhone13になるかも?と思っているiPhoneですが、iPhone13という名称にならない可能性も十分にありえるということです。

iPhone13ではなく候補に上がっている数字というものはiPhone21という名称になるのでは?と言われております。

✔iPhone12s
✔iPhone21

iPhone13でなかった場合、比較的有望な数字としては上記のような名称になるのではないかと言われております。

iPhone13という名称が使われないということは、こちらに掲載されております。

iPhone12s アイフォン12s /12sPro /ProMAX 予約 スペック 予想 発売日 価格
iPhone12の次のiPhoneはiPhone12sという名称になるかも知れません。 iPhone12の後継モデルということで、かなり期待している人も多いのではないかと思っています。 iPhone12sはオンラインショップ...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone12sの中に記載されております。

13 は、西洋において最も忌避される忌み数である。「13恐怖症」を、ギリシャ語からtriskaidekaphobia(tris「3」kai「&」deka「10」phobia「恐怖症」)という。

こちら13はあまりいい数字ではないということがその理由となります。

iPhone12sというのは、iPhone13を利用しづらいため、iPhone12sになるのでは?ということも掲載されております。

実際にはiPhone21という名称になるのは、2021年モデルになるからということになります。

iPhone2021年モデルはどんなモデルに?

先程のiPhone12sの内容を見てもらえれば、どのようなモデルになるのかはある程度掲載されております。

iPhone13 /13ProMAX 予想 最新情報 噂 2021年 スペック 予約 比較 違い 発売日などはどうなるの?
iPhone13に関する情報をお伝えしたいと思います。iPhone13が発売される年というのは、2021年となります。 iPhone12の後継モデルになります。iPhone12の後継モデルとして、iPhone12sという名称の機種は恐らく...

こちらにiPhone13になったらという記事も掲載しております。こちらも合わせてご確認ください。

✔iPhone2021年モデルはマイナーバージョンアップ
✔iPhone2021年モデルでは新機能はさほど搭載されない

一番目玉になるのは、TouchIDが搭載されるかもしれないというところではないかと思います。

TouchIDは本当に期待したいところ

TouchIDが画面埋め込みになるかもしれません。

TouchIDというのは、iPhone8やiPhoneSE2にあった指紋認証機能となりますが、指紋認証機能がiPhone2021年モデルには搭載される可能性が十分にありえます。

その理由としては、マスクをした状態ではFaceIDが動作しないからということです。

FaceIDというのは、残念ながらマスクをした状態でロック解除は難しいのです。

✔FaceIDはマスクをした状態では難しい
✔TouchIDを望む声がかなり多い
iPhone12 iPhone11 マスクをつけた状態でロック解除 FaceIDで認証解除する方法
iPhoneを利用してFaceIDがロック解除をしている人もかなり多いのではないかと思います。 FaceIDは指紋認証機能に変わる、新しいロック解除の方法となります。今まで指紋認証に慣れていた人にとっては、なんでこんなものになったの?と思...

マスクをした状態でもロック解除する方法というものはあるようですが、現実的にこのようなやり方をしてロック解除をする人というのはあまりいません。

そういうことを考えるのであれば、TouchIDを搭載しているほうが間違いなくメリットがあるのです。

iPhoneというのは、使い勝手はかなりいいので、iPhoneの使い勝手を考えるとTouchIDのほうが間違いなく使い勝手が向上します。

使い勝手をメインに考えるのであれば、TouchIDの搭載をかなり希望したいところです。

iPhone21では価格はiPhone12相当になると予想

iPhone21の価格はiPhone12と価格をあわせると予想しています。

iPhone13(iPhone12s) 価格一覧 値段 いくらで買えるの 前モデルと価格が同等との噂
今後iPhone13シリーズの販売が行われると言われております。iPhoneの価格はどのようになるのでしょうか? iPhone13が発売されたら各社から発売されると予想されますので、またかなりの販売台数を伸ばしていくことになるのではな...

こちらに価格情報を掲載しております。

キャリア 64GB 128GB 256GB
iPhone13mini ドコモ 87,912円 95,832円 110,088円
au 90,065円 95,240円 109,305円
ソフトバンク 96,480円 102,960円 116,640円
SIMフリー 82,280円 87,780円 99,880円
キャリア 64GB 128GB 256GB
iPhone13 ドコモ 101,376円 109,296円 123,552円
au 103,430円 108,260円 122,435円
ソフトバンク 110,880円 116,640円 131,040円
SIMフリー 94,380円 99,880円 111,980円
キャリア 128GB 256GB 512GB
iPhone13Pro ドコモ 129,096円 142,560円 169,488円
au 127,495円 140,750円 168,170円
ソフトバンク 137,520円 151,920円 180,000円
SIMフリー 117,480円 129,580円 153,780円
キャリア 128GB 256GB 512GB
iPhone13ProMAX ドコモ 142,560円 156,024円 182,952円
au 141,900円 155,150円 181,540円
ソフトバンク 151,920円 166,320円 194,440円
SIMフリー 129,580円 141,680円 165,880円

価格は正直なところそこまで高いわけではありません。

iPhone12と同じ価格ならある意味世界のインフレ率からすると、まだ耐えているという感じではないかと思います。

2020年は世界中コロナに苦しんだと思いますので、正直なところお金の動きがあまりありませんでした。

そういうこともあり、ひょっとすると価格を同じ価格にして、コロナなどを加味した上でこの価格になっているのかもしれません。

リフレッシュレート120HzはProモデルのみ

リフレッシュレートが120Hzになると言われておりますが、それはProモデルだけということになるかもしれません。

iPhone13のスペックが出てきた 価格情報はやはりiPhone12と同じ
iPhone13のスペックなどの情報が出てきました。 本当に待っている人も多いのではないかと思います。 ツイッターによる情報 こちらがツイッターによる情報となりますが、スペック的にはある程度予想されている通...

こちらにその情報を掲載しておりますが、Proモデルというのは、価格でも10万円を超えるモデルだけということになり、通常モデルでは、残念ながらリフレッシュレートというのは、60Hzのままということになります。

リフレッシュレートが60Hzのままということであれば、iPhone12と変わりません。

とはいうもののiPhone12も十分キレイだと思います。

✔Proモデル以外のモデルはリフレッシュレート60Hzのまま
✔Proモデルのみ120Hzに

実際のところリフレッシュレートが120Hzだからといって、ゲームのときにそこまでの違いが出るのか?と言われても、気が付かない人も多いと思います。

Androidスマホではすでに120Hzを超えるリフレッシュレートを持つスマホも色々登場しています。

一度そういうものを体感してもらうということもありではないかと思いますね。

CPUは順当に進化

CPUいわゆるiPhoneの処理能力ですが、順当に進化します。

A15と呼ばれるCPUが搭載されることは間違いないかと思います。

基本的にAシリーズというCPUは、継続的に進化をしています。

毎年1.25倍程度能力アップをしているということを考えると、2020年モデルのiPhone12から比較すると、単純に1.25倍程度の進化はするでしょう。

✔毎年1.25倍の進化を行う
✔3年で2倍程度能力が上がる

昔は2年で2倍の能力が上がるとか言われておりましたが、最近は3年で2倍の能力アップ程度となっています。

そこまでCPUが進化できないのでしょう。他にも要因としては、数年前のCPUの能力であったとしても、基本的には十分という声もかなりあるのです。

そういうことから、最近は、CPUがそこまで進化しなくても十分ということもあるのではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました