Xperia ace3 エクスペリアエース3 AceⅢ スペック 発売日 予想 噂 価格などはどうなるのか?

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

今後Xperia ace3が発売されると思われます。Xperia aceシリーズというのは、2021年にXperia ace Ⅱという形で販売されました。

これに伴い、Xperia aceシリーズがシリーズ化されていく可能性が非常に高いと思われます。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Xperia ace3はドコモから発売される可能性が高い

Xperia ace2がドコモから発売されたことを考えると、次に発売される予定のXperia ace3に関してもドコモから継続的に販売されると思われます。

Xperia aceシリーズというのは、コンパクトなサイズということで、幅広い世代から人気のあるスマホとなっています。

Xperia aceもドコモから販売されており、後継モデルは2021年6月時点では、後継モデルはドコモのみの販売となります。

そういうことから、今後もドコモから販売されることは間違いないかと思います。

こちらがドコモオンラインショップとなっています。

ドコモ ショップ 機種変更するメリットとデメリットは? 時間をかけずに契約できる方法は?
ドコモショップで年々機種変更をする人が減ってきていることを知っていますか? ドコモショップが悪いというわけではありませんが、年々契約をオンラインで行いたいという人が増えているということです。 ドコモオンラインショップの公...

こちらにドコモオンラインショップの魅力をお伝えしております。

こちらのページもぜひご確認ください。

それではXperia ace3はどのような機種になるのでしょうか?

Xperia ace3のスペックを予想

Xperia ace3のスペックを予想する前にXperia ace2がどんなスペックになっているのか見ていきましょう。

モデル名 XPERIA ACE Ⅱ
寸法 140 x 69 x 8.9mm
重さ 159g
OS Android 11.0
画面サイズ 5.5インチ
解像度 HD+(1496×720)
ディスプレイ TFT
プロセッサ MT6765 P35
RAM 4GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD 最大1TB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1300万画素+200万画素(深度)
LTE 4G
WiFi 802.11ac
Bluetooth V5.0
Payment おサイフケータイ
カラーバリエーション ブラック、ホワイト、ブルー
バッテリー容量 4500mAh
認証センサー 指紋認証
その他 防水IPX5/IPX8 防塵IP6X

こちらがXperia ace2のスペックとなります。スペック的にはローレンジという位置づけとなります。

恐らくこのローレンジを次のモデルも継承するでしょう。ローレンジということもあり、非常に安価な価格設定が非常に魅力的なモデルとなっています。

CPUはどうなる?

MediaTekという会社のCPUが継続的に採用されると思われます。

このメーカーというのは、日本で通常利用されているSnapdragon系のCPUとは異なるメーカーとなり、価格が非常に抑えられております。

しかしながら能力はSnapdragon系とさほど変わらないという特性もあり、安価なモデルのスマホであれば、比較的採用されているケースも多いのです。

京セラなども同様のCPUを採用しているスマホを販売しており、その分価格はかなり抑えられているのです。

✔MediaTekのCPUは価格が安価
✔同じ価格帯のSnapdragon搭載機種であれば、MediaTekのほうが上位モデルに

CPUというのは、そのスマホの処理能力を示すものとなっていますが、MediaTekが搭載されているから駄目とかいうことは一切ありません。

むしろ価格が抑えられていながらいいものが搭載されているという認識でいいと思います。

カメラもデュアルカメラを継承か

カメラも現状ではデュアルカメラが搭載されているということもあり、今後も継続してデュアルカメラになると思われます。

そもそもローレンジのため、カメラも複数搭載することにより、複数カメラを搭載すると部材コストが上がることが予想されます。

Xperia ace2では深度カメラといういわゆる奥行きを計測するカメラが搭載されています。

奥行きを搭載するカメラというのは、どのようなカメラになるのか?というと、基本的にはボカシなどを撮影することが可能となります。

ボカシが可能ということはどういったことなのか?ということですが、いわゆるポートレートモードということになります。。

ポートレートモードというのは、人物を写真で撮影するときに背景をぼかすことができるというものになります。

✔背景をぼかすことは今後も可能
✔メインカメラの画素数は上がる可能性も高い

現状で1300万画素の画素数のカメラを搭載しています。そのため今後は1300万画素からの画素数アップの可能性は十分にありえるのではないでしょうか。

画素数が上がるだけでもベースのポテンシャルは上がりますので、それだけでも前モデルとの比較になっていいのかもしれません。

カメラは複数カメラのほうが絶対いいです。

スマホの世界ではデュアルカメラというのは、当たり前になってきており、デュアルカメラ以上のカメラ性能があるモデルも多数存在します。

それくらいカメラが複数あるということは、ポテンシャルが高いモデルということになります。

昨今はデュアルカメラではなく、トリプルカメラというところまで来ているのではないかと思います。

トリプルカメラというのは、3つのカメラがあるモデルということになりますが、3つのカメラが異なる役割となっています。

それだけでもかなりきれいな撮影ができそうな感じがします。

ボカシ性能だけではなく、複数のカメラを持つということは、それだけでもかなりのメリットがあるということになるわけです。

発売日はいつ頃に?

気になる発売日はいつ頃になるのか?ということですが、現状Xperia aceシリーズの発売日スケジュールがどのようになっていたのか?というところを振り返りましょう。

機種名 発売日
Xperia ace 2019年6月14日
Xperia ace2 2021年5月28日
Xperia ace3 2023年5月?6月?

このあたりの発売日になると予想されます。

発売日は今のところ2年に1度といった感じです。発売スケジュールからしても、2023年あたりになると予想されます。

✔発売日は2023年の夏モデルになると予想
✔2023年ならXperiaはXperia 1 ⅤやXperia 10 Ⅴなどの発売タイミングと同じ

正直なところローレンジモデルというのは、2年に1度くらいのペースでも十分では?とも思います。

その理由は、ローレンジモデルを大量に市場に投入するとハイスペックモデルが売れなくなるからということがその理由です。

ソニーとしてもハイスペックモデルを販売したいということは間違いないかと思います。

ハイスペックモデルのほうが間違いなく利益率が高いからです。1台販売したときの売上はざっくりローレンジの5台分くらいとなります。

そうなれば、ソニーとしてもハイスペックモデルへの注力をしたくなるのは当然ですね。

価格は2万円前後に抑えられる

価格は2万円前後に抑えられると予想されます。

昨今スマホの価格も2分化しており、高額なモデルは10万円を超えるモデルが当たり前になりつつある中で、ローレンジモデルというのは、2万円前後とかなり安価な価格設定となっています。

✔価格は継続して2万円前後での販売

5万円前後のXperia 10シリーズと10万円を超えるXperia 1シリーズとの価格差を考えると、2万円〜3万円の間の価格で販売されることは妥当といえば妥当です。

ただソニーとしては、低価格なモデルばかり販売してしまうと先程もお伝えしたように売上が下がります。

売上を下げたくなので、ローレンジモデルに関しては、本来なら販売したくないモデルとなります。

それでもユーザーのニーズに合わせてローレンジモデルの販売も行う必要があるわけです。ローレンジモデルであったとしても、品質の高いソニーの製品を利用したいと思う人は多いですからね。

Xperia Ace Ⅱ ドコモ版がランキング上位に iPhone系の人気は本当に絶大なもの
Xperia Ace Ⅱと呼ばれるモデルがドコモから販売されていることは知っていると思います。 2021年10月で一番売れているモデルというのは、iPhoneシリーズです。 これは当然といえば当然の結果ですが、Android系で...

こちら2021年の販売ランキングとして、Xperia ace2が上位となっています。

上位になっている要因の一つとして、間違いなく価格が挙げられるでしょう。

Xperia Ace II SO-41B
NTTドコモのXperia Ace II SO-41Bをご紹介します。ご購入は、24時間いつでも簡単、安心、おトクなドコモオンラインショップで!

こちらを確認してもらいたいのですが、この記事を書いている時点で、22000円という非常に低価格で販売されているのです。

これくらいの価格帯で販売されているのであれば、かなりお得であるかと思います。

✔かなり価格が安価で発売は継続
✔安いスマホは本当に売れる

安価なスマホは今の日本では非常に人気が高く、売れ筋はハイスペックモデルではなく、ミドルレンジが売れ筋モデルとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました