iPhone アイフォーン 充電ができない 充電されない 対処方法 できるようになる方法

友だち追加
格安SIMを紹介しています。 初月から120GBのSIMが110円で3ヶ月利用可能!4ヶ月目以降1000円台のプラン変更可能です こちら登録頂ければ幸いです。
友だち追加
こちら友達登録頂くことで、割引情報などを配信いたします。
 

iPhoneを持っていても充電が出来ない時ってありませんか?充電が出来なくて本当に困ったなんてこと結構あるかと思います。

Lightningのプラグを挿しても充電が開始されないということありませんか?

比較的長期間に渡りiPhoneを利用していると結構そのようなことがあります。

その時の対処方法ってわかりませんよね・・・みなさんどうして対処しているのでしょうか?

実は意外と簡単に充電が開始されることもありますので、一度以下のことを確認いただき試してもらうということもありだと思います。

 


iPhoneの再起動を行う

20160812152028

こちらです。何度か見たことある人も結構多いと思います。

まずは電源を切って、電源を入れるということをしてみることが大事かと思います。

それが一番の対処方法です。パソコンでも調子が悪くなると再起動すると治る可能性が結構あります。

iPhoneも同様に情報機器なので、再起動で改善する可能性が非常に高いのです。

その場合疑われるのは、ソフトウェアの動作不良です。ソフトウェアの動作不良を改善することで、正常な状態にすることも可能になるのです。

✔iPhoneの再起動を行うことで、充電が開始されることがある
✔再起動は定期的に行うことをオススメ

これは普段からiPhoneを利用している場合でも行うことをオススメしたいですね。

基本的に再起動というのは、iPhone自体のリフレッシュです。リフレッシュをすることで、中のアプリなどがリフレッシュされるわけです。

これを行うと、アプリの動作不良なども改善されますので、定期的に行うことをオススメしたいですね。

ここ最近充電していなかった

最近充電を一切行っていない場合は放電している可能性があるのです。

放電をしている場合というのは、すぐには充電が開始されません。その場合は放置するというのも手ですね。

放置することにより、充電が開始される可能性があるのです。

✔放置していて電源を入れていない場合はすぐに充電されない

完全放電を行っていると、すぐには充電が開始されません。普段利用しているiPhoneであれば、完全放電されることはありませんが、1ヶ月くらい放置していた過去に使っていたiPhoneなどでは完全放電が行われている可能性も十分にありえます。

完全放電が行われている状態であれば、残念ながらすぐに充電が開始されるということはありません。

これは注意が必要となります。

一旦放置しても改善しない場合は次のステップに進みましょう。

放電されて、次の充電までできないということは、結構あるかと思います。

なかなか充電が反応しないというケースです。

Lightningケーブルを確認する

それではLightningケーブルを確認してみましょう。

Lightningケーブルが断線していると残念ながら充電できません。

やはりケーブル類というのは、複数持っておきたいところですね。

とにかく安価にしておきたい人にはこれはおすすめです。この価格で送料無料です。

やはりこういうものは持っておきたいところです。

断線に強いというタフネスケーブルならこういうものを持っておいてもいいと思いますね。

とにかくLightningケーブルを持っておくということで、万が一の時に回避することが可能なのです。

突然断線というものはやってきます。一度確認はしておくほうがいいと思いますね。

✔ケーブルの断線も普通にありえること
✔ケーブルの断線がないか確認

断線は普段意識していなくても目に見えないところで断線が行われているケースもあります。そのため断線が行われるかどうかはなかなかわかりにくいです。
見た目では判断出来ないケースが非常に多いです。
基本的に予備のケーブルは持っておきたいところですね。

アダプターを疑ってみる

次に疑いたいのはアダプターです。これも替えがないと他のアダプターを使うということができません。

私はこのようなものを利用しておりますが、これは本当に使い勝手いいです。

私はこういうものをおすすめしたいと思います。

こんなものならかなり安価だと思いませんか?これくらいなら非常にいいと思います。

アダプターを疑ってみるというのも本当に一つの手かと思います。

アダプターはなかなか潰れませんが、LightningケーブルをUSBの接点が痛む可能性は十分考えられます。

そういう意味でもアダプターというのは消耗品なのです。永久に利用することはできません。

タップ利用を避ける

タップというのは、タコ足のことです。タコ足を避けることで、ひょっとすると改善するかもしれません。

こんなやつを利用している人ならコンセントの口を変えてみるのもいいかもしれませんね。

とりあえず余計なものをとることで、明らかにどこに影響があるのか掴んでいく必要があります。

タップ利用を変更したところで、実はあんまり意味がないのかもしれません。

ただそれでもタップしている接続部分の接触が悪いということも十分にありえるのではないかと思います。

元のコンセント自体へ別のコンセントに変える

自宅コンセントを別のコンセントの口にするというのもいいかもしれません。

自宅にコンセントは複数あると思います。

別の口からとってみてどうか?というところを検討してみるのもいいでしょう。

通常コンセントの不具合というものはあまり考えられませんが、やはりそれも原因の一つになる可能性があるということです。

結局のところ別コンセントに変えることで、改善する可能性があるのです。

✔コンセントの口が悪い
✔コンセントにちゃんとささっていない

これらも原因の一つかと思います。コンセントが不調ということは、通常あまり考えにくいのですが、可能性としてはゼロではありません。

Lightningの穴を掃除してみる

Lightningの穴の部分の掃除をしてみることをオススメします。

✔ホコリが入っていると充電出来ない
✔汚れていると充電出来ない

Lightningの穴というのは、日々利用していると廉価してきて充電出来ないということがあります。

それではどのように掃除をしていくのか?というところですが、つまようじのようなものでホコリの除去を行うというところから開始してください。

Lightningの穴を掃除するときは、iPhoneの電源は落としておきましょう。接点同士が触り合って変に通電されたら故障の原因となります。

このような作業を行う時は、基本的にiPhoneの電源を切った状態で行うことが基本となります。

ホコリ取り掃除でしてはいけないこと

ホコリを取るということで、絶対にしてはいけないことがいくつかあります。

✔エアダスターを利用しない
✔Lightningの穴に自分の口から息を吹きかける

このあたりは正直なところしてはいけません。

ホコリを取るということをする時にこれらの行為はすることをオススメしません。

ホコリを取る時には、慎重に行ってください。ホコリというのは、基本的に家電製品にとっては天敵です。

これらを除去するということは非常に重要なことなのです。

バッテリーの最適化機能

バッテリーの最適化機能というものが入っていることを知っていますか?

iOS 13 以降には、「最適化されたバッテリー充電」機能があり、iPhone がフル充電されたままの時間を極力短くして、バッテリーの劣化を軽減し、寿命を延ばしてくれます。この機能を有効にすると、所定の条件下で、iPhone は 80 パーセントまで充電したら、その後の充電を遅らせます。iPhone はオンデバイスで機械学習機能を使い、毎日の充電の傾向を把握するので、iPhone がある程度長い時間、充電器に接続されるだろうと予測されるときにしか「最適化されたバッテリー充電」は働きません。充電器から外した時点で、iPhone がフル充電されている状態にしておくことが、このアルゴリズムの狙いです。

「最適化されたバッテリー充電」は、iPhone の設定時や、iOS 13 以降へのアップグレード後にデフォルトでオンになります。この機能を無効にするには、「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」>「最適化されたバッテリー充電」の順に選択してください。

バッテリーのパフォーマンスを長期間に渡り利用できるようにiOS13以降はこのような機能が搭載されております。

これにより、80%以上のバッテリー充電が出来なくなる仕組みが備わっているのです。

夜間寝る時などに充電器に挿すことがあると思いますが、この時にこの機能が働きます。

寝る時というのは、長時間充電されるようにしている人が多いと思いますが、この機能が働くことで、バッテリーへの負荷をへらすという狙いがあるのです。

iPhoneが充電出来ないという不具合はあまり遭遇したくない

iPhoneが充電出来ないというようなことにはあまり遭遇したくないですよね。

それでも充電を繰り返しうちに接点部分がいたんだりすることもありますので、充電が出来なくなることが結構あるようです。

特に2年以上経過している端末では若干接点部分がいたんでくる可能性が十分にありえるのです。毎日1回だけ充電器に挿している人に関してはそこまで問題になることはありませんが、1日に何回も充電器に挿している人は特に要注意です。常にバッテリーを持ち運んでおり、そのバッテリーからいつも充電を行っている人はやはりこのような現象が起きる可能性というのは十分に考えられるわけです。

後気になるのはApple純正を使っていないことにより接触不良を起こすということもよくあることかと思います。Appleの純正の周辺機器というのはやはりよくできています。その分価格は結構高いわけですが、純正を使っていることによる安心感というものは結構あると思いますね。

ちなみに純正を使っていなくてもAppleがOKを出している規格というものがあるのです。

MFiライセンスと呼ばれるものです。これはAppleがある程度太鼓判を押している周辺機器となっております。このようなMFi規格に対応しているものを利用することである程度の安心感が生まれるのです。

実はこのMFi規格に対応していない製品を利用していることでどういうことが起きるのでしょうか?実はOSをバージョンアップした時以降充電が出来ないなんてことも十分に考えられるのです。OSのアップデートと充電が関係あるの??なんて思うこともあると思いますが、MFi規格というのはバージョンアップされた時でもある程度担保してくれるのですが、それ以外の充電するためのケーブルでMFi規格でないものというものも世の中には結構存在するのです。その時には充電が出来ないなんてことは十分に考えられるわけです。

このようにMFi規格を持っている製品を購入することで突然充電が出来なくなったというようなことにも対処出来るようになるのかもしれません。結局Apple製品を使うということで、それなりに費用が発生するわけですが、安物買いの銭失いにならないようにしたいところですね。どうせ使うならいいものを長く使うほうが結果的にお得ということもよくあることですからね。

それでも無理なら

上記のすべてのことを試しても無理ならAppleに相談してみるのがいいと思います。

一度キャリアのショップに持って行ってみるというのもいいかもしれません。

それでも本体に不良があった場合や接点不良があった場合は改善することが出来ません。

修理対応ということになると思われます。

あまりここまでやって改善しないということはありませんが、ひょっとすると改善する可能性もありますので、いろいろ試してもらいたいところですね。

最新のiPhoneに買い換える



最新のiPhoneに買い換えるということも視野に入れることをおすすめしたいと思います。

✔ドコモとソフトバンクはオンラインショップで事務手数料無料
✔オンラインショップは時間短縮でメリットがある

iPhoneに買い換えるということで、間違いなく改善します。

さすがに買い替えて改善しないということはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
ワイモバイルストア公式UQモバイル公式キャッシュバック