モバイルバッテリー スマホ充電器が安く買える 外出先でスマホをずっと見る人にはメリットしかない

モバイルバッテリーを利用することはありますでしょうか?

外出先でモバイルバッテリーを利用しようと思っても、どれを購入していいのかわからないという人も多いと思います。

ネットショッピングを利用すれば、結構安価に購入することが可能となります。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

安いモバイルバッテリー

モバイルバッテリーは非常に安価なものから色々あります。

こちらは999円と非常に低価格なバッテリーです。
なんとその容量は12000mAhもあります。

さらに2台同時に充電が可能ということになりますので、かなり便利です。

✔1000円を切る低価格モデル
✔急速充電に対応

これは相当安い部類ですね。

こちらは30000mAhもある大容量バッテリーとなっています。

30000といってもピンとこないと思いますが、最近大容量バッテリー搭載のスマホでざっくり5000mAhです。

それの6倍の容量を持っているモバイルバッテリーということになりますので、かなりの大容量であるということがそこからもわかるのではないかと思います。。

✔30000mAh搭載
✔残量表示搭載

こちらの製品はソーラーで充電することができる機能が付いたモデルとなっています。

ソーラーで充電ができるということは、それだけでもかなりのメリットがあるのではないかと思います。

✔ソーラーで充電が可能
✔Qiのワイヤレス充電に対応

またワイヤレス充電にも対応しているということになりますので、それだけでもかなりのメリットがあるのではないかと思います。

ワイヤレス充電に対応しているモバイルバッテリーというのは、そこまで多くはありません。それだけでもメリットのあることではないかと思っています。

こちらコンパクトタイプのモバイルバッテリーとなります。

4000mAhという小型容量となりますが、毎日持ち運ぶのであれば、重たいモバイルバッテリーはいらないという人にとってはリアルに助かります。

4000mAhといってもiPhoneであれば1回分の充電に耐えることが可能です。

1回だけでも充電ができれば十分と思っている人にとっては、リアルにメリットがあるのではないかと思っています。

✔コンパクトサイズのモバイルバッテリー

モバイルバッテリーは災害時に強い

モバイルバッテリーというのは、普段の利用もそうなのですが、災害時に非常に強いです。

災害がおきたときに電気が通電するまでに数日かかることがあります。その時にモバイルバッテリーがあれば心強いと思いませんか?

✔大規模災害時に電気が届かないことがある
✔大規模バッテリー

モバイルバッテリーは基本的に常に充電しておく必要があります。

大規模災害というのは、いつやってくるかわかりません。台風などはある程度予想出来ますが、地震に関しては予測出来ません。

ある日突然電気がこなくなったということがあった時にモバイルバッテリーを常に充電しておくことで、その難から逃げ出すことも可能となるのです。

その難から逃げ出すことができれば、それだけでもメリットがありませんか?

大規模災害を考えるなら大容量バッテリーがオススメ

大規模災害をメインに考えるのであれば、大容量バッテリーが非常にオススメです。

世の中にはここまでいるの?というレベルのものまで存在します。

ここまでいくと、施設で利用できるレベルです。ただ災害対策をしっかりしている施設などではこれくらいのものは持っているかもしれません。

本当にそういうところであれば、大規模災害がやってきた場合にもすぐに対処できるような形を取っているのです。

✔家ではここまで不要であるが、施設などではこれくらいあれば便利
✔複数の人が利用することが想定

充電をしたいという人は1人でありません。複数の人が利用したいと思うことが多いのです。そういうこともあり、このようなものを購入する場合もあるのではないかと思います。

一家に一台はあってもいい

モバイルバッテリーは普段利用しなくても一家に一台はあってもいいのかもしれません。

スマホを利用する機会もどんどん増えていると思いますので、ないと困るという人も少なからずいるわけです。

災害時の情報を取得するためにもスマホは本当に必須アイテムとなっています。

そういうこともあり、モバイルバッテリーの購入も検討にしてあげてもいいのではないかと思います。

✔モバイルバッテリーの購入は一家に一台
✔モバイルバッテリーのニーズは災害時にかなりある

本当にないと不便なスマホです。モバイルバッテリーの購入も検討してあげたらいいと思います。

最近はモバイルバッテリーの大きなものを1家に1台持つ人も増えています。

モバイルバッテリー自体がないと災害があったときに不安になる人も多いと思います。

台風のときなどはあれば本当に便利

台風のときというのは、本当にあれば便利です。

台風のときというのは、事前に来ることがわかっています。そのため対策しやすいのです。

台風でも避難指示や避難勧告などが出る前に、バッテリーの購入は行っておきたいですね。

✔避難勧告、避難指示が出るまえに事前に購入
✔梅雨明けから台風は来ると予想

梅雨が開けたときから台風はかなりの確率でやってきます。そのため台風が万が一来たときのためにモバイルバッテリーの購入を事前に行っておき、充電まで済ませておくということをおすすめしたいと思います。

そうすれば万が一のときにでも充電にこまることはありません。

多くは数日で台風は過ぎ去るので、それまでの充電ができれば問題はありません。

避難場所に移動したときにすぐに充電できる可能性というのは非常に低いからです。

さすがにそこに電気は来ているので、充電することは可能ですが、充電をしたい人が殺到するので、自分で充電をしておくことをおすすめしたいですね。

海外へ行くときも使える

海外へ渡航するときにも利用することが可能となります。

コロナの影響で海外に渡航をする機会も減りましたが、海外渡航をする人にとってはかなり便利です。

✔海外の緊急充電時に必要
✔海外ではすぐに充電できない可能性も

とにかく海外というのは、コロナが蔓延したことにより、本当に不便です。

出国時のPCR検査がそれぞれの国で必要になり、日本に入国する時はさらにPCR検査が必要となります。

本当に面倒な世の中になったなぁ〜という印象を受けますが、このウィルスは見えないので仕方ないことかもしれません。

私も関東と関西を行き来することがありますが、関東のほうが断然人が多く、本当に緊急事態宣言出てるの?と言いたくなります。

20時以降で店がやっていなくても、かなりの人が歩いているという状況となっています。

こんな状況であれば、まだまだ当分コロナは収束しそうにないなぁ〜という感じですね。

ある意味なんとなくみんなが大丈夫だということになっているのでしょうね。

家にいても何もできないなら外出でもしてストレス発散をしようと考えるのかもしれません。

ちょっと話は脱線しましたが、そんな中でも海外に行く人というのは少なからずいるわけです。そういう人にとっては、間違いなくメリットがあると思っています。

海外渡航時にモバイルバッテリーがあれば本当に便利なので、ぜひ一つくらいは携帯しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました