アイフォーン13 プロ マックス 予想 オススメ 予約 噂 仕様 口コミ レビュー

iPhone13で搭載される予定になっているオススメの機能などを紹介したいと思います。

iPhone12からiPhone13での仕様追加というのは、色々あるかと思いますが、便利だと思っていた機能がなくなったり、便利だと思う機能が搭載されたりと、iPhoneでも色々新機能が追加されることは間違いありません。

iPhone13は2021年に発売される予定となっていますが、どのような機能が追加されるのでしょうか?

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

iPhone13の予約購入はこちら




楽天も含めた各社からiPhoneの販売は開始されると予想されます。

iPhoneの人気というのは、日本ではかなりのものとなっています。

iPhoneはなぜみんなが持っているの?訳 理由 人気が高いのはなぜ? なぜ売れるの?
スマホといったらiPhoneという人もいるくらいiPhoneの人気というのは、かなりあるかと思います。iPhoneがそこまでなぜ人気が高いのか?ということですが、iPhoneの人気というのは、ここ最近始まったわけではありません。 ...

こちらiPhoneの人気に関して触れている記事となっていますが、特に日本ではiPhoneの人気というのはすごいですからね。

iPhone13はどうなる?

✔iPhone12と見た目は変わらない
✔A15の採用
✔ミリ波の対応(アメリカではミリ波対応も実施)
✔指紋認証機能の追加

実は大きくはこれくらいしか変わらないと言われております。

ベースのスペックアップに加えてどの程度よくなるのでしょうか?

やはり気になる部分はあるのではないかと思います。

指紋認証機能の復活

指紋認証機能の復活にはかなり期待したいところではないかと思っています。
指紋認証というのは、iPhone12ですべてのモデルから排除されました。ただ指紋認証機能というのは、個人的に見ても非常に便利な機能です。
2020年はコロナの影響により、マスクをする人が非常に増えました。
そのためマスクをした状態でFaceIDを起動しても、認証されないということが普通におきたのです。
それはかなり利便性を損ないます。そのため指紋認証機能の復活にはかなり期待したいと思います。
おそらく2019年の終わりくらいからiPhone13の開発が行われているかと思いますが、iPhone13の開発により、指紋認証機能が復活するとかなり売れるモデルになると予想されます。
指紋認証はAndroidでは当たり前の機能なのですが、iPhoneではなくなったしまった機能です。
認証方法の統一することで、OS側での制御などを減らしたりすることもできるので、開発コストを下げることが可能となります。
たださすがに今の時代はコロナなので、不便であることは間違いありません。
指紋認証機能がないと本当に不便なので、本当にこれは復活してもらいたいと思います。
iPhone8のほうが使いがってがよかったなんてことにはならないようにしてもらいたいと思います。

実はそれくらい過去に発売されたモデルの指紋認証機能というのは使いやすかったのです。

iPhone13でTouch ID 指紋認証が復活 Face IDとの併用になったらメリットがかなり大 コロナの影響が大きいか
iPhone13ではTouchIDが復活する可能性が非常に高いということがわかりました。 TouchIDというのは、指紋認証ということになりますが、指紋認証機能というのはiPhone8やiPhoneSE2などでは現状も指紋認証...
指紋認証の復活を望む声は大きい
指紋認証があれば、マスク着用時でも認証解除可能
指紋認証がディスプレイ内蔵ならなおよし

ディスプレイ内蔵型になるとの情報も

iPhone13ではディスプレイ内蔵型になるという情報もあります。
ディスプレイ内蔵型になるということは、すでに日本ではOPPOなどの会社が採用している方式となります。

✔ディスプレイ内蔵型になるとの情報
✔ディスプレイ内蔵はかなり便利

本当にそうなれば、かなり便利だと思います。
基本的には、ディスプレイ内蔵というのはかなりオススメできると思います。

iPadAirでは電源ボタンとの共有ですが、電源ボタンとの共有ではダメです。
やはり前面に内蔵していないと使えません。
Xperiaなどの認証方式を利用していますが、電源ボタンと変わらないのであれば、やはり難しいと思います。
そういうことを考えると、ディスプレイ内蔵がメリットがあります。

ソフトボードバッテリー技術の採用

iPhone13ではソフトボードバッテリー技術の搭載 省スペース化で更に薄くなるのか?
iPhone13が2021年にも発売される予定となっていますが、iPhone13miniと呼ばれる機種ではソフトボードバッテリー技術と呼ばれるものを採用し、さらに省スペースになると予想されております。 省スペース化さらにコストも下がるとい...

ソフトボードバッテリー技術と呼ばれるものが採用される見込みです。
これに伴い、コスト削減も図られるようですね。
コスト削減されると販売価格にも影響されることは間違いないでしょう。
とはいうものの、2021年に発売されるiPhone13ですが、価格は据え置きになるでしょう。
それ以外の部材コストが上がるからだと思います。結局スマホの価格の上昇は年々起きているのです。
それはiPhoneに限った話ではありません。
この技術を利用して、更に安価に購入できるようになれば、いいと思いませんか?
世界各国では最近高額なスマホの販売台数が落ちているともいいます。その理由は、やはり高額だから売れないということが原因の一つだと思います。
ハイスペックモデルも10万円を超えるモデルばかり出していると売れない時代が世界でやってくることは間違いありませんので、費用を下げてもっと安価に販売できればと思います。

iPhone13 iPhone14ともにカメラモジュールのアップデートはしない

iPhone13及びiPhone14共にカメラモジュールのアップデートは行われないと報道されております。

カメラに関しては待っている人も多かったのではないかと思いますが、こちらの記事を受けて落胆の人も結構多いのではないかと思います。
カメラモジュールのアップデートは2022年まで行われることはないということになりますので、ちょっと残念ですよね。

ただしソフトウェア的なアップデートは継続的に行われるとも語っております。
そのため、ハード自体がそのままであったとしても、それ以外の部分で改善するものと思われます。
カメラはiPhone12Proの時点でフレアなどの問題も抱えており、正直なところ今後どうなっていくのでしょうか?
せめてフレアが出ないようにレンズ部分の改良や配置などは行ってもらいたいと思います。

✔iPhone13、iPhone14共にハードの改造は行われないと予想

引用元:macrumors

LTPOディスプレイでリフレッシュレートは120Hzに

Low Temperature Polycrystalline Oxideと呼ばれるディスプレイが採用される見込みになっています。

こちらいわゆる低電力のディスプレイになっており、現状よりも20%程度の省エネ効果が生まれるようです。

このディスプレイはサムスンが提供すると言われており、120Hzの可変リフレッシュレートとなります。AppleWatchにはすでに対応しており、iPhoneもかなりの低電力になると見込まれております。

可変のリフレッシュレートということで、高リフレッシュレートはゲームや動画閲覧時に動作し、それ以外はリフレッシュレートを下げるという対応を行うのではないかと思います。

リフレッシュレートが高い状態だと、基本的にバッテリーは食いますが、可変ということは、バッテリーの消費もきっちり抑えてくれるということでかなりありがたいですね。

1TBのROMの容量になる可能性も

1TBというとてつもない容量のモデルが発売される可能性もあるようです。

1TBというのは、かなりの大容量です。

iPhone13(iPhone12s)では1TBのROM 内蔵ストレージを搭載し8Kのカメラを搭載する可能性も高い
iPhone12シリーズが発売されておりますが、次に発売されるiPhone13の情報も色々出てきております。 iPhone13はどのような機種になるのか?気になる部分もあります。;今のタイミングでiPhone12を買うのかもしくはiPho...

こちらの記事を見てもらいたいと思いますが、iPhone12が発売されてからの情報となります。1TBという大容量になれば、それこそ動画やアプリ、音楽などはなんでも入ります。持ち運ぶにはもったいないレベルの容量となります。
1TBというと、パソコンと同じレベルではないかと思います。パソコンの容量といってもノートパソコンではなく、デスクトップPCの容量くらいではないかと思います。
デスクトップPCというのは、相当容量も高くなっていますが、まさにそのレベルの容量がiPhoneの大きさに収まるわけです。
ここまでの大容量であれば、かなり期待できるのではないかと思います。

ノートパソコンであれば、128GBや256GBなどがそれなりの容量となっており、SSDと呼ばれるものを採用しています。
SSDを採用しているパソコンでさえ容量のスタンダードはそれくらいなのです。
1TBというのは、どれくらいの容量なのかわかるかと思います。
1GBの映画なら1000本入る大きさなのです。そこまでの容量は本来なら不要なのかもしれません。
ただなかなか整理できない人も多いと思いますので、その容量があれば、数年間利用しても困るということにはなりません。
iPhoneは数年利用する人が大半なので、数年利用することでどんどん容量は埋まってくるのです。それが1TBもの容量があれば、まずうまることはないかと思います。
ただ昨今は外出する人もそこまでは多くないので、外出先で動画を撮影するということや、動画を保存して持ちあるくということも減るのではないかと思います。

それでも大容量は魅力的ですよね。

同タイミングでApple Watch7が発売される可能性

Apple Watch7の発売も同タイミングで行われるかもしれません。

こちらを確認してもらいたいのですが、Apple Watchシリーズには期待できるかもしれません。
Apple Watch6の発売も行われましたが、Apple Watch6の販売に関しては、期待値ほどではなかったかもしれません。
そこまで期待していなかった人も、Apple Watch7であれば、かなり期待できる時計になる可能性も十分にありえます。iPhoneは日本人なら約半数はもっており、そのうちApple Watchというのは、おそらく1割り程度の人が所持しているのではないかと思います。今後も所持率はどんどん増えていくと思いますね。

TouchIDも搭載されるようなので、iPhoneとの親和性がまた上がりそうです。

iPhone12sを挟んでくる可能性

iPhone12は2020年に発売されることはほぼ間違いないと思います。昨今のiPhoneはsモデルというものがありませんでした。この「s」ですが、以前はiPhone5sやiPhone6sなどのメインとは異なり、「s」というモデルが後から入ってくるのです。
最近はXシリーズなどを色々販売してきましたが、Xを過ぎたあたりでiPhone11となりました。
それならiPhone12があってその次のモデルはiPhone12sでもおかしくないのかもしれませんね。

iPhone12sというモデルが発売されるのであれば、本当にどうなるのことやら・・・といったところではないかと思います。
本当にこのiPhone12sというモデルの発売はあるのでしょうか。
世の中ではiPhone13になる可能性が非常に高いと言われており、iPhone12sを挟んでくることはないかと思っています。

ただiPhone12sが発売されたところで、それはあくまで名称にしか過ぎません。

最近は数字の連番がずっと並んでいる
Sというのは、iPhone4SやiPhone5Sなど過去には発売された経緯はあったものの、iPhone8Sなどは発売されていない。
今後は単純連番になる可能性が非常に高い

単純連番ということであれば、iPhone12の次はiPhone13になるということになります。

iPhone13のノッチはかなり狭くなる

iPhone13のノッチはかなり狭くなると予想されております。
ノッチが邪魔で動画が見ずらいという人も多かったと思いますが、今後解消される可能性が高いですね。

ただ2022年モデルには、パンチディスプレイと呼ばれるものになるとも言われております。

パンチディスプレイになると、ノッチがなくなり動画などがかなり見やすくなると思います。

早くこうならないかなぁ〜なんて思っている人も多いと思います。

またディスプレイに関する情報に関していえば、iPhone13では120Hzのリフレッシュレートにも対応される予定となっているようです。
リフレッシュレートが120Hzとなれば、かなり高速のリフレッシュレートが採用されることになります。

ゲームなどをする人にとっては、リフレッシュレートがよくなるということは、メリットしかありません。

リフレッシュレートが上がると、ゲームなどもかなりダウンロードされるのではないかと思います。特にレース系のゲームなど高リフレッシュレートでやったほうが、画面の遅延などが少ないので、かなりのメリットがあるかと思います。

引用元:macrumors

iPhone12が発売されiPhone13と比較した場合どうなのか?

iPhone13 待つべきか iPhone12を買うべきか 予想 噂 よくある疑問 検討 理由
iPhone13が2021年に発売される予定になっています。 iPhone12sという名称でひょっとすると販売されるかもしれません。 2021年に発売されるというモデルです。 iPhoneを買うならオンラインショップが...

iPhone12が発表され、次のiPhone13まで待つほうがいいのか、それとも今のタイミングで購入するほうがメリットがあるのか非常に悩ましいところではないかと思います。
私はiPhone12でも十分なような気がしますが、iPhone13まで待ったほうがいいのでは?という声もあり、本当に悩ましいところではないかと思います。

私が考える最大の可能性というのは、FaceID以外の認証です。
FaceIDはマスクをしている人は、ロックの解除がうまくいきません。
そのためFaceIDを利用するタイミングでマスクを取る必要があるのです。それって結構面倒ではないかと思います。

パスコードにより、ロックを解除することも可能となっていますが、パスコードを入力するくらいなら、FaceIDが楽だということをみんな知っているのです。
自宅にいるときはマスクはしていないと思いますので、FaceIDを利用することが可能です。
ただ外出先でiPhoneを触ろうとするのであれば、そのタイミングではFaceIDになってしまいます。最近は本体にロックをする人も多くいるため、iPhoneをロックするということは一般的なことです。
それを解除する方法がパスコードかFaceIDになれば、マスク時は本当に辛いですからね。
iPhone13の開発はおそらく2020年の前半から行われていると思われますので、おそらく指紋認証が搭載してくるのではないかと思っています。

ただiPhoneに指紋認証を入れるとなれば、部材調達から試験など様々な問題をクリアにしていく必要があります。それらの問題をクリアにしていくこともかなり難易度のあがることではないかと思っています。
ただ利便性を考えるなら、早い段階でそれらは改善してもらいたいですね。

最新のiPhoneの特集

iPhone12s アイフォン12s /12sPro /ProMAX 予約 スペック 予想 発売日 価格
iPhone12の次のiPhoneはiPhone12sという名称になるかも知れません。 iPhone12の後継モデルということで、かなり期待している人も多いのではないかと思っています。 iPhone12sはオンラインショップ...
iPhone13 待つべきか iPhone12を買うべきか 予想 噂 よくある疑問 検討 理由
iPhone13が2021年に発売される予定になっています。 iPhone12sという名称でひょっとすると販売されるかもしれません。 2021年に発売されるというモデルです。 iPhoneを買うならオンラインショップが...
iPhone12 /12mini /12 Pro /12ProMAX アイフォン12 割引 キャンペーン スペック ドコモ au ソフトバンク 学割
iPhone12の在庫も落ち着いてきました。iPhone12は非常に購入しやすい環境となっていると思います。ただどうしても在庫不足の時もあるかと思いますので、それは注意が必要となります。 在庫はリアルタイムに更新されるので、在庫のチェ...
iOS15 iPadOS15 新機能 リリース日 使えなくなる iPhoneやiPadはどんなモデルになるの?
iOS15がついに発表されました。 iPhoneやiPadに搭載されるiOSですが、どのようなOSになるのでしょうか。 iOS15を利用するならiPhone12でも問題なし こちらが各社のオンライン...

コメント

タイトルとURLをコピーしました