Xiaomi Mi12 /Pro /Lite /ULTRA シャオミ MI12 au スペック 価格 発売日 日本での発売はあるのか?

ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

Xiaomiというメーカーも日本で徐々に認知されるようになってきたと思います。
日本ではXiaomiというメーカーを聞いても何のメーカー?と思っている人もかなり多かったはずです。

それが日本市場ではXiaomiというと家電メーカー、スマホメーカーなど徐々に知名度が上がってきている印象となります。特に日本ではスマホを販売しているメーカーという認識もかなり上がってきていると予想されます。

スマホを製造しているメーカーは、ある意味飽和しており、どこのメーカーがどこの市場にやってくるかということだと思います。

日本ではOPPOというメーカーが有名ですが、これもファーウェイの後釜として出てきたと思っている人も多いでしょう。

そしてここ最近はXiaomiです。XiaomiのMiシリーズと呼ばれるハイスペックブランドも日本での知名度をどんどんあげています。

 

販売するならau?

日本で販売するならauからの販売になると思われます。

au Online Shopから購入することが可能となっています。

すでにXiaomiのスマホの取り扱いを開始しているauなので、どんどんこれからも知名度は上がってくると思います。

Xiaomiはauから販売で知名度を上げた

こちらがコンセプトデザインとなります。フロント画面にカメラの穴が空いていないということで、非常にシンプルな画面となっています。

こちらのコンセプト画像にもあるように、ペンがついていることがわかります。Galaxyシリーズであれば、Sペンのようなものになっているのです。

こちら前面を表示したものとなりますが、下の部分にペンが格納されている場所があることもわかるかと思います。

ペンが格納されることで、上記でも記載しているSペンの役目を果たすことが可能となっています。基本的にSペンというものは、かなり便利でいいものになっています。

こちらも正面から見たところですが、ベゼルがありません。ベゼルレスというスマホが最近は非常に増えてきましたが、ベゼルレスというスマホは、ここ最近非常に増えてきており、Xiaomiもベゼルレスに取り組んでいるということになります。

ベゼルがないとどのような効果があるのか?ということですが、

こちら背面のみの映像となっていますが、背景も非常にシンプルな背景になっています。

カメラが4つあることがわかるかと思います。

引用元:igeekphone

CPUは次世代Snapdragonを採用

CPUは次世代のSnapdragonを採用すると言われております。

2021年12月に次世代のSnapdragonは発表される予定になっています。

Snapdragon898 スナドラ898が2021年モデルのCPUに? 名称ルールが変更になった
SnapDragon888が発表され、今までは855、865などと名称がきていましたが、2020年に発売されたモデルの名称はSnapDragon888となりました。 Snapdragon875という名称にはならなかったようです。 次...

こちらのCPUが採用されると、AI性能などがかなり上がると予想されます。最近カメラなどにAIを用いるケースも非常に増えているので、最新のCPUになることはかなり期待したいところではないかと思います。

リフレッシュレートが144Hzに

Xiaomi Mi12ではリフレッシュレートが144Hzになると言われております。

Xiaomi Mi11でリフレッシュレートは120となっていますので、それよりもリフレッシュレートが上がるということになります。

リフレッシュレートが上がるということは、やはりゲームなどではメリットがあると思います。

✔リフレッシュレートが上がることでゲームなどはかなりしやすく
✔ゲームをやっているときの遅延などはほとんどない
✔リフレッシュレートが上がると、バッテリーの消耗が早くなる

リフレッシュレートが上がるとバッテリーへの負荷も上がるという負担もあります。ただし基本的にはリフレッシュレートが上がるということは、いい方向にふれることが多いので、問題ないと思います。

カメラの倍率は120倍ズーム

カメラのズーム性能は120倍ものズームになると予想されています。

カメラのズーム性能というのは、年々上がっているわけですが、ズーム性能というのはペリスコープと呼ばれるものが登場したからではないかと思います。

ペリスコープカメラというのは、潜望鏡という意味で複数のレンズを組み合わせることで、ズーム性能を可能としているのです。

また光学ズームも10倍になるといわれており、相当よくなることは間違いありません。

急速充電120W

120Wの急速充電にも対応するようですね。

相当な充電の容量となります。正直なところそこまでの充電ができるのはびっくりですね。

またワイヤレス充電に関しても80Wとなる見込みです。
充電時間の短縮というのは、かなりありがたいと思います。外出しようと思っても充電するのを忘れていたりする場合があろうかと思います。

その時にすぐに充電ができれば、かなりのメリットになるわけです。

急速充電技術というのは、最近当たり前になりつつありますが、非常にいいものです。
突然充電をしないといけないときに、本当にありがたいです。

Xiaomi mi11はどんなモデル?

Xiaomi Mi11 /Pro /Lite シャオミ au スペックは最高 大画面でメモリ12GB 日本の発売に期待
2020年12月29日に発表されました。 XiaomiからMi11と呼ばれるスマホの販売が行われる予定になっています。Miシリーズというスマホはハイスペックモデルという位置づけでありながら、比較的低価格を実現したスマホとなって...

こちらがXiaomi mi11となっています。

✔Mi11
✔Mi11Pro
✔Mi11ULTRA
✔Mi11Lite
✔Mi11Lite 5G

トータルでこの5機種の販売をおこなっております。
おそらくXiaomi Mi12でも同様のモデルが発売される可能性が非常に高いということになります。

Mi11の日本発表も気になるところではあるかと思います。
近々日本でも発売の予定になるかと思いますね。

同じシリーズでここまでの違いで販売されるとは思いませんでした。正直なところMiシリーズはここまでたくさんのモデルを販売し、各国でかなり力を入れて販売するのではないかと思っています。

Xiaomiは日本公式サイトもオープン

Xiaomiの知名度は、どんどん上がってきています。

日本では公式サイトをオープンしました。

Xiaomi 日本のストアをオープン 記念イベントを開催 クーポンでお得に契約が可能
Xiaomiが日本市場にどんどん進出しています。 Xiaomiというのは、中国ではかなり知名度のあるメーカーとなっていますが、日本ではまだまだ馴染みはありません。 Xiaomiのスマホはauやソフトバンクからは発売しているものの...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、公式サイトをオープンしたことにより、知名度もかなり上がってくると思います。

✔公式サイトが出てきたことにより知名度アップ
✔公式サイトがある安心感

Xiaomi Mi12に関しても、今後日本市場をかなり狙っているのではないかと思います。

ハイスペックモデルは日本でも結構需要があるモデルとなっています。

ただ同じ10万円のモデルであえてXiaomiのモデルを選択する人がどれくらいいるのか?というところが非常に気になる部分ではありますね。

それでも本当にものはいいと思いますので、XiaomiのMiシリーズはいいと思います。

Xiaomiは今後日本市場にかなり力を入れてくる

Xiaomiは今後日本市場にかなり力を入れてくることは間違いありません。

Xiaomiのスマートフォンというのは、本当によく出来たモデルとなっております。

また日本で販売されるモデルではおサイフケータイにも対応しているモデルとなっていますので、おサイフケータイを利用しているという人でも、機種変更をしても安心ではないかと思います。

日本市場は正直なところ縮小傾向であるということは、知っている人も多いとお見ますが、Xiaomiは日本市場に力を入れているということは、それだけでもかなりのメリットとなります。

✔Xiaomiは日本市場に力を入れている
✔日本のキャリアモデルからも発売されている
✔格安SIMブランドでも販売されている

格安SIMブランドでも発売されているというところが、相当なメリットであることは間違いありません。

基本的に日本市場で利用するのであれば、問題ないでしょう。

SIMフリーモデルを購入する場合は、おサイフケータイもついているかどうかというところは確認してもらいたいですね。

SIMフリーモデルは、グローバルモデルとして発売されることも多いので、そのあたりは気をつけてもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました