楽天モバイルの電波の入りは? エリアは広い? 狭い? 契約しても大丈夫なの?

楽天モバイルの電波の入りってかなり気になりませんか?

楽天モバイルは後から出てきた会社なので、正直なところ電波の入りなど非常に気になる部分も多いのではないでしょうか。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

楽天モバイルのエリアマップ

楽天モバイルのエリアマップを確認いただけるとわかるのですが、相当広い範囲をカバーできるようになっています。

更新は2021年6月30日に更新されたエリアマップとなります。

ここまでエリアマップが更新されていると、正直なところ驚きです。

【公式サイト】

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

こちらが公式サイトのエリアマップを掲載しているページとなっています。こちらを確認いただけると、エリアがどれだけ広がるのか?というところがわかるので、こちらを合わせてご確認いただければと思います。

ただ公式サイトから確認いただけるとわかるのですが、5Gのエリアに関してはまだ広いとは言えません。むしろまだまだといった感じです。

楽天としてはどんどん先に4Gのエリアを拡充しているように感じますね。

✔4Gの拡充を先に実施
✔5Gのエリアはまだ広いとは言えない

今後5Gのエリアの広さに関しては拡充を早急に図ってもらいたいと思います。

それでも5Gのエリア自体はなかなか広がるものではありません。その理由は5Gはあまり電波が飛ばないという特性を持っているからです。

電波があまり飛ばないということは、残念ながら今後も5Gのエリア拡充にはかなりの時間がかかりそうです。

5Gには電波の種類が2種類あることを知っていますか?

ミリ波 Sub6 違いは? 5Gでも高速に通信ができるのはどっち?
ミリ波とSub6という通信規格が5Gにあることを知っている人は多いのではないかと思います。 ミリ波とSub6というのは、何が違うのでしょうか? 5Gの通信規格はSub6とミリ波の2つ 5Gの通信規格というのは、Sub6...

こちらを見てもらいたいのですが、5Gの電波の違いに関して触れているページとなっています。こちらを見てもらえれば、どの程度電波が飛ぶのか?というところもわかるのではないかと思います。

基本的にSub6の拡充を図っているものと思われますが、ミリ波が一般家庭にまで届くのはまだまだ時間がかかりそうです。

人口カバー率96%の達成を予定

楽天モバイルは人口カバー率96%のエリアを2021年の夏に達成すると公言しています。

他社いわゆるドコモやau、ソフトバンクは99%以上となりますので、96%といったらまだまだと思う人もいるのかもしれませんが、96%といえばかなりのエリアで利用することができるようになるということになります。

基本的には楽天モバイルのエリアというのは、これから先にどんどん広がっているということになりますので、96%にもエリアが拡充されれば、かなり期待ができるということになります。

人口カバー率の計算方式にどのような方式を使っているのかわかりませんが、恐らく人が住んでいる地域に関しての96%だと思われますので、たいていの人が楽天モバイルを利用しても問題なく利用できる範囲になるということになります。

人口カバー率がそこそこ高くなってきたということは、日本のたいていの都市部や住宅地では利用することができるということになります。

今相当な勢いで楽天モバイルは力を入れていると思います。楽天モバイルがそこまで力を入れるということは、相当お金がかかって設備投資しているということになります。

人口カバー率をあげないとなかなか集客出来ないからです。

そういうことを考えるとエリアの広さというのは、楽天モバイルが一番頑張る必要があるところではないかと思います。

パートナー回線を利用できる

実は楽天モバイルというのは、パートナー回線を利用することができることを知っていましたか?

楽天モバイルというのはパートナー回線を利用することで、楽天モバイルの電波が届かない場所はパートナーが電波を供給してくれているのです。

それに選ばれているのはKDDIいわゆるauの回線を利用しているのです。

そのことを知らない人が結構多いということです。

楽天モバイルのエリア外はパートナー回線を利用
✔パートナー回線はauの回線を利用

そのため最大ではauの回線を利用することができるということになります。

au回線であれば、99%以上ありますので、楽天モバイルを利用する時の障壁というのはあまりないのではないかと思います。

楽天モバイルを利用することは、個人的に見ても本当にメリットがあることだと思っています。

結局のところ自社で賄えない部分に関しては、au回線が利用出来ますので、auの回線を利用して楽天モバイルを継続的に利用し続けることが可能なのです。

2021年に出てきたアンリミット6と呼ばれる契約ですが、この契約に関していえば無制限いわゆる使い放題のプランがありますが、楽天モバイルのエリア外いわゆるパートナー回線の場合は5GBの高速通信は可能です。5GBを超えた場合に、1Mbpsという低速に制限されるということですが、そこは割り切って5GBはパートナー回線で利用できるということを考えると、いいのではないかと思います。

パートナー回線に切り替わった時点で、動画などの閲覧をやめれば問題はありません。

楽天モバイルに契約しても大丈夫か?

楽天モバイルを契約していない人も多いと思いますが、楽天モバイルに契約しても本当に大丈夫なのか?と思う人も多いはずです。

結論からいうと、自分の住んでいる地域のエリアに応じて契約してもメリットがあるということです。

要するに、自分の移動範囲がパートナー回線ばかりであれば、楽天モバイルの恩恵を受けることが非常に少ないです。

そのため契約するメリットがあるのか?と言われると正直なところメリットはあまりありません。

しかしながら、自分の住んでいる地域は楽天モバイル回線が飛んできているということや、自分の行動範囲の大半で楽天モバイルを利用できるという人にとっては、間違いなくメリットがあるのです。

そういうことからしても楽天モバイルというのは、相当メリットがあることは間違いありません。

✔自分の行動範囲を事前に確認し楽天モバイルが使えるか確認
楽天モバイルが使えないエリアばかり移動するならメリットは少ない

結局のところ、自分が住んでいる地域や移動する地域を鑑みて契約することをオススメしたいですね。

最低維持費 楽天モバイルがお得 寝かし 寝かせに最適 解約料 維持費0円でメリットしかない
楽天モバイルのスマホを契約しようと思っている人も多いと思いますが、楽天モバイルはかなり維持費が安くなるということを知っていますか? 楽天モバイルは今本当にかなりの勢いで契約者数を伸ばしています。 楽天モバイルとは? こちらが楽...

こちらの記事を確認してもらいたいのですが、楽天モバイルで契約したら毎月の最低維持費が0円〜スタートさせることが可能となるのです。

それはかなりお得ではないかと思います。

✔最低維持費は0円〜
✔使わないともったいないが使わない月は支払いがない

結局使わない月は支払いがないというところは相当魅力的ではないでしょうか。今のところこのような会社は楽天モバイルしかありません。

楽天モバイルであれば、間違いなくメリットがあり、本当にオススメができるのです。

今本当に加入を検討しているのであれば、楽天モバイルが本当にオススメ出来ますので、ぜひ検討してもらいたいですね。

本当にメリットがあると思います。なぜそこまで言い切れるのか?ということですが、やはり確実にFOR YOUとしてお得な情報を出しているのです。

契約に対して二の足を踏んでいる人であれば、楽天モバイルを利用したほうが良さそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました