iPhone アイフォン 2022年モデル スペック 価格 予想 レビュー 評価 評判 ドコモ au ソフトバンク

携帯情報からの最新情報を欲しい方は友達登録お願いします。
友だち追加
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhone2022年モデルに関して気になる人も多いのではないかと思っています。iPhoneというのは、毎年新しいモデルを販売しており、2022年にはどのようなモデルが発売されるのか?ということで、かなり期待している人も多いと思います。

iPhoneは2020年にiPhone12を販売し、iPhone12は初めて5Gへの対応を行いました。
5Gに初めて対応したということで、かなり売れ行きもいいと言われております。

昨今5Gのスマホを購入する人もかなり増えてきており、5Gの人気はますます高くなっています。

2021年 2022年モデルで十分使える 推奨 スマホ 最新機種 XPERIA Galaxy S20 AQUOS
5Gのスマホが2020年にかなり販売されるようになりました。2020年から5Gサービスが開始されましたが、最新モデルのほうがいいのか悩ましいところです。 実際に5Gスマホであったとしても、2020年に販売されたモデルであったとしても、まだ...

5Gモデルも続々と登場しており、かなり楽しみです。

 


スマホを事務手数料無料で買う方法
ソフトバンクのiPhoneを使う】
ソフトバンクオンラインショップなら事務手数料無料

iPhoneの購入ならオンラインショップがオススメ

iPhoneを購入するならオンラインショップがオススメです。

ソフトバンクはなんといってもiPhoneを一番販売している会社です。ソフトバンクのオンラインショップであれば、事務手数料が無料となりますので、かなり購入しやすい会社となっています。
ソフトバンクを是非検討してもらいたいですね。

こちらはドコモオンラインショップとなります。ドコモオンラインショップは事務手数料が無料ということで、非常に購入しやすい会社です。

au Online Shopも24時間営業なので、非常に購入しやすいので、メリットはかなりあるでしょうね。

それではiPhone2022年モデルがどのようなモデルになるのか紹介していきたいと思います。

iPhone 2022年モデルはどのようなモデルに?

iPhone 2022年モデルはどのようなモデルになるのでしょうか?
スペックや発売日はどうなるのでしょうか?

色々気になる部分もあろうかと思います。少しずつ紹介していきたいと思います。

iPhone 2022年モデルの名称は?

iPhone12が2020年に発売され、2021年モデルですが、名称に関してはiPhone12sになるのかiPhone13になるのか微妙なところです。

直近の情報によるとiPhone13という名称の13はいい数字ではないということから13という数字は外されるのではないかと言われております。

そうなれば、iPhone12sという名称になることが濃厚となります。それならiPhone13という名称は今後使われない可能性が非常に高いということになるのではないかと思います。

✔iPhone 2022年モデルはiPhone14になる可能性が高い
✔13という名称は使われない可能性が高い

2022年モデルはiPhone14という名称になる可能性が非常に高いと思います。

iPhone12の4機種は引き継がれる?

iPhone12から4つのモデルとして登場しましたが、今後4つのモデルとして引き継がれるのでしょうか?

実はiPhone12miniが世界的に見るとあまり売れていないこともあり、iPhone11と同じ3つに戻る可能性も十分に考えられます。

iPhone12miniというのは、5.4インチと画面サイズとしては、さほど大きくありませんが、今後発売されるiPhoneSEPlusとかぶる可能性も十分考えられます。

そういうこともあり、iPhone 2021年モデルは4つのモデルが引き継がれる可能性は十分にありえるかと思いますが、iPhone 2022年モデルは引き継がれない可能性もあるかと思います。

iPhone2022年モデルのCPUはどうなる?

CPUはどうなるでしょうか?Aシリーズと呼ばれるCPUを継続的に採用していることもあり、連番となればA16というCPUが搭載されると思われます。

A16 CPU A15は?Apple iPhone 14に搭載されるCPUを リスク生産 3nmという驚異のプロセスルール
A16と呼ばれる次のCPUの開発をTSMCが行っているようです。 A16というCPUというのは、2022年にもiPhoneに搭載されるCPUになっています。 リスク生産というものは何か? リスク生産というものはなんでしょう...

こちらが最新の情報となりますが、すでにリスク生産という形で製造に入っているようです。
CPUというのは、そのスマホの能力を最大限に発揮するために、年々改良を加えられています。
年々プロセスルールが改善されるということもそのあたりなのではないかと思います。

✔iPhone 2022年モデルでAシリーズは3nmというプロセスルール
✔細かいプロセスルールになると省エネ性能がかなりよくなる
✔処理速度もかなり改善されると予想

非常に楽しみなCPUとなることは間違いありません。

LiDARはすべてのモデルに搭載

LiDARセンサーの搭載は iPhoneに搭載 今後すべてのモデルに搭載される予定
今後iPhoneが販売されてもLiDARはProシリーズのみに搭載されると思われます。(iPhone12はProモデルのみに搭載) iPhone12が販売される前にLiDARの搭載されるものはiPhone12Proシリーズのみという記...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、今後LiDARがすべてのモデルに搭載される可能性が高いと報じられております。

LiDARが搭載されているモデルというのは、ポートレートモードがかなりきれいに撮影することが可能となっています。
LiDARがすべてのモデルに搭載されることにより、かなりきれいなポートレートモードになるかと思います。

写真撮影というのは、結構多くの人が行いますので、LiDARが入っているということはかなりいいですね。

発売日は?

iPhone 発表日 予約開始日 発売日
iPhone6s /6sPlus 2015年9月9日(水)(現地時間) 2015年9月12日(土)16時01分 2015年9月25日(金)
iPhone7 /7Plus 2016年9月7日(水)(現地時間) 2016年9月9日(金)16時01分 2016年9月25日(日)
iPhone8 /8Plus 2017年9月12日(火)(現地時間) 2017年9月15日(金)16時01分 2017年9月22日(金)
iPhoneX 2017年9月12日(火)(現地時間) 2017年10月27日(金)16時01分 2017年11月3日(金)
iPhoneXs 2018年9月12日(水)(現地時間) 2018年9月14日(金)16時01分 2018年9月21日(金)
iPhoneXs MAX 2018年9月12日(水)(現地時間) 2018年9月14日(金)16時01分 2018年9月21日(金)
iPhoneXR 2018年9月12日(水)(現地時間) 10月19日(金)16時01分 10月26日(金)
iPhone11 2019年9月12日(木) 2019年9月13日21時 2019年9月20日(金)
iPhone11Pro 2019年9月12日(木) 2019年9月13日21時 2019年9月20日(金)
iPhone11ProMAX 2019年9月12日(木) 2019年9月13日21時 2019年9月20日(金)
iPhone12 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年10月16日(金)21時 2020年10月23日(金)
iPhone12mini 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年11月6日(金)22時 2020年11月13日(金)
iPhone12Pro 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年10月16日(金)21時 2020年10月23日(金)
iPhone12ProMAX 2020年10月13日(火)(現地時間) 2020年11月6日(金)22時 2020年11月13日(金)
iPhone 2021年モデル
iPhone 2022年モデル

こちらが現行の発表から予約、発売日までとなっています。
例年どおりでいけば9月の発売になる可能性が非常に高いと思います。

✔iPhoneの発売は例年どおりなら9月
✔複数のモデルが登場する予定

折りたたみのiPhoneが販売される可能性

折りたたみのiPhoneが今後販売される可能性があります。

2022年になる可能性も十分にありえるかと思います。昨今折りたたみのスマホというのは、年々各社から販売されており、非常に増えている現状となります。

アップル iPhone 折りたたみモデル Galaxy Foldなどと同じような機種が生まれるのか
アップルは折りたたみのiPhoneが現在テスト中のようですね。 折りたたみというとGalaxy Foldなどの機種でも採用されているので、比較的馴染みもあるのではないかと思います。 Galaxyシリーズでも折りたたみモデルの...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、折りたたみのスマホが今後iPhoneからも販売されるという記事となります。
折りたたみのiPhoneが販売されると、他のAndroid製造メーカーはさらに折りたたみのスマホの製造に注力するでしょう。

折りたたみのiPhoneはまさにiPad miniくらいのサイズになるので、かなり楽しみですね。

それくらいのサイズになれば、タブレットとしても利用可能となりますし、普段はiPhoneとして利用することも可能です。

ただ心配なのは価格です。価格はかなり高くなるでしょうね。20万は超える価格帯になるのではないかと思います。
そして製造台数も少ないので、なかなか手に入らないという状況に陥ることも予想されます。

折りたたみが今後メジャーになる日がくるのか?

折りたたみが今後メジャーになる日がくるのででしょうか?まず折りたたみの問題点で一番大きく挙げられるのは、価格です。

価格の問題がかなりあろうかと思います。結果的に高額なスマホは売れない可能性が高いということが挙げられます。

✔最大の問題は価格
✔Galaxy Z Foldの価格から推測するに20万超えは確実

20万円を超えるものをさらっと購入することは結構普通の人は難しいのではないかと思っています。ただしそれでも欲しい人は欲しいと思います。

15万円程度で購入できるようになれば、買ってもいいのかな?なんて思うかもしれませんが、やはりかなりの高額になれば、躊躇する人も結構多いのではないかと思います。

✔折りたたみモデルが大画面で楽しめる
✔iPadやiPadminiが不要になる

カメラが4800万画素になると予想

カメラの画素数が4800万画素になると予想されている記事があります。

フォーブスにこの情報が掲載されていますので、情報の真意としてはかなり固いのではないかと思っています。

全く新しい4800万画素のカメラが搭載される予定になっています。

✔4800万画素のメインカメラが搭載
✔現行の1200万画素からのレベルアップ

ピクセルサイズについて言うと、iPhone 12が約1.7um(マイクロメートル)、iPhone 13が約2um、新型2H22 iPhone(2022年のモデル)が約1.25umとされている。我々は、新2H22 iPhoneが48MPのダイレクト出力と12MP(4セルのマージ出力モード)出力を同時にサポートする可能性があると考えている。12MP出力では、新しい2H22 iPhoneのCISピクセルサイズは約2.5umに増加し、これはiPhone 12およびiPhone 13よりも大幅に大きく、既存のアンドロイド端末より大きく、デジタルスチルカメラに近いものとなる。我々は、2H22 iPhoneのカメラのクオリティが、スマホのカメラを次の次元に引き上げると信じている

クオ氏のコメントによるとこのようなことを言われております。

また8Kビデオにも対応しており、非常にメリットがあるカメラになるとも報じられております。
8Kビデオ撮影のできるスマホは、年々増えておりますが、iPhoneでも撮影できるようになると8Kテレビの普及にもつながるかもしれません。

まだ日本では8Kのテレビに関してもまだ残念ながらそこまで普及しているとは言えません。
4Kもまだ日本人のすべての人が持っているとも言えないのです。そんな中でiPhoneで8Kビデオの撮影ができるようになると、間違いなく8Kのテレビの売れ行きも上がることは間違いないかと思います。

最新技術が他の家電などの起爆剤となることもあるので、iPhoneも早急に8Kビデオ撮影ができるように対応してもらいたいですね。

引用元:forbesjapan

コメント

タイトルとURLをコピーしました