スマホ iPhoneの下取り比較 売却 買取どっちがお得なのか 売る方がいいのでは?

スマホを持っている人なら買取と下取りどちらがお得なのか?ということを検討している人もいるのではないかと思います。

スマホを持っているということは、そのまま記念として持っておくこともできますが、人によっては下取りにするか買取にするか悩む人も多いと思います。

 

スマホを事務手数料無料で買う方法

買取か下取りにするか

新しいスマホにする時に、今使っているスマホをどうするか?ということを悩んだことある人がかなり多いと思います。
その時に下取りにするか買取にするか?どちらがいいのか?
普通に疑問に持つ人もいるかと思います。

他には、今使っている端末を万が一の時のために使える状態にしておくということも選択肢の一つかと思います。

✔買取?
✔下取り?
✔置いておく

どれがいいのか?非常に悩ましいところですよね。今回は下取りと買取がどう違うのか?というところをお伝えしたいと思います。

スマホの下取り

下取りというのは、キャリアが行ってるサービスです。
今まで利用していた機種を下取りという形で、実質的な買取を行ってくれるというものです。
このサービスを行っているのは、ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手で行っているサービスとなっています。
下取りに出すことで、ポイント還元やクーポンに変えてくるということです。

また古い機種を下取りに出すことで、最新機種も安価に購入できるというサービスなどもあると思います。キャンペーンなどは頻繁に変更されるので、いつも同じようなものというわけではありません。

✔下取りはポイントやクーポンに変わる

それではメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

下取りのメリット

下取りを行うメリットを紹介したいと思います。下取りを行うと先程もお伝えした、ドコモ、au、ソフトバンクではポイントの進呈や毎月の通信費からの割引、また最新スマホ購入時の割引を利用することが可能となります。
また買取の査定と比較して、比較的ゆるい条件となり、提示されている金額相当をもらうことが可能となります。
ただし、画面割れや水濡れなどの反応があると、当然ながら減額対象となる。減額対象となったとしても、そのなる可能性は非常に低く、基本的には問題なく下取り金額をプレゼントされることが多いと思われます。

✔下取りの条件がゆるい
✔付属品の有無など加味されないことが多い

こういうことから下取りを利用する人は結構増えています。

下取りのデメリット

下取りにも当然ながらデメリットがあります。最大のデメリットは、現金化できないということです。
また下取り金額が一定であるということもデメリットの一つです。

✔現金化できない
✔仮に新品未使用だったとしても高価下取りとはならない

これが最大のデメリットであるかと思います。
ただ使いまくった端末でもで下取りをしてくれるので、比較的安心して今のスマホを利用し続けることは可能となります。

これがメリットとデメリットとなります。

スマホの買取

スマホの買取というのは、量販店がやっているサービスやリサイクルショップ、ブックオフなどへ買い取ってもらうということになります。
この買取に関しては一定の査定額は決まっているものの、複数同時に買取をすると増額とか、付属品がなかったら減額など、比較的買取価格が上限するということが買取となります。
ドコモ、au、ソフトバンクが行っている下取りサービスとはまた異なり、買取はリセールされることが目的となっています。

自分が渡したスマホは再販されるということです。

買取のメリット

買取のメリットというのは、現金化してくれるということです。
どうしても現金化したいという人なら、買取サービスはかなりメリットがあると思います。

また大手キャリアが行っている下取りよりも高値で買い取ってくれる可能性もあり、付属品や使い方をきれいにしておけば、高価買取を行ってくれる可能性も非常に高いと思います。

店舗だけではなく、ネット通販のような形で、ものを送ったらその場で査定を行ってくれて、買取をしてくれる店舗もあります。それはかなりありがたいですね。
その場合は、振り込みや書留で現金を手にすることが可能となります。

✔現金化される
✔高価買取の可能性も

買取のデメリット

一番のデメリットは、最高値で買い取ってもらうことができるのは、基本的に新品未使用品でそれ以外は通常減額されます。
それが最大の難点です。

買取というのは、需要と供給によって価格がある程度決まるということから、基本的には需要過多の場合は、買取価格は上がりますが、需要がないものに関しては、買取価格が下がります。それは仕方ないことですね。
買取価格が店舗によって異なるということもデメリットの一つかと思います。

まさにメリットの逆がデメリットかと思いますね。それでも基本的には買取サービスを選択する人も多くいるかと思います。
買取を行って、その場で現金化してくれるという魅力があるからです。

買取と下取りの違い

買取と下取りに関してお伝えしましたが、なんとなくどのようなものか理解いただけのではないかと思います。

✔現金化されるものは買取
✔買取は買取価格が店舗によってまちまち
✔付属品などで買取は減額される

細かくいえば色々あるかと思いますが、基本的には自分にあったほうを選択することをおすすめしたいです。

買取専門業者

買取だけを専門に扱っている業者が結構多数あります。

日本で仕入れたスマホを日本以外の販路で、海外で販売したりと業務内容は多岐に渡ります。
買取専門業者は、かなり詳しく査定してくれるので、一度扱ってみることをおすすめしたいと思いますね。
ゲオやブックオフなどは、買取専門業者とは違います。

あくまでいろいろな商材の中にスマホもあるというレベルです。
ブックオフなどは、自社で販売するために、買取を行いますが、専門業者というのは、販路を別で持っているため、比較的高値で買取を行ってくれる可能性が高いのです。

【2021年版】ネットでスマホを高額買取 古くなったiPhone Xperiaは下取りせずに売却がオススメ
スマホを利用していて、必要ないと思う時って新しいモデルを購入するタイミングですよね。基本的に古い機種というのは新しい機種を購入すると不要だと考える人が非常に多いのです。 そういう人は下取りではなく、買取を狙うということをオススメしたいと思...

こちらの記事を見てもらいたいのですが、こちらにも買取業者があります。

また買取業者というのは、故障してても買取をしてくれる店もあり、一度それらを調べてみることをおすすめしたいと思いますね。

買取や下取りに出す時の注意事項

買取や下取りに出す時は注意事項というものがあります。

せっかく売るなら確実い高値で買い取ってもらいたいですからね。

✔本体はきれいにしておく
✔付属品は必ず売る
✔本体の動作確認
✔分割払いの場合に気をつける
✔水濡れの有無
✔本体の初期化

基本的にこれらのことは気にしておいたほうがいいと思いますね。
この中でも本体の初期化というのは、買取業者の場合、減額されるケースがあります。
初期化して送っていないと、初期化の手間賃というものを取られる会社もありますので、そこは気をつけたほうがいいと思いますね。

後は分割ではないかと思います。分割中のものを売却した場合でも分割は毎月支払いの義務は発生します。
スマホを分割で購入するということは、ローンを払っていることと同じです。
そのため手元にないスマホのローンを払うということは不甲斐ないことかもしれませんが、支払いは完了させましょう。

購入はキャリアモデルがおすすめ

【ドコモとソフトバンク、ワイモバイル、楽天は事務手数料が無料】
オンラインショップは24時間営業で2750円以上なら送料無料です。ネットからスマホを購入する人がかなり増えています。
ドコモオンラインショップで購入する
au Online Shopで購入する
ソフトバンクオンラインショップで購入する
楽天モバイルで購入する
ワイモバイルで購入する

結局のところ購入はキャリアモデルが一番だと思います。
下取りも買取も両方とも選択することができるからです。

選択肢があるということはいいことですからね。

何もないのに下取りをすることはできません。そのため各社のオンラインショップを利用して購入頂くことをおすすめしたいですね。

売却するタイミング

売却するタイミングがわからないという人も多いと思います。

売却するタイミングは新しいスマホを入手した直後がベストです。

✔売却するタイミングは新しいスマホを購入した直後
✔売却タイミングを見誤ると高値で売れない

結局のところ高値で売ることが出来ないわけです。高値でスマホを売却したいのであれば、間違いなく早いほうがいいです。

基本的には1日でスマホの値段が数千円安く買い取られることもあったりしますので、売却するタイミングというのは、すぐということになります。

すぐに売却することで、手元に多くのお金を残すことが可能となります。

ただリスクがゼロというわけではありません。

✔すぐに売却してしまったため、売却するスマホに重要データが残っていた
✔価格変動で数日後に買取価格が高くなることも

すぐに売却するリスクというのは、ゼロではありません。しかしながら価格変動で買取価格が高くなるということは、基本的にはさほど多くはありません。基本的に売却するタイミングが一番の高値と思っておけばいいと思います。

しかしながら人気スマホなどでは、売却価格の変更が高くなったり安くなったりすることもありますので、それだけは注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました