iPhone12s iPhone13 通信モデム 5Gは5nmのSnapdragonX60が採用の予定 ミリ波への対応に期待

iPhone12で初めて5Gに対応されたことは知っている人も多いと思います。

iPhone12で5Gにされたとはいえ、5Gには複数の電波があることは知っていますか?

 

5Gに複数の電波なんてあるの?

実は結構それを知らない人が多いと思います。

✔Sub-6
✔ミリ波
ミリ波 Sub6 違いは? 5Gでも高速に通信ができるのはどっち?
ミリ波とSub6という通信規格が5Gにあることを知っている人は多いのではないかと思います。 ミリ波とSub6というのは、何が違うのでしょうか? 5Gの通信規格はSub6とミリ波の2つ 5Gの通信規格というのは、Sub6...

こちらを見てもらいたいのですが、5Gには実は複数の電波があるのです。

iPhone12ではSub-6と呼ばれる電波のみが対応しています。
アメリカではiPhone12はミリ波に対応していますが、日本国内ではSub-6のみの対応となっており、残念ながらそこまで高速に通信することはできないのです。
本当の高速通信ができるのは、ミリ波なのです。

Sub-6は4Gよりは早いものの、ミリ波と比較すると、そこまで早くは通信できないのです。それを知らない人も結構多いのです。

ミリ波の通信ができるだけで、かなりの高速通信になります。ミリ波の通信ができるスマホというのは、日本でも非常に数が少ないです。

2021年モデルのiPhoneにはミリ波搭載予定

2021年に発売されるiPhoneにはミリ波が搭載される予定となっています。

iPhone12ではSnapdragonX55モデムと言われるモデルが搭載されておりましたが、2021年のiPhoneにはX60モデムというものがほぼ間違いなく採用されると思われます。

ツイッターユーザーのDanny Walsh氏がクアルコムの文書を引用して明らかにしています。
ただDanny WalshのユーザーIDはすでに削除されており、今は閲覧することができません。

SnapdragonX55モデムの後継モデムはX60モデムですが、X60モデムはミリ波にも対応しています。

✔SnapdragonX60はミリ波にも対応

ミリ波に対応したiPhoneはかなり高速に動作することは間違いないかと思います。

またX60モデムは5nmという非常に細かいプロセスルールを採用しているので、省エネにも寄与することは間違いありません。

超高速にiPhoneを手に入れたい

超高速のiPhoneは本当に手に入れたいですね。
通信速度も4Gでは遅く感じる人もいるのではないかと思います
Sub6でもすでに高速ですが、ミリ波対応でさらに高速になるということは、本当に期待したいところです。

現在iPhone12を利用している人は4Gエリアと5Gエリアの複数のエリアで通信速度が異なるということはわかるのではないかと思っています。

ただミリ波は誰も体験していません。ミリ波はSub6よりも更に狭い範囲でしか稼働していないので、ミリ波のiPhoneが発売されると、相当期待できるのではないかと思っています。

信号機に5Gのアンテナ設置 ドコモ au ソフトバンクでの電波はよくなるのか
信号機に5Gのアンテナを立てるようになるようです。 全国にある20万の信号に5Gのアンテナの敷設ができるようになります。 これに伴い、各社こぞって5Gが普及されることはほぼ間違いないかと思います。 基地局を立てるだ...

将来的には信号に電波を付けていく計画になっていますので、信号機にミリ波が付くことで、相当高速になっていくことは間違いないでしょうね。
信号につければ、かなりコスト削減を図られるのではないかと思っています。

✔信号ごとにミリ波を設置すれば、かなり有効的

早い段階で実現してもらいたいですね。

超高速のモデムになることで、本来の意味での5G通信が可能となります。本来の意味での5G通信になるということは、間違いなくメリットがあるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました